Vol.39 WBCでの挑戦(Weekly LALALA 727号掲載)

亀田和毅コラム
EL MEXICANITO 夢へ一歩一歩


Vol.39  WBCでの挑戦

メキシコに来て約1か月。ここでは、標高の高い山を走っての高地トレーニングも取り入れてハードに鍛えぬいてます!キツいけど空気がきれいですごく爽快だし、大自然の景色を目の前にエネルギーもたくさんもらってます。
先日はWBC(World Boxing Council)の記者会見に参加してきた。1月21日にメキシコシティで行われるWBC主催のマラソンレースの開会表明会見。毎回、年齢・性別関係なくたくさんの人たちが参加するこのレースは、今年で5回目。ボクシングだけでなく、スポーツを通してみんなで一生懸命にゴールに向かって走る場を提供する素晴らしい団体だと思う。
直接ボクシングの表明会見とは違うけど、久々にWBCの会見の場に立って、次の試合への闘志がめらめらと燃えてきた。
俺のWBCのランキングは6位。そして、今のWBC世界スーパーバンタム級チャンピオンは、メキシコのレイ・バルガス選手。このバルガス選手とは俺がアマチュア時代の2007年末にメキシコ開催の大会「グアンテス・デ・オロ」で、バンタム級決勝戦で対戦したことがある。唯一、黒星をつけられた相手。
その時の悔しさは10年以上経っても忘れられないし、プロとなった今、今度は世界戦という形で彼との試合を実現させたい。実現したら必ず倒します!

亀田 和毅(かめだ ともき)
戦績 36戦34勝(20KO)2敗 ニックネーム:エル・メヒカニート(メキシコの少年) 1991年生まれ、大阪府出身 タイプ:多彩な角度と圧倒的なスピードで繰り出される左ジャブ、パンチ力を秘める左ボディーと右ストレートを得意とする右ボクサーファイター。 日本人初のWBO世界チャンピオン 第20代WBO世界バンタム級チャンピオン

シェア