連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年06月13日

「社会にインパクトを」

作曲家

岡田 果林 / Karin Okada


 

  日本で生まれ、イギリスで思春期を過ごし、そしてアメリカで学んだ岡田果林さん。インディペンデント映画を中心に、コマーシャルやアニメーションの作曲家として活動している。「いい作品を作ること、いろいろ読んだり聴いたり、人間の感情を表現することは自分が育っていくことにつながる。一生やっていたい」と仕事への情熱を燃やす。


 音楽との出会いは5歳のとき。ピアノの先生だった祖母の影響でピアノを弾き始めた。音楽の道に進みたいと思ったのは小学校のころ。中学ではバリトンサックスを始め、音楽とともに過ごす日常を送っていた。転機はこのあと訪れる。イギリスへ留学することになり、英語はまったくできなかったにもかかわらず、13歳で単身、海外へ。現地で入った寄宿学校では、言葉ができないながらも寮では毎晩、ルームメイトたちにせがまれ創作のおはなしを語り聞かせていた。「ことばができないのにどうやって、と今でも思いますが、感情を体や音で表現することは音楽を通して学んでいたから、それが役に立ったのだと思う」。大好きな音楽によって培われた表現力は、寮生活でも磨かれていった。


 大学からアメリカに移り住み、映画作曲を勉強した。大学院はニューヨークでジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ボーカリストとして10年間活動。映画作曲のためにLAへ来てからは、数々の映画祭出品作や受賞作品に関わっている。5つの映画賞を受賞した『リベンジ・オブ・ハヤブサ』は作曲家クリストファー・ヤングのプロジェクトに参加するきっかけにもなり、着実にキャリアを積んできた。


 作品を選択する際は、ストーリーが世界にとって意味があるかを吟味する。「社会にインパクトを与える話が好き。大きさは気にかけたことがない」と言い、より自由なインディペンデント映画を選ぶことが多い。現在携わる2つのプロジェクトは、移民家族内で起こるドラマを描いた作品と、女性への暴力を取り上げた一本。「いずれも現在この社会で起こっているテーマで、人々の理解を深めることができる。普通の人にできることは理解することだけ。だからこそ社会に貢献する作品になる」と話す。


 3カ国の異文化を吸収してきた経験が岡田さんの強み。現在の拠点はLAだが母国へ馳せる想いは強く、今後は日本のプロジェクトにどんどん関わりたいという。トップの女性作曲家は世界的にもまだまだ少ないため、「自分がそうなりたい。200年経っても人々が銅像を見に来てくれるような作曲家になる」。カリフォルニアから母国への〝逆輸入〟が目下の目標だ。

LAをベースに作曲家として活躍中の岡田果林さん。「今ある仕事を一所懸命やることでしかできないけど、将来的には日本でもやりたい」と母国凱旋に意欲的だ 岡田さんの曲は公式サイト(https://karinokada.com/)、Facebook(https://www facebook.com/kokadamusicproductions)で視聴できる

 

作曲の仕事は「自分で作っていて曲がいいかどうかはわかる。でも他の人が泣き出したり、鳥肌が立ったりという反応を見るとうれしい」とやりがいを感じ、一生続けたいという

ニューヨークの大学院ではジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ジャズボーカリストとしても活動しマルチタレントを発揮

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 神の愛を歌い継ぐ

クリスチャンアーティスト /シンガー& ソングライター

Asiah|エイジア


 

