連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年06月13日

「社会にインパクトを」

作曲家

岡田 果林 / Karin Okada


 

  日本で生まれ、イギリスで思春期を過ごし、そしてアメリカで学んだ岡田果林さん。インディペンデント映画を中心に、コマーシャルやアニメーションの作曲家として活動している。「いい作品を作ること、いろいろ読んだり聴いたり、人間の感情を表現することは自分が育っていくことにつながる。一生やっていたい」と仕事への情熱を燃やす。


 音楽との出会いは5歳のとき。ピアノの先生だった祖母の影響でピアノを弾き始めた。音楽の道に進みたいと思ったのは小学校のころ。中学ではバリトンサックスを始め、音楽とともに過ごす日常を送っていた。転機はこのあと訪れる。イギリスへ留学することになり、英語はまったくできなかったにもかかわらず、13歳で単身、海外へ。現地で入った寄宿学校では、言葉ができないながらも寮では毎晩、ルームメイトたちにせがまれ創作のおはなしを語り聞かせていた。「ことばができないのにどうやって、と今でも思いますが、感情を体や音で表現することは音楽を通して学んでいたから、それが役に立ったのだと思う」。大好きな音楽によって培われた表現力は、寮生活でも磨かれていった。


 大学からアメリカに移り住み、映画作曲を勉強した。大学院はニューヨークでジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ボーカリストとして10年間活動。映画作曲のためにLAへ来てからは、数々の映画祭出品作や受賞作品に関わっている。5つの映画賞を受賞した『リベンジ・オブ・ハヤブサ』は作曲家クリストファー・ヤングのプロジェクトに参加するきっかけにもなり、着実にキャリアを積んできた。


 作品を選択する際は、ストーリーが世界にとって意味があるかを吟味する。「社会にインパクトを与える話が好き。大きさは気にかけたことがない」と言い、より自由なインディペンデント映画を選ぶことが多い。現在携わる2つのプロジェクトは、移民家族内で起こるドラマを描いた作品と、女性への暴力を取り上げた一本。「いずれも現在この社会で起こっているテーマで、人々の理解を深めることができる。普通の人にできることは理解することだけ。だからこそ社会に貢献する作品になる」と話す。


 3カ国の異文化を吸収してきた経験が岡田さんの強み。現在の拠点はLAだが母国へ馳せる想いは強く、今後は日本のプロジェクトにどんどん関わりたいという。トップの女性作曲家は世界的にもまだまだ少ないため、「自分がそうなりたい。200年経っても人々が銅像を見に来てくれるような作曲家になる」。カリフォルニアから母国への〝逆輸入〟が目下の目標だ。

LAをベースに作曲家として活躍中の岡田果林さん。「今ある仕事を一所懸命やることでしかできないけど、将来的には日本でもやりたい」と母国凱旋に意欲的だ 岡田さんの曲は公式サイト(https://karinokada.com/)、Facebook(https://www facebook.com/kokadamusicproductions)で視聴できる

 

作曲の仕事は「自分で作っていて曲がいいかどうかはわかる。でも他の人が泣き出したり、鳥肌が立ったりという反応を見るとうれしい」とやりがいを感じ、一生続けたいという

ニューヨークの大学院ではジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ジャズボーカリストとしても活動しマルチタレントを発揮

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 「環境に優しい映画作りを」
プロダクションデザイナー
野畑 太陽 / Taiyo Nobata



 

