全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2020年11月04日

「ノーマスクならノーサービス」を条例化
LA市議会

 

【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス市議会は4日、マスクを着用していない客に対して、サービスを拒否する権限を市内のビジネスに与える条例を承認した。

 

この条例は、ハーブ・ウェソン市議が7月に起草。ロサンゼルス郡の新型コロナウイルスの死者が7000人を超えた現状を踏まえ、小規模ビジネスなどの従業員への感染拡大を防ぐため、直ちに効力を持ち、市の「Safer at Home」オーダーが解除されるまで有効となる。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA郡ワクチン接種、20日から65歳以上も対象に  

    2021年01月19日

    【ロサンゼルス18日】ロサンゼルス郡のヒルダ・ソリス参事が18日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、65歳以上の高齢者も対象にするよう求める行政執行命令を、公衆衛生局に出した。   同郡のワクチン接種順位は、まず医療従事者と、ナーシングホームなど介護施設の入居者らに限られ、65歳以上の高齢者はその次のグループに含まれていたが、高齢者の感染状況悪化と接種の遅れを理由に命令が出された。   これに伴い、65歳以上の郡在住者は20日から、予約を経てワクチン接種が受けられる。電話での問い合わせは、833-540-0473(8am~8:30pm)、ウェブサイトは、VaccinateLACounty.com   ロサンゼルス郡では18日の時点で、ほぼすべての介護施設の入居者とスタッフにあたる約39,000人への一度目のワクチン接種が終了した。郡内の感染状況は依然深刻で、18日の新規感染者数は9,927人、死者数は88人。亡くなった88人中、26人が80歳以上、32人が65歳から79歳の高齢者で、50歳から64歳が22人、30歳から49歳が7人だった。    

  • LA郡、コロナ死者数急増で火葬件数規制を一時解除 南岸部大気質管理局  

    2021年01月19日

    【ロサンゼルス18日】新型コロナウイルスによる死者数の増加に伴い、南岸部大気質管理局(SCAQMD)は17日夜、大気質を維持するために定めている毎月の火葬件数規制を一時的に解除する緊急令を出した。緊急令は、ロサンゼルス郡検死事務所とロサンゼルス郡公衆衛生局の要求を受けたもので、少なくとも10日間効力を持つ。   コロナパンデミックで郡民の死亡率は通常の倍以上に増えており、その負担は病院や葬儀場、火葬場にのし掛かっている。緊急令によると、1月15日の時点で2,700以上の遺体が病院か検死事務所に保管されており、今月初めから、検死事務所の外には遺体を安置するためのトラックが駐車し対応している。   17日までのロサンゼルス郡のコロナ感染者総数は1,014,662人で、死者総数は13,848人。18日の発表では、郡内の7,328人がコロナで病院に入院しており、そのうちの23%が集中治療室の患者。    

  • 1月20日(水)バイデン氏の大統領就任式  

    2021年01月19日

    【ニューヨーク19日】第46代アメリカ合衆国大統領に就くジョー・バイデン氏と副大統領カマラ・ハリス氏の就任式は、1月20日(東海岸時間)に行われる。   新大統領の任期がスタートするのは、20日正午 。ふたりは午前11時にU.S. Capitol入りし、11時15分から式典がスタートする。   限られた出席者にはマスク着用が義務付けられ、パレードはバーチャル開催で、この就任式の様子はSNSでも配信される。   就任式のスタートとなる就任宣誓のセレモニーでは、レディー・ガガ氏が国歌を斉唱し、ジェニファー・ロペス氏とガース・ブルックス氏もミュージックパフォーマンスを披露予定。    

  • テキサスなど、州議会周辺に少人数の武装集団 大統領就任式前に警戒  

    2021年01月18日

    【ワシントン18日】新大統領の就任式が20日に開かれるのを目前に、一部の州で州議会の議事堂周辺に小規模の抗議グループが集まった。首都ワシントンの連邦議会議事堂が襲撃された事件以降、緊迫した状態が続いている。テキサス、オレゴン、ミシガン、オハイオなど各州において、州議会の建物付近で抗議行動者らの拘束が相次いでいる。  

  • 新たなコロナ変異種を加州各地で確認 サンタクララ郡ではクラスター  

    2021年01月18日

    【ロサンゼルス17日】カリフォルニア州の新型コロナウイルス感染者数が3百万人に迫る中、州全域で新型コロナウイルスの変異種「L452R」が見つかっている。その変異種は、イギリスで見つかった感染力の強い「B117」とはまた違うものだという。   カリフォルニア州公衆衛生局によると、この変異種は、十数ヵ所の郡で発見されており、サンタクララ郡ではクラスターが発生。この変異種の感染力についてはまだ不明で、検査ラボの判定精度が向上したために見つかる頻度が増えている可能性もある。   ウイルスは突然変異と適応を続けているため、引き続き感染対策のガードを緩めないよう、公衆衛生局は呼び掛けている。   また、ロサンゼルス郡では16日、イギリスで感染が拡大している「B117」の感染者が初めて報告された。この男性は現在、オレゴン州で自主隔離中だという。