EXILE NESMITH × 松倉友二(J.C.STAFF) 特別対談 <前編>(Weekly LALALA 791号掲載)

OTAQUESTとは
次世代をリードする「OTAQUEST(オタクエスト)」(www.otaquest.com)は、日本のポップカルチャー&サブカルチャーニュースや情報をアメリカをはじめとした英語スピーカーのファンに向けて発信。同プロジェクトチームとして、日本のエンターテイメント業界トップのLDH JAPANの総勢力をあげて世界中に最新のコンテンツを提供している。OTAQUESTのウェブサイト上では英語スピーカーのファンに向けて、クリエイターやディレクター、業界のリーダーたちへのインタビューのほか、日本で注目のトピックなどを紹介するコンテンツも掲載。
LAでOTAQUEST LIVE開催 7/3(水)
またOTAQUESTは、ジャパニーズポップシーンの魅力をロサンゼルスに広めるべく「OTAQUEST LIVE」を開催。2019年「OTAQUEST LIVE」はロサンゼルスのThe NOVOで7/3(水)に開催される。ライヴの詳細は、 https://live.otaquest.com/ にて。

EXILE NESMITH

EXILE NESMITH
2007年新生JSoulBrothersのメンバーに抜擢。2007年8月、EXILE LIVE TOUR 2007「EXILE EVOLUTION~SUMMER TIMELOVE~」で初パフォーマンス。2009年2月25日、J Soul Brothersメジャーデビューアルバム「J Soul Brothers」にてメジャーデビューを果たし、同年3月にEXILEに加入。2012年には二代目J Soul Brothersの5人より構成されたユニット、THE SECOND from EXILE 始動。その後、写真展「Xシリーズで綴る写真展『写真すること』」に参加のほか、DANCEEARTH音楽プロジェクト“DANCE EARTH PARTY”「イノチノリズム」リリースなど、活躍の幅を広げる。

松倉友二 まつくらゆうじ
ゲーム業界を経て1992年にアニメーション制作会社J.C.STAFFに入社。まもなくして異例の若さでプロデューサーに抜擢され、以来、数々の話題作を手がける。ジャンルや流行に縛られることなく、多彩な作品を生み出し続けている同スタジオのレジェンド。
J.C.STAFF 1986年創業のアニメーション制作会社。代表取締役はタツノコプロ出身の宮田知行。社内に演出、作画、背景美術、コンポジット、3DCG制作の機能を持ち、一貫した制作体制でOVA作品や劇場作品、TVシリーズをコンスタントに生産。4月からはTVアニメ『ワンパンマン』『叛逆性ミリオンアーサー』がスタート。
 

2018年7月から全12話が放送され、3月20日にはその続きである第13〜15話が一斉配信&発売されたアニメ『ハイスコアガール』。1991年から1995年にかけて登場したアーケードゲームを題材に、その時代を生きる少年・少女たちの青春を描いたラブストーリーは、国内外で大きな反響を呼んでいる。
そしてNESMITHもまた、その時代性あふれる作品の世界観に胸を打たれたひとりだ。
観れば懐かしく思わずにいられない本作品の魅力を紐解くため、今回はアニメーション制作統括・松倉友二(J.C.STAFF)のもとを訪れた。

NESMITH(以下N):今回J.C.STAFFさんのスタジオも拝見しまして、いやあ、すごかったですね。
松倉友二(以下M):楽しくなかったでしょ?(笑)
N:いえいえ、純粋に楽しかったです。僕らはTVででき上がったものを観させていただいているので、そこにいたるまでの過程や人数感を目の当たりにできて。また「中に入って大丈夫かな?」って思わされたほどの緊迫感もありました。
:うちはアニメ業界のなかでもトップクラスのスタッフ数を抱えていて、編集と音響以外は全部社内でできる体制にしているんですよ。ここまでやる会社は少ないですけども。
:それだけたくさんの方々が夢を持ってやっているのかなって考えさせられながらスタジオ内を見させていただきましたね。やっぱり演出をやっている方は監督だったり、作画をやられている方はキャラクターデザインだったり、将来目指しているものがあるんですよね。
:それぞれ職人さんなのでその道を極めて前に進んでいくんですけど、もちろん必ずしもそうなれるわけじゃない。ただ絵を描いていれば監督になれるわけではないし、僕みたいに制作をやっていて、そこから演出や監督になっていく人もいます。やりたいことを見つけられればいろんなことがやれるけど、見つけられないと消えていってしまうんですよね、シビアな話。
:今回改めてアニメにここまで人を感じることができたので、今後観るときもピシッと背筋を伸ばして観ちゃいそうな話ですね。
:ながら観とか1・7倍速で観るのではなく(笑)。私はいろんなタイプのアニメを作っています。それは型にはまらないいろんなアニメを作っていこうという思いなんですね。そこも楽しんでほしいですよね。
:となると今回の本題である『ハイスコアガール』は、J.C.STAFFさんとしても新感覚な作品だと思いました。
:そうですね。ラブコメの作品は今まではあったんですけど、まず表現方法としてキャラクターをフル3DCGでやっている。あとは題材がレトロゲームというね。個人的にはレトロじゃない! 現役だって言いたいですけど(笑)。