    「環境に優しい映画作りを」 プロダクションデザイナー 野畑 太陽 / Taiyo Nobata  

    2019年07月23日 ロサンゼルスで暮らす人々

    「映画作りには純粋な楽しさがある。さまざまな問題をなんとかしようともがくのは苦しいけど、同時に楽しい。そこがデザイナーの意義でもあるから」。   2年前からロサンゼルスで映画のプロダクションデザイナーとして活動する野畑太陽さんは、日本ではインダストリアル(工業)デザインを勉強していた。 しかし、映画『ブレード・ランナー』などで知られるコンセプトデザイナーのシド・ミードの画を見てプロダクションデザインというものが存在するのを知り、もともとの映画好きもあって「映画といえばLA」と考え、渡米した。   LA Film Schoolを昨年卒業し、現在はフリーランスのプロダクションデザイナーとしてインディペンデントの映画制作に携わっている。   小さな頃から絵を描くのが好きで、子どものころは漫画家になりたかったという野畑さん。物語が好きで、漫画や映画が大好きだった。   父はトイデザイナー、母は建築士という環境で育ち、デザインやインテリア、空間デザインに触れる機会が多かったことを考えれば、クリエイティブな関心が育ったことは必然だったと言える。   プロダクションデザインとは、映画のフレームの中にある色使い、部屋のスタイル、デクスチャーなどすべてのデザインを行い、スクリプトをビジュアル化する仕事。   「一番楽しいのはスケッチしているとき。時間的なプレッシャーもあり、バジェットの中でデザインを成立させないといけない。その中で自分の色を乗せていい作品を作るのは楽しくもあり苦しくもあるけど、最終的に映像ができると解放感がある。だからまた次に向かえる」。   監督とどれだけコミュニケーションを取れるかも非常に重要だ。 「映画を作るのは個人作業ではない。コラボレーションが空間(絵)を生み出す」。   譲れない部分はプロデューサーと交渉し、低予算でどういいものを作れるかがプロダクションデザイナーのスキルの一つであり、クリエイティブな部分でもある。 「お金がないと作れないという考えは好きじゃない」というこだわりを明かす。   これまで2年間でショートフィルム24本を制作し、最近は環境に優しい映画業界を作りたいという気持ちが芽生えてきたという。 「映画のセットは作って撮影したらもう用なしで、壊して捨ててしまう。もったいないし、環境にも良くない」。 エコを意識すると必然的にコストは上がる。 「素材別に分別して処分したり、ペットボトルやケータリングの残りをどうするかとか、そういった細かいところから一人ひとりの意識を変えていかないと」。   プロダクションデザイナーとして大きくなると同時に、エコフレンドリーな業界を作るのが今の目標だ。  

  • “和”の感性と広大な自然 融合アートで喜び伝える

アーティスト
森山 正 / Tadashi Moriyama


 

    “和”の感性と広大な自然 融合アートで喜び伝える アーティスト 森山 正 / Tadashi Moriyama  

    2019年07月16日 ロサンゼルスで暮らす人々

     DTLA近くのスタジオでキャンバスに向かうのは、アーティストの森山正さんだ。 「自分が感じた喜びを視覚化し、その絵で人に喜びを与えたい」という思いから色を塗り重ねる。   絵画に興味を持ったのは中学生のころ。上野の森美術館にMOMAを見に行き、一気に見方が変わった。 「それまでは、絵は本の中での平たいものだと思っていた。それが、特にゴッホとか3Dでボコボコ突き出ていて、色も目に焼き付いて」。ゴッホらの現代美術作品を見て、自分も絵を描きたいと思うようになった。   16歳のとき、交換留学でオレゴンへ。「こんな世界があったのか」と、人々の人生の楽しみ方が自分とはまったく違うことに衝撃を受け「絶対にまたアメリカへ行こう」と心に誓った。   日本へ戻り、英語の勉強に励みつつ絵を描く学生生活を送り、美大に進学。 2004年、ペンシルベニア大学芸術大学院でやはり絵の勉強をしていた妻のレイチェルさんに出会う。2年後に大学院を修了し、NYCでアーティストとしての生活が始まった。   イタリア、サンフランシスコで個展を開き、マイアミやNYのアートフェアに出店するなど順調に活動していた森山さんが、レイチェルさんとともにロサンゼルスへ移住したのは5年前。   「LAに来て良かったのは、自然に近いということ。NYでは都会に入り浸る生活だった。ここでは自然の中へ出かけていくので、作品にもそれが現れる」。   NYで描いていた絵は「内に入っていく」イメージだったが、LAではより開放的に外へ向かっていく作風に変化。満天の星空や、Sci Fi系のイメージの作品に仕上がっている。   東京育ちの森山さんが、カリフォルニアの広大な土地を眺めているうちに変わった。 「アメリカ西部の色鮮やかで宇宙に延びていくような風景をインスピレーションにしたSF物語を作りたい」と、アニメーションも並行して制作している。 「絵だけだと『きれいだね』で終わってしまったり、メッセージがなかなか伝わらないことがあるけど、そこに動きが加わるとストーリーが生まれてくる」。   「絵を描くのはエクササイズと同じ」と、スポーツ好きらしい独特の表現をする。ウォーミングアップして徐々に体を動かし始め、波に乗るまでは苦しい時間だが、リズムが出てくれば「産みの苦しみ」は楽しさへと変わり、作業に没頭しはじめる。 「地球規模の社会問題などのテーマから描き始めることがあるけれど、そこに対する恐怖を助長するのではなく、その先にある希望や夢を表現したい」。   自分の感情を描いているからこそ、その時々で違った作風の絵ができあがる。それが森山さんの作品の魅力でもある。