    神の愛を歌い継ぐ クリスチャンアーティスト /シンガー& ソングライター Asiah|エイジア  

    2018年05月31日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「伝えたいことがあるから歌っています。伝えたい根本にあるのは愛。人間の愛は変わりやすいものだけど、神様の愛は変わらない不変の愛。それは私自身の人生を通して感じてもいるし、その愛を歌い続けていきたい」。ロサンゼルス在住28年のAsiahさんは言う。肩書は「シンガー&ソングライター」に加えて「クリスチャンアーティスト」と名乗る。  父は小坂忠、日本でデビュー50周年を迎えるシンガーソングライター。クリスチャンアーティストでも牧師でもある。母は音楽プロデューサー。音楽に囲まれた家庭環境もあって、子どものころから歌うことが好きだった。「両親が音楽活動をしていたし、それ(音楽)しか知らないから、私は。スタジオで育ったようなもので、音楽関係以外に何かなりたいとかなかった。音楽取ったらもう何も残ってないみたいな家族だから(笑)」。音楽以外にもう一つ、小坂家から切り離せないものが教会だ。家族がクリスチャンになるきっかけとなったのがAsiahさんだった。1歳半のとき、煮えたぎった鍋の中身をかぶってしまい、全身に大やけどを負った。クリスチャンだった母方の曾祖母に勧められるまま両親が教会に行くと、居合わせた見知らぬ人々がAsiahさんのために祈りを捧げてくれた。その1カ月後、医者も「医学的には説明できない」と驚くことが起こった。傷がすっかりきれいに治っていたのだ。これをきっかけに、大ステージで歌っていた父は華やかな舞台と決別し、第一線を退いて日本中の教会を回って歌うようになった。クリスチャンが人口の1%という日本では、草分け的な存在だ。その姿を見ながらスタジオと教会で育ってきたAsiahさんにとって、ミュージシャンでありクリスチャンであることはごく自然なことだった。  そもそも、音楽と教会は切っても切れないもの。「アレサ・フランクリンやマライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン。みんな教会で育って教会のクワイヤで音楽に触れて。教会というのは音楽のスタート地点。音楽なしには教会は成り立たない」。一般的に日本では『ゴスペル』というと、ブラックミュージックやブラッククワイヤを想像する人が多いだろう。しかし「音楽が演歌であれロックであれレゲエであれ、ジャンルがなんであっても内容が神のことを歌ったものはゴスペル」だという。「だから、私はR&Bとかの曲調で内容は神様の愛のことを歌っているけど、それもゴスペルの一つ」。自身にやけどの記憶はない。しかし、「日々ある小さなことで、神様っているんだなって私は思う。人の出会いとか、自然に起こってることじゃないなと思うことはたくさんある。たとえ小さな教会で20人しか聴衆がいなくても、その20人に私たち家族が経験した愛とか癒やしとかを伝えられたらいいじゃないかって。それがうちの家族のライフワーク」と語る。神の愛を歌い継ぐことで、人々が試練を乗り越えられるように、安心感を持てるように。そんな願いを胸に歌い続けている。

  • 「ブラインドセーラー、太平洋への再挑戦」

セーラー

岩本 光弘|Mitsuhiro Iwamoto


 

    「ブラインドセーラー、太平洋への再挑戦」 セーラー 岩本 光弘|Mitsuhiro Iwamoto  

    2018年05月24日 ロサンゼルスで暮らす人々

     2013年にヨットでノンストップの太平洋横断に挑戦したが、達成ならなかったサンディエゴ在住の盲目のセイラー、岩本光弘さん。しかし先日、来年春に再び太平洋に挑むことを発表。現在パートナーとトレーニングをしている岩本さんに再挑戦にかける意気込みを聞いた。  そもそも日本にいた時に出会った奥様の影響でセーリングを始めた岩本さん。  「最初は小さな船に乗って怖かったのですが、乗っているうちに、風に乗ってすっと走る爽快感と、風さえあればどこへでもいけることにロマンを感じました」。それからセーリングのメッカとして知られるサンディエゴに定住、多くのレースに参加してきた。2013年6月には、ニュースキャスターの辛坊治郎さんと福島からサンディエゴまでの太平洋横断に挑戦し、話題に。しかし、6日目に鯨とぶつかり遭難。海上を漂流しているところを海上自衛隊に救助された。当時は「無謀な試み、税金の無駄使い」とバッシングを受けた。また岩本さん自身も海に恐怖を感じるように。けれども海のトラウマを払拭するためトライアスロンを始めて、昨年は有名なトライアスロン大会「IRONMAN Arizona」にパートナーと参加し、完走。絶対に挑戦を諦めないという信念を再び持つことができた岩本さんは、セーリングのパートナーを探していたところ、友人の紹介でダグラス・スミスさんと出会った。  「パートナーにはあえてセーリングの初心者を選んで、私が指導し、お互いの欠点を補うようにしています。それは私が何もしないで連れて行ってもらうのでは、自分の挑戦にならないからです。この挑戦は自分の夢に協力してくれるドリームサポーターが必要ですが、ダグをはじめ、様々な方からの援助があって成り立っているのだと感謝しています」  今回の航海は安全面を第一に考え、前回の28フィートの比較的小さなヨットから40フィートの安心して外洋航海できる船体にした。また想定できる限りの非常事態を考えて、パートナーとの役割分担を細かく決め、シミュレーションを繰り返している。そこまでしてこの挑戦にこだわるのはなぜなのか。  「世界中の人、特に若い人たちへ、人が持つ潜在能力は計り知れない、自分でリミットをかけてはいけない、どんなことでも思ったことは実現できるのだと身を持って証明したい。成功するまでやり続けるのが大切だとメッセージを送り続けたいのです。また、私たちの行動が社会に貢献できることを目指して、視覚障害の支援団体や障がい者のスポーツ団体、福島の放射線濃度を測る団体へ皆さんの寄付金を寄付します。私たちの活動に共感する方はご協力ください。私たちと一緒にあなたの気持ちを乗せて太平洋を渡りましょう」。

