全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2020年06月17日

相次ぐ黒人首つりで波紋
捜査要求の声強まる

 

 

【ニューヨーク17日時事】カリフォルニア州で、黒人男性2人が相次いで木の枝から首をつった状態で死亡しているのが見つかり、波紋を呼んでいる。警察当局は初期捜査で、自殺と判断したが、全米で人種差別に反対する抗議デモが続く中、徹底捜査を求める声が強まっている。

 

米国ではかつて、白人が黒人を木の枝にぶら下げて私刑(リンチ)殺害する事件が多発し、人種差別の象徴と見なされている。

 

米メディアによると、カリフォルニア州ビクタービルの図書館付近で5月31日朝、マルコム・ハーシュさん(38)が木の枝にUSBケーブルを巻き付け、首をつって死亡している状態で発見された。約80キロ離れたパームデールの市役所付近では今月10日未明、ロバート・フラーさん(24)が木にくくり付けた縄で首をつり、死亡しているのが見つかった。

 

地元警察当局は、いずれも事件性を示すものがないとして初期捜査で自殺と判断したが、パームデールでは徹底捜査を求める抗議デモが発生。これを受け、連邦捜査局(FBI)も15日、捜査を監督すると発表した。州司法長官も現地への捜査官派遣を決めた。

 

2人の遺族は自殺の兆候はなかったと主張している。ハーシュさんの遺族は地元メディアへの声明で「死ぬ方法は多数あるが、現在の人種問題をめぐる緊張を考慮すると、黒人男性が木で首をつるのはしっくりこない」と訴えた。

 

一方、ニューヨーク市マンハッタン・ハーレム地区の公園では最近、木の枝に絞首刑に使うような縄が掛けられているのが見つかった。ニューヨーク州のクオモ知事は6日、ツイッターで「憎悪の典型でこの国の人種差別の過去のあしき象徴」と述べ、「不快だ」と批判。警察で憎悪犯罪(ヘイトクライム)を担当する部署に捜査を指示した。


写真:自殺と即断した警察に抗議する人々=13日、パームデール

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • メトロが選挙日の乗車無料化 郵便投票の投函箱を駅前とバス停に設置  

    2020年10月08日

    【ロサンゼルス8日】ロサンゼルス郡都市圏交通局(メトロ)は8日、大統領選挙が行われる11月3日に、電車とバスの乗車代金を無料にし、有権者への投票参加をサポートする方針を決めた。また、新型コロナウイルス対策として今回増えることが予測される郵便投票について、郵便投票用紙を投函できる「ballot drop-off boxes」が、19カ所の駅とバス停前に設置された。   10月24日から11月3日まで、ユニオン駅とエル・モンテ駅は正式な投票所として利用される。また、ロサンゼルス郡の「Registrar-Recorder/County Clerks’ office」は10月24日から11月2日まで、移動式投票センターのバンで、電車とバスの乗客用駐車場を巡回する。    

  • 双子の娘を刺殺した後に父親自殺 プレセンティア  

    2020年10月07日

    【ロサンゼルス7日】オレンジ郡プレセンティアの住宅で7日深夜0時過ぎ、父親が9歳の双子の娘を刺殺する事件が起きた。父親のティモシー・タケハラ容疑者(41)は、住宅から道を隔てた草の上で、自らを刺して死亡しているのが見つかった。   警官によると、刺殺された姉妹は住宅のリビングルームで見つかった。別の部屋で姉妹の母親と、タケハラ容疑者の母親が寝ており、事件に気付いた母親が通報した。警察は、昨年9月にも大人同士の口論が原因で通報を受けてこの住宅に駆け付けていた。詳しい事件の背景などを捜査している。    

  • 7000ドル分のフットボール用具盗難で36歳男を逮捕  

    2020年10月07日

    【ロサンゼルス7日】チノのアヤラ公園の倉庫から2日に7000ドル相当のユース用フットボール用具が盗まれ、6日に、ポモナ在住のオマー・グテレス・モンロイ容疑者(36)が逮捕された。   被害にあった公園関係者が5日に、盗まれた用具がオンラインで転売されているのを発見して警察に通報した。これを受けて転売者の自宅を捜索した結果、盗まれたフットボール用具のうちの4800ドル分が見つかり、盗難車や麻薬関係の道具も押収した。警察当局は、フットボール用具の購入者特定に向けた捜査を行なっており、一般からの情報提供も求めている。    

  • FWY405沿いの丘に「TRUMP」のサイン出現  

    2020年10月06日

    【ロサンゼルス6日】ロサンゼルスのフリーウェイ(FWY)405号に沿った丘陵地に6日朝、ハリウッドサインと同様の白文字で「TRUMP」とつづられた高さ10フィートのサインが現れ、ドライバーの通報を受けたカリフォルニア州運輸当局が同日午前9時までにサインを撤去した。   サインが建てられたのは、セプルベダ・パス近くのFWY405号を見下ろす丘で、サインの写真を撮ろうとするドライバーでフリーウェイはさらに混雑した。警察当局が、サインを設置した人物の特定に向け捜査を行っている。    

  • アジア系差別の女に47日の禁固刑 ウィルソンパークでの事件では起訴されず  

    2020年10月06日

    【ロサンゼルス6日】トーランス市のウィルソンパークで今年6月に、運動をしていたアジア系女性に人種差別用語を浴びせたロングビーチ在住のレナ・ヘルナンデス被告(54)に6日、デルアモ・ファッションセンターでアジア系女性を押し倒した昨年10月の容疑で47日間の禁固刑と、3年の保護観察、1年間のアンガーマネジメント・クラス受講が言い渡された。同被告は、容疑に対して不抗争を申し立てた。   これに対して被害者は、刑罰が軽すぎるとし、禁固6カ月間の最高刑が科されるべきだと訴えた。ウィルソンパークでの事件について検察側は、刑事責任を問うための証拠が不十分として不起訴とした。容疑者にはまた、保護観察期間中、デルアモ・ファッションセンターへ行くことが禁じられた。