胸躍る米国挑戦(Weekly LALALA 779号掲載)

ロサンゼルスで暮らす人々-vol.779

胸躍る米国挑戦
松葉 真一 / Shinichi Matsuba

ロサンゼルスで暮らす人々  俳優

胸躍る米国挑戦
空手などマーシャルアーツのバックグラウンドを生かし、スタントアクターとして活躍する松葉真一さん。日本では40本以上の作品に出演している。昨年9月から米国で挑戦するためLAへ活動の拠点を移した

 日本でこれまで40本以上のテレビ、映画、コマーシャル、舞台に出演してきた松葉真一さんは昨年、「アメリカで俳優活動がしたい」とロサンゼルスへやって来た。この道へ進もうと思ったのは大学生のころ。プロになりたくて真剣に打ち込んでいた野球をけがで辞めることになり、将来を模索しているときに観たマーベルの『ヘルボーイ』がきっかけだった。「あの作品を観て、『この世界にキャラクターとして住みたい!』と思った。作品目線で興味を感じたのではなくて、ストーリーテラーになりたいと本能的に思った」という。
 行動的な性格もあってすぐに演技レッスンなどを開始し、空手の経験があったことからスタントアクターの方向へ。そして英語を学ぶために1カ月間LAに滞在した際、ある出会いがあった。ユニバーサルスタジオのウォーターワールドに出演していた〝彼〟を見てあこがれ、「あなたのようになりたい」と手紙を書いてショーのあと直接手渡した。ここから交流が始まり、日米を行き来する日々が始まった。映画、TVでも活躍していた〝彼〟は兄のような、師匠のような存在となり、いろいろと教えてくれた。「僕を育ててくれた人。いつか同じフィールドに立って、肩を並べることで恩返しをしたい」という気持ちが、今でも米国挑戦のモチベーションになっている。
 2012年からはユニバーサルスタジオ・ジャパンに入り、スタントなどショーに必要なスキルを身に着けていった。ショーがオフの時期は東京で演技を学び、映画やCM、舞台の仕事を並行してこなした。「リアリティ重視のウェスタンスタイルのアクティングが好き」だといい、米国の魅力を「実力主義でがんばればがんばっただけ結果が出る場所。スキル次第で自分が行きたいところまで行けるところ」と語る。米国は文化的にも肌が合う。個性が個性として認められ、人はそれぞれ違って当たり前という感覚が心地いい。
 2年前、LAでエレン・デジェネレスのTV番組に出演する機会があった。実際に米国の現場を経験してみて、「やりたいことはやる。でもすべてが自己責任なところがいい」と感じた。想いはますます強まり、俳優を志したときから掲げていた「30歳までに米国で活動を開始する」という目標を昨年9月、実行に移した。複数のエージェントからコンタクトがあり、11月にはその一つと契約に至った。アクティング・クラスに参加したりと、スキルアップの努力は現在も惜しまない。「将来的には作品を作りたくなるかもしれない。でも今は作品の世界でストーリーテラーになりたい」と、本格的に始まった挑戦に胸を踊らせている。

日本ではユニバーサルスタジオ・ジャパンで数々のショーに出演。見ごたえあるスタントで観客を魅了
米国ではエージェントとの契約も決まり、アクティングの勉強をしながら虎視眈々とチャンスを狙う日々だ


Weekly LALALA ホームに戻る