連載・コラム “動く人”の活動NOTE

編集: Weekly LALALA - 2020年10月27日

『バーチャルギャラリーで、世界中に私のアートを見てほしい!』

 

Vol.6

Britney TOKYO さん

ネイルアーティスト

 

プロフィール

ネイルアーティスト

Britney TOKYOさん

LAを拠点に活動。各界の著名人を顧客に抱える世界で最も予約が取りづらいセレブネイルアーティスト。ネイルの枠を超えてファッション、アート界へも影響を与え、現在Speedyギャラリーにて自身のアート作品を展示中。

インスタグラム

@britneytokyo

 

 

現在、コロナによるネイルビジネスへの規制の中、どのような活動をされていますか。

規制で接客ができなかった時期には、商品開発や、アート作成、音楽活動など、この機会に今までやりたかった様々な事に挑戦しました。YouTubeでは、簡単に落とすことができないジェルネイルをしているお客さんが困っているだろうと思い、自宅でできるリムーバルや簡単なネイルアート動画をシェアしました。もともとお客さんの家へ出張してネイルサービスをするスタイルなのですが、そこでも規制通り外でネイルを行っています。

 

コロナ以前は個展を開かれるなど、アーティストとしても活動されていますが、現在進めているプロジェクトはありますか。

現在サンタモニカのSpeedyギャラリーでアート展示をしています。三密対策をとりながら実際にお越しいただけますし、バーチャルギャラリーも同時オープンしています。オンライン上なら世界中の人々に作品を見ていただけるのでワクワクしています。

 

自粛期間に始められたことはありますか。

Barbicideという消毒液の扱いに関して勉強しサティフィケートを取得しました。ネイルをする際に以前からこの消毒液を使用していたのですが、これを機にサティフィケートを得てSNSでアピールすることによって、同業者への消毒対策の呼びかけになるし、何よりお客さんに少しでも安心していただけていると思います。

 

この状況で前向きに活動し続けるコツはなんですか。

コロナで状況が変わったなら、それに合ったビジネスを展開していくだけです。周りのせいにするのではなく、柔軟な考え方を持つことが大切ですね。だから私は今回本当に色々なことを新たに始めたり挑戦したりしています。あとは「頑張ろう」ではなく「今日も楽しもう♬」って気持ちで仕事をしています。楽しい事を探すのがもともと好きなんです。

関連記事:その他の“動く人”の活動NOTE

  • 『看護師一同、団結して皆さんを守ります!』

 

Vol.18
Michele Tanigakiさん
神経外科 看護師

    『看護師一同、団結して皆さんを守ります!』   Vol.18 Michele Tanigakiさん 神経外科 看護師

    2021年01月26日 “動く人”の活動NOTE

    プロフィール 神経外科 看護師 Michele Tanigaki ニュージャージー州立大学看護学士学部を卒業。2年間脳卒中科で勤務をした後、ロサンゼルスに移住。現在は大学病院で脊椎外科・神経外科の看護師として働く。    具体的なお仕事内容を教えてください。 LAの病院の神経外科で看護師として働いています。勤務の日は朝7時から夜7時まで患者さんのケアを中心に幅広く業務をこなしています。看護師は本来それぞれ専門ユニットで働くことになっていますが、病院内がパニック状況にある今、ユニットの垣根を超えてヘルプし合う「team nursing」という方法をとっています。それにより、私もコロナ専門のユニットで勤務することがあります。   病院はどのような様子ですか。 フロアごとに一般の患者さんのエリアとコロナ感染者の方々のエリアに分かれています。私の勤務する病院は一般の患者さんのための部屋が足りず、廊下などにベッドを並べている状況です。病院内での感染拡大予防ため、看護師やスタッフはマスクにゴーグル、フェイスシールド着用と万全な装備でいますが、それでも入院中にコロナにかかってしまう方もいて、やはりいつもコロナと隣り合わせです。   プロの目線で、パンデミックがここまで続く理由は何ですか。 一人一人の自覚があと一息足りていないからだと思います。特に、若い人は体調不良をそのままにしてしまいがちなので、手遅れの状態になる前に疑いを持ち病院にかかることが重要です。また、大きな移動をして普段会わないような人々に会う時がより危険とされているので、やむを得ない場合は注意をして欲しいです。   この状況下に医療関係で働くミシェルさんは何を感じますか。 人との繋がりが濃くなった気がします。職場の人々とは今まで以上に団結し信頼し合える仲になりました。また、家族や友達から気にかけてもらい健康を祈ってもらった時、コーヒーショップで感謝の言葉とフリーコーヒーを頂けた時などにも、自分はこの人々のために働いているのだという自信が湧き、モチベーションにもなっています。世界中が大きな不安の中にいますが、私たちは「絶対に乗り切れる」という想いを持って働いています。  

  • 『病院薬剤師として薬やワクチンの管理をしています!』

 

