連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年07月26日

Vol.21 人気のヘンプ美容 CBDコスメを試してみました!

私がCBDを生活に取り入れるようになってから約2年が経ちますが、ずっと気になっていてまだ経験していなかったものがあります。それはCBDコスメ!

 

ロサンゼルスではCBDやヘンプオイルを使ったパック、美容液、フェイスクリーム、リップ、石鹸からシャンプー ・コンディショナーまで、幅広いアイテム展開で人々を魅了しています。

私自身は、肌トラブルとはあまり縁がないタイプで(美肌大国、母方の韓国の血に感謝!)、たまに生理前かお菓子を食べ過ぎた時におでこにできるくらいですが、肌荒れでお悩みの方からのCBDの評判は良いようです。

 

人々を悩ますニキビやアトピーなどの肌トラブル、そしてエイジング。はたしてCBD効果は期待できるのでしょうか・・・。

 

人間の体には頭のてっぺんからつま先、内臓にまでCBD受容体があり、皮膚にもあります。皮膚の表面だけではなくさらに毛穴、なんと皮脂腺にまで。

CBDには抗炎症作用・抗酸化作用があり、肌にはCBD受容体があるということは、論理的にみると肌への効果が期待できます。

CBDの抗炎症作用がニキビの炎症を抑え、さらに皮脂腺が分泌する皮脂の量を調節しアトピーなどによる乾燥肌をやわらげるほか、抗酸化作用が働き、アンチエイジング効果に繋がります。

 

研究者や業界関係者の一部では、十分な研究が人間の肌で行われていないのが現実だと、指摘する声もありますが、その声をよそにCBDコスメの注目度は高まっています。

 

私の友人は日焼けで真っ赤になった肌にCBDクリームを塗ったら、すごくよくなったと話しています。抗炎症作用の効果のおかげということでしょうね。

 

先日は、Blue Dreamzツアーでクライアント様と立ち寄ったCBDショップで、物は試しと思い、アイソレートのCBD 30mg(CBD以外のカナビノイドは入っていません)と、アロエが入ったコラーゲンマスクを購入。

一枚で$20と少しお値段は張るのですが、お店のお姉さん曰く、中の美容液は捨てずに3~4回は使えるわよ、とのこと。

© Weekly LALALA
写真左/店頭でも相当売れているそうです。 写真中/パックを浸してある中の美容液。 写真右/使用感は普通のパックと変わりません。

 

さっそく使ってみました!

感想は、若干アルコールの刺激でピリピリ感はありましたが、パック後のお肌はモチモチ!コスメは、使い続けてみてこそ効果がわかるというもの。また試してみようと思います!

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 


■アドバイザー
Blue Dreamz
茨城県出身、2010年にファッションバイヤーになるのを夢見て、1年間の語学留学でロサンゼルスに渡米。その後メルローズ沿いの洋服屋に販売員/マネージャーとして勤務、独自のセンスを生かし、自身のセレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中でカリフォルニアの医療用大麻というものを知り、日本との大麻に対する価値観の違いに衝撃を受け、自らリサーチを始める。
「日本人にとって大麻はドラッグのイメージがあります。小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国の事情をお届けし、少しでも偏見がなくなればと思います」


インスタグラム @bluedreamz

 


 

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.28   ハイになる食べ物、エディブル その1

 

    Vol.28   ハイになる食べ物、エディブル その1  

    2019年09月13日 マリファナのおはなし

      マリファナを燃やして吸う、ベープする他にも人気のマリファナの摂取方法があります。それはTHCやCBDが含まれている食べ物、エディブルです。 ディスペンサリーに足を踏み入れると同時に、エディブルに馴染みのない日本人の度肝を抜かれるのが、エディブルの圧倒的な品揃えです。グミ、チョコレート、クッキー、ミンツ、はちみつ、プレッツェルや飲み物、健康志向なアメリカならではのグルテンフリーやビーガンオプションに至るまでのバラエティの豊富さに驚かれることでしょう。 マリファナがまだ違法とされている国ではなかなか聞き慣れないマリファナの摂取方法ですが、こちらロサンゼルスでは「エディブルしかやらない!」という人もいるくらい、とても重宝されているんです。

  • Vol.27

ロサンゼルスの大麻リキッド、

Vape事情 その2

 

 

    Vol.27 ロサンゼルスの大麻リキッド、 Vape事情 その2    

    2019年09月06日 マリファナのおはなし

    前回紹介した、オイルカートリッジをコイルタイプのバッテリーに取り付けて吸う一般的なvapeペンももちろん人気ですが、現在カリフォルニアに存在するVapeブランドは各社オリジナルのVapeペンを発売し、人気を争っています。 その中でも先駆者となったのがPAX Era(パックス・エラ)とStiiizy(スティーズィー)です。

  • Vol.26

ロサンゼルスの大麻リキッド、Vape事情 その1

 

 

    Vol.26 ロサンゼルスの大麻リキッド、Vape事情 その1    

    2019年08月30日 マリファナのおはなし

    Vapeペンと聞いてもピンとこない人も多いはず。日本では「大麻リキッド」などと呼ばれていますが、アメリカ全土ではマリファナの成分を凝縮したオイルを気化して吸うもの全般をVape(ベープ)ペンと呼びます。最近ではCBDのベープも人気です。

  • Vol.25 摂取しているマリファナ製品は安全?

 

    Vol.25 摂取しているマリファナ製品は安全?  

    2019年08月22日 マリファナのおはなし

    現在カリフォルニアのマリファナ市場に出回っている製品は数え切れないほどありますが、市場で売っているマリファナ製品が安全なものかどうか、どうやって見極められているのでしょうか?安全に対する基準などは設けられているのでしょうか?   「州に認められた検査機関での検査」 カリフォルニアでマリファナが嗜好品として合法になってから、子どもによる誤飲や誤食を防ぐためのチャイルドレジスタンスパッケージの義務化(記事参照)以外にも加わった法律があります。製品の安全性を証明するための法律です。   カリフォルニア州が認めた検査機関で検査を行い、その検査を通過して、検査結果を識別できる個別番号と検査をした機関名を製品のパッケージに表示しないと市場では販売できないという法律が2018年にできました。それに加え、製造年月日と消費期限の表示も義務付けられています。検査はラブテスト(Lab=研究所、test=検査)と呼ばれ、検査結果をCOA(Certificates Of Analysis)と呼びます。

  • Vol.24 カリフォルニアでマリファナを喫煙できる場所。

運転中はOK? or  NOT OK?

 

    Vol.24 カリフォルニアでマリファナを喫煙できる場所。 運転中はOK? or  NOT OK?  

    2019年08月16日 マリファナのおはなし

    私の住んでいるロサンゼルスをはじめカリフォルニア州でマリファナは、嗜好品として21歳以上であれば誰でも購入、使用することができます。マリファナとの付き合い方も人それぞれ。これが生きがいとばかりに毎日マリファナを楽しむ人もいれば、週末にだけ楽しむ人、マリファナが体に合わないため一切使用しない人もいます。カリフォルニアでのマリファナの存在は、いわゆる日本人にとっての要であるお酒のような存在といった感じでしょうか。 SNSなどでは人々が屋内や屋外の音楽フェスなどでマリファナを楽しんでいる様子をたびたびみます。カリフォルニアもそうですが、マリファナが合法化されている州では、マリファナを嗜む場所が法律で定められています。特に気を付けたいのが「ハイになった状態での運転」と「公共の場でのマリファナの喫煙」です。