全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2020年08月01日

トランプ大統領、「TikTok禁止に」

 

【ワシントン1日時事】トランプ大統領は7月31日、中国企業が運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国での利用を禁止する意向を示した。早ければ8月1日に対応策を決定する。

米の利用者は数千万人に上り、最も厳しい「全面禁止」に踏み切れば混乱も予想される。米中の対立が一層深まるのは必至で、日本など同盟国にも禁止を促す可能性が高い。

 

トランプ氏は31日夜、記者団に「米国での利用を禁じるつもりだ。あすにも文書に署名するだろう」と述べた。情報が流出すれば国家安全保障に深刻な脅威をもたらす恐れがあると判断した。大統領令の発出や、安保を理由とする制裁を定めた「国際緊急経済権限法」の発動を示唆した。

 

米政権はティックトック規制に向けて複数の選択肢を検討してきた。運営会社の中国・字節跳動(バイトダンス)に対してティックトックの米国事業売却を命じる案も浮上。売却先として米マイクロソフトが有力視されている。ロイター通信によると、ホワイトハウス関係者も交えて今後数日間、売却協議が続けられる予定。

 

ただ、トランプ氏はこの日、米国事業を切り離す案では満足せず、利用禁止を望むと明言した。

政権内の対中強硬派は、中国の法律が中国企業に当局への協力を義務付けていることを根拠に「情報が中国共産党に渡る」(ポンペオ国務長官)と警戒。中国が米大統領選に介入するため世論操作を行うと懸念する声もある。

 

ティックトックをめぐっては、既にインド政府が利用を禁じたほか、日本やオーストラリアが規制検討に着手した。

一方、ティックトック側は中国当局への情報提供を否定している。
 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • アマゾン、北米で10万人募集 通販需要増に対応  

    2020年09月14日

    【ニューヨーク14日時事】インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは14日、米国とカナダでフルタイムとパートタイムの従業員計10万人を新たに募集すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり需要で、通販の利用が急増していることに対応する。   発表によれば、新たに採用される従業員の時給は少なくとも15ドル(約1600円)から始まり、一部の都市では採用時の一時金として最大1000ドルが支給される。アマゾンは今月、物流拠点など100カ所を開設する見通しで、これらの拠点で多くの人手が必要になっている。   ロイター通信によると、アマゾンによる米国での人員募集は今年に入り4度目。臨時雇用などを除く同社の従業員数は6月末時点で、前年同時期から34%増の87万6800人に上っている。   同社の4~6月期決算は、新型コロナに伴う通販需要急増を追い風に、売上高、純利益ともに過去最高となった。    

  • 国枝、5年ぶり制覇
女子複の上地組V
全米テニス車いす

 

    国枝、5年ぶり制覇 女子複の上地組V 全米テニス車いす  

    2020年09月14日

      【ニューヨーク14日時事】テニスの全米オープン車いす部門は13日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)はアルフィー・ヒューエット(英国)に6―3、3―6、7―6で競り勝ち、5年ぶり7度目の優勝を遂げた。四大大会のシングルスでは今年の全豪オープンに続く頂点となった。   女子ダブルス決勝で第2シードの上地結衣(三井住友銀行)ジョーダン・ホワイリー(英国)組は、第1シードのオランダペアを6―3、6―3で破り、優勝した。   写真:トロフィーを掲げる国枝慎吾=13日、ニューヨーク    

  • 大坂、2年ぶり優勝
アザレンカを逆転で下す
全米テニス

 

    大坂、2年ぶり優勝 アザレンカを逆転で下す 全米テニス  

    2020年09月14日

      【ニューヨーク13日時事】テニスの四大大会、全米オープンは12日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、世界ランキング9位で第4シードの大坂なおみ(日清食品)が、元世界1位で四大大会2勝のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に1―6、6―3、6―3で逆転勝ちし、2年ぶり2度目の優勝を果たした。   大坂は2019年全豪オープン以来、3度目の四大大会制覇。次回発表の世界ランキングで3位に浮上する。優勝賞金は300万ドル(約3億2000万円)。   大坂は第1セット、第1ゲームでブレークを許すなど圧倒されて落とした。第2セットも第2ゲームで先にブレークされ0―2となったが、直後にブレークバック。主導権を奪い返し、セットオールとなった。最終セットも優勢に試合を進め、粘るアザレンカを突き放した。   写真:女子シングルスで優勝し、優勝トロフィーを持つ大坂なおみ=12日、ニューヨーク    

  • 山火事拡大、死者20人超に
デマも拡散

 

    山火事拡大、死者20人超に デマも拡散  

    2020年09月12日

      【ロサンゼルス12日時事】米西部で猛威を振るう山火事は11日も拡大し、米メディアなどによると、死者数は合計で20人以上に達した。オレゴン州では数十人の安否が分かっておらず、さらに犠牲者が増える恐れがある。ソーシャルメディアでは過激主義グループが組織的に火を放ったことが出火原因とするデマが拡散し、捜査当局は否定に追われた。   全米省庁合同火災センターによると、11日時点で西海岸を中心にカリフォルニア州など12州で100件の大規模な火災が起きており、四国の面積に相当する約1万8400平方キロを燃やした。西海岸一帯は煙に覆われ、視界の悪い状態が続いている。    オレゴン州では放火の疑いで極左や極右の活動家グループが逮捕されたという投稿が出回ったが、地元捜査当局が相次いで否定。連邦捜査局(FBI)の地元事務所は声明で「陰謀論や誤情報は、24時間体制で活動している地元の消防や警察から貴重な資源を奪っている」と強調し、根拠のない情報を拡散しないよう呼び掛けた。   写真:サンフランシスコで、オレンジ色に染まった空=9日    

  • コロナ流行の中、異例の追悼
米同時テロから19年

 

    コロナ流行の中、異例の追悼 米同時テロから19年  

    2020年09月11日

      【ニューヨーク11日時事】日本人24人を含む約3000人が犠牲になった2001年の米同時テロから19年の11日、最大の死者を出したニューヨークをはじめ各地で追悼式典が開かれた。新型コロナウイルス流行が続く中、今年は一部をオンラインに切り替えるなど異例の形での追悼となった。   ハイジャックされた旅客機2機が衝突して倒壊したニューヨークの世界貿易センタービルの跡地「グラウンド・ゼロ」の式典では例年、遺族が犠牲者一人一人の名前を読み上げるが、今年は感染拡大防止のため、遺族による名前読み上げを事前に収録し、現地で放送。式典参列者も原則遺族に限定された。式典にはペンス副大統領や民主党のバイデン前副大統領がマスク姿で出席し、あいさつを交わした。   別の1機が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルでも式典が開かれ、トランプ大統領は演説で「米国は国民を脅かすテロリストを追う手を決して緩めない」と強調した。同州は11月の大統領選の激戦州の一つで、バイデン氏もこの後現地入りする。   一方、別の1機が突っ込み、職員ら184人が死亡した首都ワシントン郊外の国防総省でも式典を開催。例年より出席者が絞られる中、エスパー国防長官が「9月11日には毎年、この国の自由を守るという決意を新たにし、米国民としてあの日に失われた命を決して忘れないという誓いを再確認する」と犠牲者を追悼した。 写真:11日、米同時テロでハイジャック機が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルで、演説するトランプ大統領