連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年06月13日

「社会にインパクトを」

作曲家

岡田 果林 / Karin Okada


 

  日本で生まれ、イギリスで思春期を過ごし、そしてアメリカで学んだ岡田果林さん。インディペンデント映画を中心に、コマーシャルやアニメーションの作曲家として活動している。「いい作品を作ること、いろいろ読んだり聴いたり、人間の感情を表現することは自分が育っていくことにつながる。一生やっていたい」と仕事への情熱を燃やす。


 音楽との出会いは5歳のとき。ピアノの先生だった祖母の影響でピアノを弾き始めた。音楽の道に進みたいと思ったのは小学校のころ。中学ではバリトンサックスを始め、音楽とともに過ごす日常を送っていた。転機はこのあと訪れる。イギリスへ留学することになり、英語はまったくできなかったにもかかわらず、13歳で単身、海外へ。現地で入った寄宿学校では、言葉ができないながらも寮では毎晩、ルームメイトたちにせがまれ創作のおはなしを語り聞かせていた。「ことばができないのにどうやって、と今でも思いますが、感情を体や音で表現することは音楽を通して学んでいたから、それが役に立ったのだと思う」。大好きな音楽によって培われた表現力は、寮生活でも磨かれていった。


 大学からアメリカに移り住み、映画作曲を勉強した。大学院はニューヨークでジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ボーカリストとして10年間活動。映画作曲のためにLAへ来てからは、数々の映画祭出品作や受賞作品に関わっている。5つの映画賞を受賞した『リベンジ・オブ・ハヤブサ』は作曲家クリストファー・ヤングのプロジェクトに参加するきっかけにもなり、着実にキャリアを積んできた。


 作品を選択する際は、ストーリーが世界にとって意味があるかを吟味する。「社会にインパクトを与える話が好き。大きさは気にかけたことがない」と言い、より自由なインディペンデント映画を選ぶことが多い。現在携わる2つのプロジェクトは、移民家族内で起こるドラマを描いた作品と、女性への暴力を取り上げた一本。「いずれも現在この社会で起こっているテーマで、人々の理解を深めることができる。普通の人にできることは理解することだけ。だからこそ社会に貢献する作品になる」と話す。


 3カ国の異文化を吸収してきた経験が岡田さんの強み。現在の拠点はLAだが母国へ馳せる想いは強く、今後は日本のプロジェクトにどんどん関わりたいという。トップの女性作曲家は世界的にもまだまだ少ないため、「自分がそうなりたい。200年経っても人々が銅像を見に来てくれるような作曲家になる」。カリフォルニアから母国への〝逆輸入〟が目下の目標だ。

LAをベースに作曲家として活躍中の岡田果林さん。「今ある仕事を一所懸命やることでしかできないけど、将来的には日本でもやりたい」と母国凱旋に意欲的だ 岡田さんの曲は公式サイト(https://karinokada.com/)、Facebook(https://www facebook.com/kokadamusicproductions)で視聴できる

 

作曲の仕事は「自分で作っていて曲がいいかどうかはわかる。でも他の人が泣き出したり、鳥肌が立ったりという反応を見るとうれしい」とやりがいを感じ、一生続けたいという

ニューヨークの大学院ではジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ジャズボーカリストとしても活動しマルチタレントを発揮

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 心に触れる歌声を

シンガー

滝沢 友望 / Yukumi Takizawa


 

