■ 賃貸の注意点(Weekly LALALA 750号掲載)

テキサスNOW
■ 賃貸の注意点

ダラスは連日の100°F超えが続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?夏休みに入るとダラスも続々と他州からの移転の人が増えてきました。ダラスに引っ越してきたら、まず家を買うより、賃貸をしながら市場の状況を見たいというのは普通の心理ですね。そこで今回は賃貸についてお話しします。賃貸で気をつけたいのは、契約です。特に駐在の方だと、急な帰国という可能性もあります。そこで契約の際には、BUY OUTまたはLEASE BREAKの罰則金について聞いてみてください。平均は800ドルから1000ドルぐらいの罰則金プラス60日通達が必要な場合が多いですが、アパートによって違うのでご注意ください。またものすごく暑いので、上のフロアになったらエアコンの効き具合には注意が必要です。2階建ての家を借りる際には、2階のエアコンの効きを確認することをおすすめします。2階建ての場合は、通常エアコンが1階用と2階用と分かれています。またダラスは湿気もすごいのでカーペットにダニがいることも多いです。そうした時にはダニ対応がきちんとされているのか確認したり、入居前にバルサンなどをたいたりするなど準備が必要です。州ごとに気候が違うので、常に環境に合った注意が必要です。

篠原健治(しのはら けんじ)
カリフォルニア州、テキサス州の2州のライセンスを持つ不動産エージェント、現在コードウェルバンカー(カリフォルニア州)とプレイノプロパティマネージメント(テキサス州)に在籍、不動産投資、管理などを得意として現在は、日本に営業拠点をおいてテキサスとの往復をしながらお客様に幅広いサポートを提供している。
連絡先: kenshinohara1@gmail.com
ブログ: http://shinohara1.wp.xdomain.jp/

 


シェア