  • 目指すは「世界王者が就職先」

プロボクサー

富岡 樹|Izuki Tomioka


 

    目指すは「世界王者が就職先」 プロボクサー 富岡 樹|Izuki Tomioka  

    2018年05月17日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日本ボクシング界が今アツい。これまでの歴史上で浮き沈みはあったものの、昨年は9人が世界のベルトを奪取し、井上尚弥や村田諒太といった大スターも誕生。そして、ここLAにはその仲間入りを目指して厳しい練習に励む若き日本人ファイターがいる。  富岡樹さん、21歳。日本ライト級ユース初代王者(2度の防衛後ことし3月に返上)、日本Sフェザー2位、東洋太平洋13位のホープだ。日本を拠点に練習していたが、「本場で学びたい」とLAを訪れるようになった。汗を流すのはハリウッドにあるワイルドカード・ボクシング・クラブ。数々のチャンピオンを生み出してきた名門ジムである。  2つ上の従兄弟の影響を受け、11歳でボクシングを始めた。高校卒業間際には大学ボクシング部からの誘いもあったが「始めたときからプロになろうと思っていた」ため進学はせず。「プロ入り前に一度本場を体験したい」と、初めて訪米した先がLAだった。トレーナーと契約し、右も左も、ことばもわからない地で40日間ジムへ通った。帰国後、19歳でプロ入りすると3連勝。昨年8月には日本ユース王座(日本プロボクシング協会による要請で新設された24歳以下のA級ライセンス保持者で争うタイトル)決定戦に勝利し、初代ライト級王者に輝いた。  そのタイトル戦を控えていた昨年6月に再訪米した。以来、リベリア出身の元五輪代表サミー・スチュワート氏に師事。「足を使って距離を取ってパンチをもらわない、自分のやりたいボクシングとサミーのボクシングが合うんです」。先月、3度目の渡米を果たし、現在もジムでトレーニングを積みながら心身ともに鍛える日々を送る。「最初は空港から出るのにも何時間もかかったりして。たった1人でことばのわからないところに来たというのは、生活の上でもボクシングの面でも活きています。試合直前も、最後の一番の自信になるのは1人で米国に行って、世界レベルの強い選手とスパーリングをやってきたという部分ですね」。  人々が開放的でフレンドリーなLAが気に入っている。人目を気にせず過ごせる自由さも快適だ。「プロ入り前に初めて来て、プロになるからには世界チャンピオンになりたくて、そのためには本場のアメリカの空気を感じたいというのがあって。その本場の空気を感じられたのがLAでした」。  ボクシングを始めたときから、一番の目標は世界タイトル。「23歳までに」とする理由を「大学卒業して就職するぐらいの年には、と思って。就職先は世界チャンピオンと言えるようにしたい」と説明する。「いつかこっちで活躍できるような選手になるので、LAの皆さんにも応援していただきたいです」と話す笑顔の奥に、強い意思と自信がうかがえた。次戦は7月29日、大阪で東洋太平洋王座戦に挑む。

  • 「客席のエネルギー満たす映画づくり」

映画監督

北村 龍平 |Ryuhei Kitamura


 