Vol.17

澤田恵利花さん

病院薬剤師
 

    『病院薬剤師として薬やワクチンの管理をしています!』   Vol.17 澤田恵利花さん 病院薬剤師  

    2021年01月19日 “動く人”の活動NOTE

    プロフィール 病院薬剤師 澤田恵利花 アメリカの州立大学薬学部卒業。ニューヨークで一般医療、ロサンゼルスで感染症専門の研修を受けたのち、現在はロサンゼルスの一般病院で病院薬剤師として働く。一般の薬のみならず新型コロナウィルス用ワクチンの管理を行っている。日本の薬学教育の発展にも携わる。     病院薬剤師とはどのようなお仕事ですか。 一般病院のAcute Careで病院薬剤師として働いています。一般の患者さんからICU(集中治療室)に入られたコロナ患者の方々まで、皆さんに処方する薬のスケジュールと量の管理を行っています。パンデミックが始まってからは、コロナウィルスに効くとされる抗生物質や薬の臨床実験の準備という重要な仕事を任されています。また、最近は職員用のワクチンの準備や摂取者の整理が始まり更に忙しくなりました。政府から受け取ったワクチンは私のデスクの後ろにあるマイナス80度の冷凍庫で保管してあります!   ワクチンはどのくらい安全ですか。 正確なデータはまだ出ていませんが、副作用として発熱などが挙げられている一方で、効果がしっかりしていることも分かっています。この先ワクチンが更に普及するようになったら、必ず皆さんに受けて欲しいです。ただし、ワクチンを受けた後でもそれまでと同様にウィルスを十分に恐れ、注意して生活することが大切です。     パンデミック収束のために私たちがすべきことは何ですか。 一度は落ち着きを見せた感染者数が最近また急激に上がってしまった理由として、人々の油断心が挙げられます。引き続き、不必要な集まりを避けることが重要になってきます。特に空気がこもりがちな室内での集まりが危険です。        とても忙しい恵利花さんのがんばるモチベーションは何ですか。 ここ約一年、当たり前だったことが当たり前ではなくなり、困難な日々が続いていますが、日常が取り戻せるまでは我慢の時だと思って働いています。仕事は大変ですが、前代未聞のパンデミックの中で第一線として医療機関で働けることを光栄に思っています。自分を含めた皆さんが、なかなか会えなくなってしまった家族や友人に会える日が来るように、今は病院でより良いサービスを供給することに専念します。    

  • 『ボウリングを通して伝える。障害はリミットではない。』

 

Vol.16

ダニエル ガイゴルトさん
ボウリングジュニアリーグ・コーチ

    『ボウリングを通して伝える。障害はリミットではない。』   Vol.16 ダニエル ガイゴルトさん ボウリングジュニアリーグ・コーチ

    2021年01月12日 “動く人”の活動NOTE

    プロフィール ボウリングジュニアリーグ・コーチ ダニエル ガイゴルトさん 学生時代、身体障害を抱えながら選手としてバスケットボールやボウリングに励みUCLAを卒業。スペシャルオリンピックの監督としても10年間活動しており、現在は地元ボウリングチームのコーチとしてジュニアを導く。2015年に全米認定のコーチ資格を取得。 インスタグラム @ahoamericajin   ダニエルさんがコーチを務めるボウリングチームについて教えてください。 実家のボーリング場に来る子供達を指導し、全米トップレベルのチームにすることを目標に練習に励んでいます。昔は地元の小さな大会に参加するような小規模な集まりでしたが、現在ではシティー、カウンティ―、カリフォルニア州代表に選ばれる選手も増え、全米大会へと駒を進めてスカラシップで大学進学を目指せるほど大きくなりました。   スポーツに興味を持ったきっかけは何ですか。 生まれつき持った身体の障害のため、特別クラスで体育の授業を受けていた高校時代、そのクラスで先生のアシスタントとして、違った障害を持つ生徒一人一人をケアしつつ授業を進めるというやりがいのある仕事を任されていました。ある日、障害を持った人のためのスペシャルオリンピックの監督を務める方に偶然出会い、それから10年間その大会で選手兼監督として活動しました。この時の選手としての経験が障害者としてコーチングをすることの意義を見出すきっかけとなりました。   自身の体力にハンデがある中でボウリングを教え続けるのはなぜですか。 私にとってボウリングはスポーツの世界で健常者と繋がる手段の1つです。私自身がこの身で健常児を指導する事で、意外性・可能性を提唱する事ができます。自分のハンデを熟知することで、身体の構造を理解した上での指導ができますし、選手の悩みや不安に寄り添ってあげられます。障害を持ちながら指導を続けることが選手を強くする私の武器であり、この立場を通してチームに貢献することができます。   これからの夢は何ですか。 障害者に対する世間の偏見を無くすことです。子供達には障害のために自身で限界を決め、何かを諦めて欲しくないと思っており、ボウリングを通してそれを伝えて行くことが私にできることです。このチームを更に大きく強くし、ボウリングが手の届きやすいスポーツとして世の中に浸透していったら嬉しいです。  

  • 『書道アートで日系コミュニティを盛り上げ、伝統を広める。』

 