  • 「おふくろの味広めたい」

料理講師/フードライター/日本食プロデューサー

酒井 園子
Sonoko Sakai


 

    「おふくろの味広めたい」 料理講師/フードライター/日本食プロデューサー 酒井 園子 Sonoko Sakai  

    2019年07月10日 ロサンゼルスで暮らす人々

     ニューヨークで生まれ、東京、サンフランシスコ、メキシコで育ち、再び日本を経てロサンゼルスへ移り、以降は米国で暮らす酒井園子さんは、日本の「おふくろの味」を広めるためにフードライター、料理講師として活動する。「いろいろな場所で過ごしてきたけれど、やはり私の原点は日本」と話す。   祖母、母はともに主婦、5人兄弟の大家族という環境もあり、めったに外食のない家庭に育ったためか、子どものころから「家で食べるものが一番おいしい」と思っていた。 〝食〟への興味も大きく、UCLAの大学院生だった30年前には、先生のすすめで日本の家庭料理についての本も出版した。しかし卒業後は映画の道を選択。配給会社でバイヤーとして、後にはプロデューサーとしてキャリアを積み重ねていた。 ところが2008年、リーマンショックの影響を受け、プロデュースした映画の興行が失敗。ショックは大きかった。 「映画は文化事業。自分の中では一つの文化を広めるためだった」と打ち込んでいた仕事に区切りをつける決心をしたのは、ちょうど10年前。 気持ちを切り替え、身近でできる仕事は何かと考えたとき「日本の家庭料理は海外ではあまりきちんとした形で紹介されていない」と気がついた。 「日本料理はエッセンシャル。どんな職人であろうと、出したいのは〝おふくろの味〟」。ビジネスのためではなく家族のために作る、日本が築いた家庭料理の味を広めたいと考えた。そして日本食のクラスを開講するなど地道な活動を開始した。   酒井さんが特に興味を持ったのは蕎麦。米国では穀物として蕎麦が作られ、その蕎麦が日本に輸出されている。この現実に疑問を抱いたことがきっかけで、日本に行き蕎麦職人に弟子入りした。酒井さんの手打ちそばのクラスでは、ただそばを打つだけではなく出汁など日本料理の基本について教える。 今では蕎麦のスペシャリストとしてメディアにも登場するようになったが、「私はクラスをやって家庭料理を広めているだけ」と笑う。 自分にとってのセラピーである粉を打つことが、ほかの人にとっても癒やしになるのがうれしい。 食文化は「日本人が一番プライドを持って外に出せるもの」だが、海外ではまだまだ誤解や先入観を持つ人が多い。 欧米では〝日本食=スシ〟と考えられがちだが、日常的な家庭料理はまったく別物で、その存在は知られていないのが現状。 「華やかな映画の世界に比べたら今の仕事は地味。でも残る人生は日本の食文化のことだけやっていく。それほど日本食は奥が深いから」。   映画で叶わなかった日本文化の伝達に、酒井さんは〝食〟という違う形で挑戦している。  

  • 「映画通し生き方学んだ」

映画監督

落合 賢 / Ken Ochiai


 

