LAドジャース・ ファンデーション 主催 現役選手が小学校訪問 絵本の読み聞かせ開催(Weekly LALALA 763号掲載)

LAドジャース・ ファンデーション 主催 現役選手が小学校訪問 絵本の読み聞かせ開催
ダウンタウンの小学校で50名の生徒に読み聞かせをしたストリップリング投手

 LADF(LosAngelesDodgers Foundation)がスポンサーのカルピコとともに9月18日、現役選手が参加するイベントを開催した。ロス・ストリップリング投手がダウンタウンの小学校で、50名の生徒に読み聞かせを行った。図書館に集まった子どもたちは、ストリップリング投手が入室すると歓声を上げて喜んだが、本の読み聞かせが始まると静かに聞き入っていた。2冊の本を読了すると、一人ひとりにドジャースの帽子とTシャツ、カルピコのセットが配布された。
 1995年に設立されたLADFは、LAドジャースの公式チームチャリティー。ロサンゼルス近郊の恵まれない子どもたちをサポートするため活動している。主要なパートナー企業とともに、さまざまなコミュニティにおいて、スポーツ+レクリエーション、教育+リテラシー、健康+ウェルネスを三本柱とした青少年や地域社会に役立つプログラムを実施し、地方の非営利団体に助成金を提供している

50名の生徒たちは現役選手によるイベントに大喜びだった

Weekly LALALA ホームに戻る