LA初!着付けコンテスト 山野流着装教室が主催(Weekly LALALA 765号掲載)

LA初!着付けコンテスト 山野流着装教室が主催
All photos by Ken Terauchi

着物姿とおして美しく
 着物の着付けをはじめ、“髪・顔・装い・精神美・健康美”の美道5大原則を取り入れ、女性が着物姿をとおしてすべてにおいて美しくなれるよう教えてくれる山野流着装教室。今回、毎年10月に東京で開催される着付け全国大会の予選コンテストを日本各地に加えてロサンゼルスでも初めて実施した。8名の出場者は、いずれもLA在住。小紋自装の部、振袖自装の部、振袖他装の部の3種目でいずれも鏡を使用せず15分以内に終えなければならない。
 山野愛子ジェーン宗家も日本から訪れ、会場となったコロナ市のヤング・アメリカン・カレッジの学生や山野美容芸術短期大学学生70名が見守る中で競技開始。手早く着物を着終えて帯を形作る段階になると、1枚の細長い布が複雑に折りたたまれ、ゴージャスに背を飾り観客を惹きつける。真っ先に着終えたのはアンドリュース・みどりさん、小紋自装で9分。今年4月末から教室に通い始め、初伝を終えて間もない。13分ごろには全員が着付けを終えた。競技終了の合図とともに、参加者たちは審査員の前に進み出て、前姿、横姿、後姿を披露。審査のポイントは衿もと、おはしょり、帯のバランスなど多岐にわたるが、立ち居振る舞いも含まれる。
 優勝したのは小紋自装のコリーン・シュさん。準優勝は瀬端正世さんで、お嬢さんをモデルに振袖他装の部に出場した。フレンドシップ賞は振袖他装の部でサチコ・ペリーさん。受賞者も惜しくも賞を逃した参加者も、本気で練習を積み重ねてきた者にしか得られない大きな感動に包まれていた。山野流着装教室は資格を持つ講師が丁ねいに基礎から教えてくれる。興味を持った方はぜひ一度体験に訪れてみよう。


山野流着装トーランス教室
着付けレッスンは月~金の午前/午後/夜で、1~3名の少人数クラス。
入会金$30、月謝$80(月3回)。また、出張着付けも受け付けている。
詳細問い合わせは吉見(きちみ)まで:
(818) 731-7018
aikakukichimi@gmail.com


Weekly LALALA ホームに戻る

シェア