その時代を通ってきた世代だからこそ、
『ハイスコアガール』の雰囲気にリアルを感じるんですよね
― NESMITH ―

若いころに入れ込んだものは、いつまで経っても色褪せないんです
― 松倉友二 ―

■Category ANIMATION
Title『ハイスコアガール』
Blu-ray / DVD「STAGE1〜3/EXTRA STAGE」発売中・Netflixにて全話配信中

時代は1991年。次々と登場する新作ゲームに胸を躍らせ、小学生にしてゲームセンターの虜になっていた主人公・矢口春雄と、同じく小学生で天性のゲーム少女・大野晶との出会いと青春を描いた“アーケードラブコメディ”。2018年7月よりTV放送された第1〜12話ではふたりが高校生となる1995年までが描かれ、春雄に想いを寄せる日高小春も登場。2019年3月20日には第13〜15話が一斉配信され、物語はひとつのクライマックスを迎えた。原作は月刊「ビックガンガン」で2018年9月まで連載された押切蓮介による同名漫画。3月25日には最終巻となる単行本・第10巻が発売された。そして2019年10月にはその最終話までを描いたTVシリーズ第2期が放送される。

■CAST/天﨑滉平、鈴代紗弓、広瀬ゆうき、ほか ■原作/押切蓮介(掲載 月刊『ビッグガンガン』スクウェア・エニックス刊) ■監督/山川吉樹 ■シリーズ構成/浦畑達彦 ■キャラクターデザイン/桑波田満(SMDE) ■音楽/下村陽子 ■アニメーション制作統括/松倉友二 ■アニメーション制作/J.C.STAFF ■公式HP/hi-score-girl.com/
©押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会 ©押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガールⅡ製作委員会 ©BNEI ©CAPCOM CO., LTD. ©CAPCOM U.S.A., INC.
©KONAMI ©SEGA ©SEIBU KAIHATSU ©SNK ©TAITO 1986


: 僕もですよ(笑)。その時代に生きてきましたから。
:自分はゲーム業界で仕事をしていた時期があるほどゲームが大好きで、『ハイスコアガール』はやりたくてやりたくて仕方なかったタイトルなんです。
:今回の『ハイスコアガール』を3DCGで作ろうと思ったのは、最初からイメージされていたことだったんですか?
:いや、最初は手書きでやろうと思っていました。ただ、今の時代にやろうとなったときに3DCGの技術力と、今自分たちが表現したいことを考えこうなりました。キャラクターたちはもちろんなのですが、あの当時のゲームセンターの筐体(画面やレバーがついたアーケードゲームの本体)、あの感じを表現するには3Dでやるしかないと思いまして、監督やメーカーさんを説得しまして納得していただいたという感じです。
:確かに作中に登場するゲームが、見事に当時の時代感を表現していますよね。
:いろんなところに協力してもらいながらですけども、当時あったものを100パーセント再現したいと。筐体もすごい精度で作っているし、ゲームの映像も本物の基板(アーケードゲームのソフト)から吸い上げてはめ込んでいるんですよ。
:先ほどのスタジオ見学で素材を拝見しましたが、あれはやばい、あれずっと観ていられますね! 「ああ! あったあった!」みたいな(笑)。
:両替機ひとつとってもですね、「この両替機見たことある!」っていう(笑)。
:僕、今年で36歳になるんですけど、小学生のころはダイエーに空手と水泳を習いに行っていたんですよ。その2階にゲームセンターがあって、よくそこに寄り道してゲームをしていたんですね。それが当たり前の光景だったというか、通ってきた世代だからこそ、『ハイスコアガール』の雰囲気に「うわっそうだった!」ってリアルを感じるんですよね。観ていて興奮します。
:私のころは『インベーダーゲーム』でしたね。自宅に『インベーダー』のテーブル筐体があって、死ぬほどやって親にめちゃめちゃ怒られたんですよ(笑)。
:僕のゲームとの出会いは小1ぐらいだったかな。ファミコン買ってもらって外でアーケードゲームもやって。
:楽しい時代でしたよね。よく〝ずるい世代〟って言われるんですけど、僕らはゲームもアニメもサブカル的なことも、誕生から今にいたるまでの変化を全部体験させてもらっている世代なんでね。
:間違いない! 音楽もカセットがあって、8cmCDがあって、それからMDになってiPodが登場して、その時代の変化とか進化を目の当たりにしているからこそやっぱりリアルに話せるし、説得力がある。
:『ハイスコアガール』でも時代のバックグラウンドがあって、年代ごとに稼働しているゲームが変わっていきますもんね。

次週(4/26号)にて、後編につづく
本記事の全編は、コチラに掲載 www.otaquest.com


Weekly LALALA ホームに戻る