精力的に活動する 敏腕ポップスコンポーザー(Weekly LALALA 709号掲載)

■ジョーイ・カルボーン
Joey Carbone Music Owner, Chief Producer

会社DATA : Joey Carbone Music
創立/1990年
事業内容/1000曲を超える作曲及びプロデュースを日本のミュージックシーンで発表し、SMAP、嵐、NEWS、少年隊、KAT-TUN、Hey! Say! JUMPなどのジャニーズグループに100曲を超える楽曲を提供しているコンポーザー。

Joey Carbone Music
Sherman Oaks, CA 91401
joeyc123@earthlink.net
FACEBOOK: facebook.com/joey.carbone.140


精力的に活動する 敏腕ポップスコンポーザー


ジョーイ・カルボーン さん
Joey Carbone Music Owner, Chief Producer


 1980年代から日本での作曲活動を活発にしてきた名コンポーザー、ジョーイ・カルボーンさん。特にジャニーズで知られるジャニー喜多川氏との親交は深い。「もう30年になりますね。初めはシブがき隊からでした。最近ではA.B.C-ZやSexy Zone、Mr.KingやPrinceかな。今でも年に3、4回は日本へ行きますが、ほぼ毎回ジャニーさんとは会います」
ジャニーズだけでも100曲以上を手がけているというカルボーンさん。最近の活動について聞いてみた。「まずクリエイティブ、エンターテイメント系にも多くの卒業生を生んでいる 滋慶学園の副校長に就任しました。日本の音楽ビジネスにおける作曲の講義を担当します。何人かの生徒とともにすでに作曲も行っていて、実際にジャニーズアーティストに採用もされています。自分はエイベックスやソニーミュージック(8年)の顧問もしていて、楽曲提供もしていますから」
この9月から帝国劇場で開幕するジャニーズグループの新しいミュージカル「JOHNNYS ISLAND:YOU AND ME」に、自身が作曲した作品が3曲採用されているという。「また数週間ほど前にナンバー1アルバムに輝いたHey! Say! JUMPによる 「Hey! Say! JUMP 2007-2017 BEST」にも私の曲が3曲含まれています。さらに、ジャニーズJr.の6人組Princeは、コンサートやミュージカルで私の歌『プリンス プリンセス』を歌ってくれています」。どうやらまだしばらくは休む間もないようだ。

大阪、東京、名古屋、福岡、仙台、札幌にある滋慶学園の副校長に就任したジョーイ・カルボーンさん。生徒に作曲を教えるだけでなく共に創作してエイベックスやソニーミュージックから発表している。
Hey! Say! JUMPから4人のメンバーと。
「若い生徒たちと共にクリエイティブな作業をすることは刺激的で好きですね。9月と来年1月にも日本へ行き、滋慶学園の入学式にも出席します」。教会でのピアノの奉仕活動なども怠らず、若い力を育むことには協力したいという。