Vol.15

芳田 訓晴さん

書道アーティスト

    『書道アートで日系コミュニティを盛り上げ、伝統を広める。』   Vol.15 芳田 訓晴さん 書道アーティスト

    2021年01月05日 “動く人”の活動NOTE

    プロフィール 書道アーティスト 芳田 訓晴さん 書道家の祖父の影響を受け6歳から書道を始める。渡米後、日系コミュニティ・リトルトーキョーで行っていたボランティア活動をきっかけにLAを拠点に書道アーティストとして活躍を始める。新オープン予定の武道館のグッズ制作に貢献。 Kuniharuyoshida.com TerasakiBudokan.org @kuni_rhythm   ダンサーとして渡米後、どのような経緯で書道を始めたのですか。 書道アートを始めたきっかけは、仕事とダンスの合間に行っていた日系コミュニティでのボランティア活動で書道を披露したことでした。LAにいる日本人として、日系コミュニティに貢献するために出来ることを考えた時に、幼少時代から32年程続けており私の一部でもある書道で盛り上げていくことだと思いました。   リトル東京との繋がりは何がきっかけだったのですか。 LAに来てすぐに日本文化や伝統を祝うNISEI WEEKというイベントのボランティアに参加しました。当時英語が出来なかった私に良くしてくれた人々を通して繋がりが広がっていきました。その後はアート系のプロジェクトに参加しリトル東京の歴史について本気で学び始め、製作を担当した短編映画で最優秀賞を受賞したこともあります。   訓晴さんがリトル東京で書道を続けるのはなぜですか。 書道を通して自分のメッセージを表現し発信しすることが人々との心の繋がりになるからです。アートを一方的にパフォーマンスするのではなく、お互いの文化を認め尊重し合うことを経験できることが何よりも喜びです。ボランティアを行っていた時、言語の壁を突破するために 「色々な方法で気持ちを表現する大切さ」を学び、それが書道パフォーマンスの目的と重なっていると思います。   TERASAKI武道館のグッズにはどのような想いを込められていますか。 武道館はリトル東京のリーダー的団体LTSCによってスポーツやエンタメの場を通して異文化、異世代の交わりを目的とし建設されました。Tシャツをはじめとする武道館オリジナルグッズに印刷されている「道」という字は武道館のプロモーションビデオを製作した時に書いたもので、日本の伝統を広く感じてもらえるようにとの気持ちを込めています。これから先もずっとこのコミュニティに貢献していきたいと思っています。  

  • 『アロマオイルがアメリカで暮らす忙しいママと家族の健康を守る。』

 

Vol.14

ログスドン 沙恵子さん
Saeko’s ファミリーアロマ 代表

    『アロマオイルがアメリカで暮らす忙しいママと家族の健康を守る。』   Vol.14 ログスドン 沙恵子さん Saeko’s ファミリーアロマ 代表

    2020年12月22日 “動く人”の活動NOTE

    プロフィール Saeko’s ファミリーアロマ 代表 ログスドン 沙恵子 フロリダ州在住。二児の母。NPO法人を設立し子育て・人道支援活動をする中で、オイルの効能に感銘を受ける。 現在エッセンシャルオイルアドバイザー、認定アロマタッチ施術師として、特に米国在住の日本人ママをサポートするため全米で活躍中。 Saeko’s Family Aroma www.saekoaroma.com   沙恵子さんが広めるエッセンシャルオイルとは一体どのようなものですか。 エッセンシャルオイルは香りを楽しむだけではなく、健康管理のためにも活用できます。心や体に直接作用する天然オイルを肌に塗布したりサプリメントとして摂取したりすることで、自然治癒力をサポート、健康の土台作りを助けます。Saeko'sファミリーアロマでは、国際基準をはるかに超える認定純粋セラピー等級のオイルを使用しており、45か国以上の生産地を豊かにすることにも繋がっています。   沙恵子さんがオイルの力に助けられたのはどのような時ですか。 NPO法人を立ち上げて人道支援活動に力を入れるため大忙しだった大学院生の頃、疲れを癒すためにエッセンシャルオイルを利用していました。本格的に学び始めたのは長男が生まれた時で、突然けがをしたり、医者に行けない時に咳き込んでしまったりする子供の「小さな緊急時」を、オイルが安全かつ効果的にケアしてくれました。   オンラインウェビナーにはどのような方が参加されていますか。 「アロマに興味はあるけど始め方が分からない。」という主婦の方が、住んでいる地域の垣根を越えて多く参加してくださっています。アメリカで結婚し子育てをする私自身、医療システムだけに頼らずに自分や家族の健康を守る方法を模索してきました。同じように頑張るママたちに自分の知識と経験を伝え、一人でも多くのママがオイルを使って一家のホームドクターとなり、家族に安心の笑顔が生まれることが私のゴールです。   オススメのオイルを教えてください。 誰もが親しみやすいレモンオイルはストレスケア、体のデトックス、免疫サポートやむくみ対策まで沢山の効果があります。また、風邪・インフル予防や除菌にはオンガ―ドオイルをお勧めします。 ウェビナーでは香りを楽しむだけじゃないオイルの正しい摂取法をお教えしています。