Vol.34 世界トップの名騎手(Weekly LALALA 722号掲載)

亀田和毅コラム
EL MEXICANITO 夢へ一歩一歩


Vol.34  世界トップの名騎手

僕は、馬券は買わないのですが競馬予想が好きで、今年の日本ダービーは1着と2着の予想をぴったりと当てました。
アメリカでも競馬は人気だと聞いています。アメリカのクラシック三冠といえば、ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス。日本だと、皐月賞、日本ダービー、菊花賞があります。
先日は世界トップの名騎手、ライアン・ムーア騎手と食事をしました。競馬ファンならずとも世界的に知られるムーア騎手はイギリスを拠点として活動していて、日本でのレースでも活躍しています。
その経歴をみてみると、2010年のダービーステークス(イギリスのダービー)をワークフォースで征してダービージョッキーとなり、その年には同じワークフォースとのコンビでフランスの凱旋門賞も征しました。日本のレースでは、朝日杯フューチュリティステークス、エリザベス女王杯、ジャパンカップ、マイルチャンピオンシップなどを征しています。
そんな世界を舞台に活躍するムーア騎手と色々な話をすることができました。種目は違いますが、目指す場所は同じです。僕も世界を目指して頑張ります!

亀田 和毅(かめだ ともき)
戦績 36戦34勝(20KO)2敗 ニックネーム:エル・メヒカニート(メキシコの少年) 1991年生まれ、大阪府出身 タイプ:多彩な角度と圧倒的なスピードで繰り出される左ジャブ、パンチ力を秘める左ボディーと右ストレートを得意とする右ボクサーファイター。 日本人初のWBO世界チャンピオン 第20代WBO世界バンタム級チャンピオン

シェア