    心に触れる歌声を シンガー 滝沢 友望 / Yukumi Takizawa  

    2019年03月21日 ロサンゼルスで暮らす人々

     毎週、パサデナの教会で行われる礼拝にて黒人のゴスペルクワイアが魂を込め、歌声を届けている。その中心でクワイアを引っ張るのは小柄な日本人女性。リーダーの滝沢友望さんだ。「歌はありのままの自分が人を助けるためのツール。人の心に触れたい」。演奏以外にも制作活動などを精力的に行っている。  歌い始めたのはほんの6年前。友望さんを歌の世界へ引き込んだのは、マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画『THISIS IT』だった。観客が立ち上がって熱狂する姿を見て「ソウルを感じた。私も歌いたい!と思った」。  もともと音楽に馴染みはあった。中学から吹奏楽部でサックスを吹いていたからだ。音楽を通して感情を伝えようと練習に励んでいたが、「サックスの演奏には歌詞がないから、伝えきれない部分がある」と常にジレンマがあった。 「歌詞があるとより気持ちが伝わりやすくて、共感も得やすい。ことばは力を持っている」。マイケルの歌を聴き、彼が歌うからこそ歌に意味が生まれ、歌詞が生きると感じた。「こんなミュージシャンになりたい。私自身を見せることでだれかに伝えたい」と強く思い、10年以上やっていたサックスから歌に転向しようと決めた。  頑固でやると言ったらやり通す性格。親には大反対されたが、歌を習いたくて2011年に渡米した。サックスも続けることを条件に、アルハンブラの学校で歌の勉強を始めた。しかし2年で学校が閉鎖となり勉強の場がなくなってしまった。そんな折、「歌える場所がある」と知り合いのつてで紹介され、日本人教会を経てパサデナの教会へ行くようになった。  最初はクワイヤの1人として歌っていた友望さんだが、続けているうちにソロをもうらうように。メンバーの入れ替わりで新リーダーが必要になると、いつのまにか友望さんがリーダーを務めるようになっていた。「『日本人だから歌えないだろう』と歌う前からジャッジされてきたけれど、教会だけがチャンスをくれた。だから今も歌い続けていられる」。  悩んでいる人を励ましたい、自分にできることはなんだろうと考えたとき、音楽しかないと思った。自身も簡単な人生を歩んできたわけではない。鬱になった経験もあり、心が解放されるまでには時間がかかった。歌い始めてから、人と面と向かって話をすることができるようになった。英語で歌い、パフォーマンス前に英語でスピーチをすることも、友望さんに自信を与えてくれた。「歌が私を救ってくれた。自分が色んな人に励まされてきたから、今は自分がそれをできるようになってうれしい」。歌に救われた友望さんは、救うために歌い続けている。

  • 人生切り拓いた決断力

映画プロデューサー

キム・クデ / Koodae Kim


 

    人生切り拓いた決断力 映画プロデューサー キム・クデ / Koodae Kim  

    2019年03月14日 ロサンゼルスで暮らす人々

     人生には思い切った決断が必要となる瞬間が訪れる。その決断は果たして正しいのか。迷いながらも選択を迫られる。しかし、行動を起こさなければ何も変えられない。キム・クデさんはその決断力を備えた人生の開拓者。日本出身のバックグラウンドを生かし、共同製作をメインに映画プロデューサーとしてロサンゼルスで活躍する。  東映、松竹撮影所のある京都出身だ。「幼いころ『水戸黄門』の撮影を見て、本番が始まるとピリッとするのがかっこよく見えた」。何十人もの意識がカメラの前に集約する瞬間に惹かれ、映画に興味を持った。高校卒業後に渡米。コミュニティカレッジで授業を受けつつ学生映画の制作活動に携わっていたLAで、最初の大きな決断をする。卒業してもビザが取れず帰国していく先輩たちを見て「米国に残るには特殊能力が必要」と考え、ラスベガスの大学に転校し会計を専攻した。 卒業しLAに戻ると会計士として勤務。3年ほど経過したころに「興味本位で」映像翻訳を学び始めると、映画祭の手伝いがきっかけで再度映画作りを学ぶことを決意。6年間の会計士生活に別れを告げフィルムスクールに入るという、二度目の大きな決断を下した。  一見、回り道をしたように思えるクデさんの人生。だが振り返ってみればすべて今の活動の糧になっている。「会計をやってよかった。元会計士のプロデューサーというと信頼度が違う。バジェットの仕組みとワークフローがわかっているから自分で予算を組める。対人関係の構築、マネジメントは監査で培った観察力、リスクアセスメントによって身についた」。2度の大きな決断は「その時はわからなかったけど、今ではいい決断をしたと思っている」。自分の決断に責任を持てるのは自分だけ。そのため常に2、3歩下がって自分を第三者的に見るようにしているという。  本当にやりたいことはディレクティングだが、求められ、自身でも能力を発揮できると思うのはプロデュース。「結果が出ているし性格的にも向いている。制作現場ではエゴのぶつかり合いになることもあり、聞く耳を持たない人もいるけど自分にはそれがない。あくまで指標はいい作品を作ること。そこがブレない限りエゴはあまり生まれない。その姿勢を貫くと自分が尊敬するアーティストからも必要とされてくる。それが私の幸せ。そういう関係性を持った映画製作をできるよう今後も努力していきたい」と、自分の立場や能力を客観視した目標を持つ。「人生8割は運の良さでやってきた」と話すが、運をつかみ取るために必要な決断力は、ほかでもないクデさん自身が持つ大きな才能である。