    「映画通し生き方学んだ」 映画監督 落合 賢 / Ken Ochiai  

    2019年07月04日 ロサンゼルスで暮らす人々

     ロサンゼルスを拠点に、日本とベトナムでもプロジェクトを展開する映画監督、落合賢さん。たとえ国がどこであろうと、映画作りや映画に携わるところすべてが「自分の居場所」だという。初めて映画を作った12歳のときからそれは変わらない。「小さいころから映画を作り続けていて、もう24年ぐらいになる。ずっと映画中心の人生を送ってきて、映画を通して生き方自体を学んだ」と話す。  映画作りの楽しさは一つ一つの過程にあり、頭の中にあるやりたいことを一つ一つ具現化していき、各スペシャリストのビジョンが徐々に加わりできあがっていくプロセスや観客と共有することを含めた一つの大きなうねりを楽しめるのだと、その魅力を語る。  日本の高校卒業後の2002年に渡米し、南カリフォルニア大学(USC)、アメリカ映画協会付属大学院(AFI)で映画作りを学んだ。これまで短長編合わせて30本以上の作品を撮っている。長編映画は計5本。3カ国を股にかけて活動していることもあり、なかなか目標の「年に1本の長編」は難しいというが、全米映画監督協会審査員賞、国土交通大臣賞、ヒューストン国際映画祭最優秀短編映画賞、札幌国際短編映画祭最優秀短編映画賞など数々の賞を受賞し、着実にキャリアを積み上げてきた。  映画制作の際に意識するのは、〝人と人とのつながり〟だ。「昔からそのテーマは変わっていないけれど、年を重ねるごとにつながりのあり方は変化してきている」と明かす。映画監督にとって一つ一つの作品は、その年年での自分のあり方や成長を記録する「柱につけた身長のキズのようなもの」だという。いろいろと折り合いをつけなければならない部分は出てくるものの、そのときの等身大の自分が作品に表れる。30代半ばになり、周りには第二、第三の人生を歩みだしている人もいる。家族を築く大切さを実感するようになり、「最新作では父娘のつながりを描くことに挑戦した」と語る。  ベトナムでの長期にわたる撮影を終えた現在は、住み慣れたLAに戻り脚本を書き溜める毎日だ。日本人として日本で生まれ育ち、20代から30代にかけて米国で学び、近年はベトナムで過ごすことも多い。そのクロスカルチャーを活かした作品を作りたいと考えている。スポーツものやミュージカル作品への挑戦や、まだ実現していない米国で英語の長編映画を撮ることも視野に入れている。  「映画は20世紀の芸術。21世紀の芸術、エンタメは何かと問われると、ゲームなどがあるがまだ映画に取って代わるものはできていないので、それを模索中」と、新たな分野の開拓にも意欲的だ。

  • 夢実現へ向け日系一世に「近道のチケットない」

漫画家

井上 三太|Santa Inoue


 

    夢実現へ向け日系一世に「近道のチケットない」 漫画家 井上 三太|Santa Inoue  

    2019年06月28日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「成功への近道のチケットはない」。漫画家・井上三太さんが実感していることだ。昨年末、50歳手前で「ハリウッドで映画を作るため」にLAへ移住した。架空都市〝トーキョー〟に生きる若者を描いた代表作『TOKYOTRIBE』シリーズはストリートカルチャーとなり、ファッションや音楽に影響を与え、舞台、アニメおよび実写映画化された。世間から見れば〝成功〟だ。しかし、家族を説得し事務所を整理し、夢実現のため米国へやってきた。15年前、LAを訪れた際にコミックショップの店主と親しくなり「アメリカで映画を作りたい」と話すと「実現するにはここに住まなきゃダメだ」と言われた。そのことがずっと頭にあったが、海外移住のは大きな決断だ。だが、ビジョンが見えた。「科学的な根拠はない。でも明確に、アメリカで成功するというビジョンが見えた。これは勝負するしかないなと」。  米国で自分の漫画でアニメーション映画を作る。それが目標だ。「『TOKYO TRIBE』のタイトルで米国でアニメを作りたい。本気でやりたいんですよ。生半可な気持ちでは来てない。東京と香港とLAがミックスしたような街でちょっと近未来のSFにして、ストーリーは新しいもので。米国はストリートカルチャーやヒップホップの本場だけど、ヒップホップのアニメが存在しない。その2つを掛け合わせられれば商業的にもすごいものが作れる」と熱く語る。しかしその調合が難しい。「ヒップホップとの化学調合ができるアニメを作る人がいない。スケボーやドラッグが出てきたり、洋服の丈であったり、キャップだったり。一朝一夕でわかる問題じゃない。神がおれに与えてくれた才能というか、それを作れるのはおれしかいないと思ってる。それを証明したい」。  LAへやってきてすぐ、不動産屋に言われた事がある。「三太さんもこれから日系一世になるんですよ」。ハッとした。戦後、米国に残ってリトルトーキョーを作ったような元祖日系人たちの開拓者魂を感じた。「自分にもそういう開拓したいっていう気持ちがあるのかもしれない」。現在は移住から半年が経ち、日本の漫画雑誌での連載をLAから描く日々を送る。そのためにPCで漫画を描く技術も新たに学んだ。15年かかったが、移住という夢は実現した。しかし、映画の具体的な話は進んでいない。自分の漫画が世界一だとは思っていない。しかし、オンリーワンだとは思っている。この国で自分のニーズがあると信じている。自分が描ける漫画は米国人には作れないものであり、それを自分が生み出しているという自負がある。焦ってはいない。「すぐにはいいことは起きないんですよ。すぐに仕事がバンバン決まるということは。成功の裏には人一倍の努力がある。そんなうまい抜け道はない気がするんですよね」。一つ夢を実現したあとには、次のステップへ進むための努力が必要。それをわかっているから、今をがんばれる。