全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月26日

ティファニー、仏LVMHへ身売り

 

写真:ニューヨーク5番街のティファニー本店

 

【ニューヨーク26日時事】宝飾品大手ティファニーが「ルイ・ヴィトン」など高級ブランドを展開する仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)への身売りを決めた。

売却額は162億ドル(約1兆7700億円)と業界では過去最大規模。バッグや宝飾品、コニャックに至る幅広いブランドを擁する「帝国」の傘下で、ティファニーは一段の成長を目指す。

 

182年の歴史を持つティファニーは「米国の象徴」とも言える老舗ブランドだ。世界に300以上の店舗を持つが、売上高の約1割をニューヨーク5番街に構える本店が占める。同店はオードリー・ヘプバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」の舞台としても知られ、多くの観光客が訪れる。

 

ただ、ティファニーの足元の業績はさえない。米中貿易摩擦の影響で米国を訪れる中国人観光客が減った上、ドル高の進行も逆風となっている。

 

一方、LVMHは積極的なM&A(合併・買収)で規模を拡大し、現在は「ブルガリ」「タグホイヤー」など75のブランドを傘下に持つ世界最大手。ティファニーは巨大資本を後ろ盾に商品開発や海外展開などを強化し、米市場や中国人客に依存する収益構造から脱却したい考えだ。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • ドジャース球場、1億ドルの改修工事へ

    2019年07月26日

    【ロサンゼルス 7月23日】ドジャース球場で、今シーズンが終了した後、1億ドルをかけた改修工事が行われることが23日の会見で発表された。2020年の完成を目指す。   会見では、ドジャース球場で開催される2020年オールスター・ゲームの公式ロゴもお披露目された。改修工事の目玉は、レストラン、ビアガーデン、スポーツバー、子供の遊び場などを備えた広さ2エーカーのセンターフィールド・プラザや、バーを備えたレフトとライト・フィールド・パビリオン、アウトフィールドの壁を超えたエリアへの「ホームラン・シート」の設置など。   音響設備も最新化され、元プロ野球選手で現在ドジャースの特別アドバイザーを務めるサンディー・コーファックス氏の銅像も建てられる。  

  • Dランドで殴り合いの家族3人に有罪判決

    2019年07月26日

    【ロサンゼルス 7月23日】アナハイム市ディズニーランドの「Toontown」で今月5日に、殴り合いのケンカをしている様子が携帯電話の動画で一般に流れ批判を浴びていた家族3人に対し、オレンジ郡検事局は23日、有罪判決を下した。   3人は、ラスベガス在住のアベリー・ロビンソン被告(35)、その姉でコンプトン在住のアンドレア・ロビンソン被告(40)と夫のダマン・ペトリー被告(44)。 他の来園者が止めに入る中、子どもの目前で殴り合い、ロビンソン被告は、暴力や脅迫容疑を含む5件の重罪などで起訴された。  

  • グレンデール市で大規模停電 猛暑の中、変圧器故障

    2019年07月26日

    【ロサンゼルス 7月24日】南カリフォルニアで猛暑が続く中、気温が90度に達したグレンデール市で24日、2度の大規模停電が起きた。   グレンデール市水道電気局によると、停電はグレンデール市のほぼ全世帯で起き、その他、近隣のラ・クレセンタ、エコ・パーク、イーグル・ロックの一部にも被害が及んだ。   グレンデール市を最初の停電が襲ったのは午前11時15分頃で、一部で修復した直後に再び停電した。24日の日没時には回復した。変圧器の故障が原因だった。  

  • FBへ逆風収まらず=個人情報流出で巨額制裁金

    FBへ逆風収まらず=個人情報流出で巨額制裁金

    2019年07月26日

    【シリコンバレー 7月23日 時事】米交流サイト最大手フェイスブック(FB)の個人情報流出問題をめぐり、米連邦取引委員会(FTC)は24日、同社が50億ドル(約5400億円)の制裁金を支払うことで和解すると発表した。インターネットで大きな影響力を持つ巨大IT企業への監視は強まる一方で、逆風が収まる兆しはない。   「制裁金の巨額さと広範囲な是正措置はFTCの歴史上、前例がない」。FTCのサイモンズ委員長はこう強調した。和解では、FBの個人情報保護の取り組みを監督する仕組みも導入する。またFBは、ソニーやマイクロソフトに許可していた友人情報の共有を打ち切る。   制裁金額は2018年の年間売上高が550億ドルに上るFBには不十分との声もある。FBは収益の大半を利用者の個人情報を用いたデジタル広告で稼ぐ。和解案に反対したチョプラFTC委員は「違反を招いた事業モデルにほとんど変更を加えていない」と批判した。    一方、FBは24日、和解とは別に反トラスト法(独占禁止法)違反の有無に関し、6月にFTCから調査の開始通知を受けたと明らかにした。23日には米司法省が独禁法違反でFBを含めた巨大IT企業の調査に乗り出すと表明したばかり。FBが主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の発行計画も各国・地域の通貨当局などから反発を招いており、当局とのせめぎ合いは続きそうだ。

  • NYで停電、一時7万人超に影響

    NYで停電、一時7万人超に影響

    2019年07月19日

    【ニューヨーク 7月14日 時事】ニューヨーク市の中心部で13日夜、繁華街タイムズスクエアを含む一帯が停電した。 CNNテレビなどによると、一時、7万人以上が影響を受けた。一部の地下鉄駅が停電したほか、エレベーターに人が閉じ込められるなどの混乱が生じた。 電力会社は、同日中に電力供給が復旧したと発表。停電は変電設備の火災が原因とみられている。   土曜夜の停電となり、ブロードウェーの公演も一部中止となった。デブラシオ市長は「設備の問題だ」と述べ、市民に冷静な対応を呼び掛けていた。停電に伴うけが人などは伝えられていない。   ニューヨークではちょうど42年前の1977年7月13日に大停電が発生し、市内の大半が影響を受けた。