  • 夢与える エンターテイナー

マジシャン

ミスティー・ミュウ / Misty Mew


 

    夢与える エンターテイナー マジシャン ミスティー・ミュウ / Misty Mew  

    2019年03月07日 ロサンゼルスで暮らす人々

     見る人をファンタジーの世界に引き込み、魔法にかける。それがミスティー・ミュウさんの仕事だ。両手でそれぞれ5枚ずつのコインを同時にロールする、世界で一人だけの超絶テクニックを持つ人気マジシャン。世界中のマジシャンが目指すマジックの殿堂、完全会員制クラブ『マジックキャッスル』のメンバーでもある。「米国ではお客さんのノリが良く、掛け合いをしたりと一緒に楽しんでくれるので、より一体感がある。お客さんが感動してくれていることを実感できたときに一番やりがいや充実感を感じる」。いい意味で人の目を欺き、夢を与えるのがマジック。だが、その技を披露する側にとっては「目標を立てることが難しい」という。   マジックを始めたのは大人になってから。ある日、マジックショーを見て「イメージしていた数学的なものと違って、もっとファンタジックで魔法みたい」と興味を惹かれ、レクチャーに通い始めた。仕事をするかたわらマジックを習う日々を送り、3カ月ほど経過したころに出場した大会でベスト8入賞。1年を過ぎたあたりから、マジックのプロダクションに所属し日本でマジシャンとしての活動を始めた。そして迎えた3年目、『マジックキャッスル』のオーディションを受けた。当時は英語がわからなかったため、台本を作成して完全に丸暗記。「応援に来てくれた人たちもいたのでプレッシャーがあったし、とにかくものすごく緊張した」と振り返るが、一回目で合格した。  2008年に果たしたキャッスル初出演はマジシャン人生の転機となった。以来、毎年のように日本からロサンゼルスへ来て出演するようになり、「積み重ねによってだんだん自信がついてきて、目処がついた」ことから2012年にLAへ移住した。「アメリカのほうが日本よりもマジックの地位は上。お客さんがマジシャンをリスペクトしてくれているし、この国ではエンターテインメント全体が評価されている」。マジシャンとして世界のステージに立つことが、オーディションを受けたころは夢に近く漠然としていた〝目標〟が、少しずつ〝現実〟になっていった。  今後は日本のマジシャンのために世界への道を切り拓く活動をしたいという。「日本にいると、マジシャンとして世界のステージに立つことは現実的に思えないかもしれない。でも日本人のスキルの高さと勤勉さは世界でも評価されている。みんなが活躍できる場所を作ったりと貢献したい」。その上で、「自ら発見したり考え出して身につける」というマジックの技術に磨きをかけ、「エンターテイナーとしてミッキーマウスやサンタクロースのように」人々を楽しませ、夢を与えるという〝目標〟は当初から変わっていない。

  • 「日系のこと残したい」
使命感持ち綴りゆく

作家・映像プロデューサー

スティーブ 鮫島 / Steve Sameshima


 