    「客席のエネルギー満たす映画づくり」 映画監督 北村 龍平 |Ryuhei Kitamura  

    2018年05月10日 ロサンゼルスで暮らす人々

     6人の大学生を乗せた車が、荒野のど真ん中を走っている最中にパンク。修理を始めた学生たちは、この事故が単なる偶然ではなく、タイヤが何者かに撃たれたことに気づく。やがて見えない敵からの狙撃が始まり……。あらすじからでさえスリル感が味わえるホラー映画『ダウンレンジ(Downrange)』。自身の新作である同作品がロサンゼルスでプレミアを迎えた北村龍平監督に話を聞いた。  「僕がホラーやスリラー映画を撮る時は、予測不能な動きをするジェットコースターに乗ったようなスリルを味わえるものを作りたいと、常に思っているんです。映画はエンターテイメント。スクリーンに向かっている間は時を忘れるほど楽しめて、終わった時には爽快な気分を味わえる。観客に何かしらのエネルギーを与える力が無いと、それは映画とは言えないと僕は思うんです」  99年に渡部篤郎主演『ヒート・アフター・ダーク』で監督デビュー。『VERSUS(ヴァーサス)』(01年)はトロント国際映画祭のミッドナイトマッドネス部門で北米プレミア上映されるなど世界的に高く評価され、『あずみ』(03年)、『ゴジラ FINAL WARS』(04年)と立て続けに大作のメガホンを取った。10年前に渡米。ハリウッドでの第一作目『ミッドナイト・ミート・トレイン』(08年)を製作以降、ロサンゼルスを拠点に活動を続けている。  「5年前に久々に日本で監督した実写映画『ルパン三世』は、僕にとって大きな挑戦でした。国民から大々的に支持されるルパン三世は偉大なプロジェクトでプレッシャーも大きかった。それでも監督の仕事を受けたのは、常に違うものを作りたい、逆境をどう乗り越えるかのチャレンジをし続けたいという気持ちからでした。そしてそのルパン三世の後に撮ったのが今回の『ダウンレンジ』。前作品とは真逆の、自分の原点に立ち返るものを作りたかった」  20年ほど前に3000万円の低予算で撮ったインディーズムービー『ヴァーサス』。無名で金もなかった時代に周りに反対され、借金もして、それでも山にこもって撮った同作品は自身の原点。大きな看板がなくても自分にしか生み出せない作品でいつでも世界で勝負できる自信があると話す。  ハリウッド映画を観て育ち、17歳の頃から「自分が作りたいものを作る」ことだけを見つめて突っ走ってきた。その焦点は1ミリもブレることはない。「自分のやりたいことに対してどれほどの情熱を注げるか・・・。僕のやりたいことは、最高だと思える映画、オーディエンスに楽しいと思ってもらえる映画を作ってお金を稼ぐという極めてシンプルなことです。極端なことを言うと、やりたくないことをやってまで生きていたくない。でも死にたくないから一生懸命にやる。モチベーションてそういうものだと思うんです」。

  • 「デザインとは、領域のない表現」

グラフィックデザイナー

原 研哉 |Kenya Hara


 

    「デザインとは、領域のない表現」 グラフィックデザイナー 原 研哉 |Kenya Hara  

    2018年05月03日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日本の魅力の諸相を「世界を豊かにする日本」として表現・発信することにより、日本への深い理解と共感の裾野を広げていくための海外拠点事業「ジャパン・ハウス」は、昨年よりロサンゼルス、ロンドン、サンパウロの3都市に事業拠点を開設し、展示スペース、シアター機能のある多目的スペースなどをオープン。現在、ハリウッド・ハイランドセンター内にあるジャパン・ハウス・ロサンゼルスの展示ギャラリーでは5月23日まで「TAKEO PAPER SHOW『SUBTLE―かすかな、ほんのわずかの』」展を開催。ジャパン・ハウス総合プロデューサーであり、本展示のキュレーター兼ディレクター、日本を代表するグラフィックデザイナーである原研哉さんに話を聞いた。  「このギャラリーでは、日本を紹介することを趣旨として、数ヶ月を会期とする日本からの巡回展や、現地のキュレーターによる展覧会を開催する計画となっています。私がデザインの世界に入った頃は、展覧会を作って海外で巡回できる場所を設けるのが難しかった。今後はこのジャパン・ハウスが、日本の若い才能や可能性を海外で表現したり発表できる場所になれればと思っています」  岡山県出身、武蔵野美術大学大学院デザイン専攻を修了後、日本デザインセンター入社、現在同社代表。長野オリンピック開・閉会式プログラム、EXPO2005愛知公式ポスター、無印良品アートディレクションなど数多くのデザインを手掛け、独自の視点を広告やプロダクト、空間デザイン、催事計画など、常に新しい活動領域で表現してきた。「私は、デザインとは本来一つのものであって、グラフィックとか空間デザインなどと、完全に分けられるものではないと思っています。ですから領域に関係なくあらゆることをデザインしていくように自然になっていきました」  中でも、株式会社竹尾の企画「竹尾ペーパーショウ」に長年携わり、29歳から6年間ほど同企画のアートディレクターを担当。そこで加工技術や印刷技術などを深く掘り下げ、紙にまみれて過ごした時代は、自分の初期のデザイナーとしての中核をなしていると話す。「昨今では、紙は印刷メディアという言われ方をして、古い媒体だと思われている節がありますが、私は、紙は、いつも人間の身の回りにあって、人間の創造意欲を触発してくれるとても大切なものだと思っています。紙は白くて汚れやすく壊れやすい。しかし人間はその紙の上に黒々と墨で文字や絵を描いて物を作り続け、成功もして、失敗もしてきた。今回の『SUBTLE―かすかな、ほんのわずかの』展は、見ていただけると、感覚の目盛りが十倍くらい細かくなるような、繊細で静かであるけれど同時に大きな衝撃力がある、そんな展覧会になっているんじゃないかと思います」。