    「日系のこと残したい」 使命感持ち綴りゆく 作家・映像プロデューサー スティーブ 鮫島 / Steve Sameshima  

    2019年02月28日 ロサンゼルスで暮らす人々

     現在、作家として活動するスティーブ鮫島さんは、40年を超える在米中にさまざまな経歴を積み重ねてきた。渡米のきっかけは日本で勤務していたテレビ局の海外転勤。「もともとアメリカにあこがれがあった」という鮫島さんは派遣期間終了後もアメリカに残った。  その後独立し、ダイナミック・スポーツ・ネットワークを起業した。日本のテレビ局からの依頼でボクシング、ゴルフの全米オープン、プロレス、ローズボウルなどを米国から日本へ中継していた。また、当時はMLBのフランチャイズゲームはテレビで放送されていなかったため、LAドジャースへ加入したばかりの野茂英雄投手の登板日には、日系社会のためにとラジオで実況もした。さらに「世界に相撲を広めたい」という熱い気持ちから、大相撲協会の理事長に直談判。同協会およびテレビ朝日から権利を買い、ロサンゼルスの民間チャンネルを買ってLAとシカゴで『大相撲ダイジェスト』を10年に渡って放送した。「当時は若貴全盛期で、その人気に乗っかった(笑)」と振り返る。  学生時代はレスリング、ラグビー、野球をやっていただけに、根っからのスポーツ好き。しかしテレビ朝日の『大相撲ダイジェスト』が終わったことからLAでの放送も終了し、鮫島さんは自分の本来の目的であった「本を書く」ために出版社を設立した。「テレビの制作はそれなりに面白いが、テレビは一瞬、特にスポーツは。本は何回でも楽しめるし、形に残る」。家には本が6千冊ほどあるといい、資料を集めてボキャブラリーを増やす努力を惜しまない。  「50歳になれば50歳の、60歳になれば60歳の感性が生まれる。本はそれを形に残そうと思って書いている」という鮫島さん。在米のメリットを生かして調査し、足で稼いだ情報には「日本とアメリカの、まだまだ人に知られていないことがたくさんある」と明かす。過去に英字出版した、江戸中期の米沢藩主で第35代米国大統領のケネディが日本人で唯一尊敬したという上杉鷹山を取り上げた『The Great Tycoon Yozan』は米国の映画プロデューサーの目に止まり、映画化の話も出ているという。しかし「ありきたりのサムライ映画にはしたくない」と、あくまでも慎重。正しい日本の姿を伝えたいという気持ちがあるからだ。  若いときは日本をアメリカに知ってもらいたいという一心で、両国の橋渡しをするために活動していた。しかし、歳を重ねるにつれて「日系のことをアメリカに残していきたいと思うようになった」と自身の変化について語る。積み重ねてきた経験、自分の足で得てきた多くの知識は、今後も本に綴り続け後世の財産として残していく。

  • 米国式で仕事呼び込み
重ねるキャリアアップ

アニメーター

古賀 理恵 / Rie Koga


 

    米国式で仕事呼び込み 重ねるキャリアアップ アニメーター 古賀 理恵 / Rie Koga  

    2019年02月21日 ロサンゼルスで暮らす人々

     昨年11月にNetflixが立ち上げたアニメスタジオでシークエンスディレクターとして働く古賀理恵さんは、在米7年になる。これまで日米で数多くの有名アニメスタジオに勤めてきた。「アメリカでは転職であっという間に人が散っていく。シリーズの途中でも辞めていくので最初はびっくりした」というが、今では「自分のやりたいことを優先するのもありかな」と思うように。これまで途切れることなく仕事に恵まれている状況を「仕事をするたびに知り合いが増えていって推してくれたり、横のつながりでオファーが来ている」と分析する。  アニメを見て育ち、漠然とアニメに関わる仕事がしたいと思うようになった古賀さん。アニメ好きの理由を「実写ではなく、命を持たないものを使って人を楽しませるところに面白さを感じた」と明かす。短大卒業後にアートスクールへ。CGアニメという新しい分野にハマり、在学中に作ったショートアニメがきっかけでアニメ制作会社のサンライズに入社した。アメリカのTVアニメを見始めたのはこのころだ。「平面的な止め絵と実際にエピソードを見たときの印象が全然違う」。スピード感も早く、緩急をつけて面白く作る脚本の細やかさも目に止まり、「いったいどうやって作っているんだろう?」と、がぜん興味が湧いた。  その後、トロントに留学し英語とCGを学んだ。現地で就職したかったが、2年の経験では「英語力も知識も足りず」に帰国。地元の福岡でアニメも作るゲーム会社に就職した。5年間働き、貯金もできたので「リベンジ」のため2011年に渡米。なんのつてもなく「ほとんどのアニメ会社がある」という理由でLAへやってきたが、ここで参加したワークショップが転機となりニコロデオンへの入社が決まる。ここで人気作品『ニンジャタートルズ』のストーリーボードアーティストを務め、ディレクターになった。5年後にシリーズが終わると、声をかけてくれたドリームワークスTVへ。1年間ディレクターを務めた後、今度はディズニーTVでTVシリーズ『ベイマックス』の制作に4カ月間携わり、昨年からNetflixに入社した。  各分野のビッグネームをヘッドハントしている現チームでは「刺激をすごく受けるし、作る楽しさが倍増する」と、充実の日々を送っている。「まだまだ日本に帰るつもりはない」と語る一方、「何かしらの形で日本の作品に携わるのも面白い」という。作品を作る際には「いかに感情移入できるキャラクターを作れるか」を心がけ、自分の作品を見る人には「純粋に楽しんでほしい」と思う。どこの国にいようとも、作品に対する姿勢は変わらない。