知らないままだと損しちゃう!? 帰国前には必ず検討を!(Weekly LALALA 770号掲載)

「日本帰国前にアメリカに住むメリットを最大限に生かしてほしい」と、Insurance 110では完全帰国を前にした方にも加入をおすすめしている。


生命保険、個人年金、学資の積立、健康保険、メディケア、がん保険、歯科保険、視力矯正保険、介護保険、海外旅行保険などを取り扱っている。カリフォルニア州にはミツワトーランス店、ミツワコスタメサ店、ミツワサンノゼ店を構え、イリノイ州、ミシガン州、テキサス州、ハワイ州、ワシントン州にも拠点を置く。 insurance110usa.com   (310) 855-3522(トーランス店) 


海外の生活では、近くに日本人コミュニティーがなければ文化や言葉の壁もあり、気軽な情報収集が困難になることも多い。しかし、特に健康や保険に関する情報は大切。そんな悩みを解決してくれるのがInsurance110だ。日本語での相談が可能で、米国内にはカリフォルニア州を含む6つの州に拠点を持つ。「日本帰国前にアメリカに住むメリットを最大限に生かしてほしい」と、完全帰国を前にした方にも加入をおすすめしている。Insurance 110ミツワトーランス店の有鹿嘉浩さんに、日本に比べて断然お得だというアメリカの保険について、帰国前に加入するメリットを聞いた。

加入するとどんなメリットがありますか?

日本よりもアメリカの生命保険のほうが予定利率が高く、日本にはないプランも多くあります。掛け捨てプランはより安く、積立型プランはより高利率で貯蓄に最適です。

日本に帰国してしまったら保険はどうなる?

ご加入後、もし日本に帰国して、ビザなどのアメリカのステイタスが完全になくなったとしても保険はそのまま継続できますので、ご安心ください。もちろん日本にいながら保険金の請求なども可能です。無理な勧誘は一切ありませんので、まずはお気軽にご相談をどうぞ!

「アメリカの保険」に加入しているのはどんな方が多いのでしょう?

たとえば、帰国が決まって米ドルの使い道に困っていたり、日本やアメリカの銀行に眠ったままの資金がある、または、リタイア後に公的年金だけで生活できるかどうか不安に思っている方や、資金運用に興味はあっても元本が減ってしまうのは怖いと感じている方が多いです。

加入資格はありますか?

市民権や永住権がなくても、次のビザを所有する方であればアメリカの生命保険に加入できます!

 

また、これらのビザ以外の方でも、アメリカのソーシャルセキュリティーナンバーやTAXIDを持っている場合など、一定条件が揃えば加入が可能となります。加入条件は保険会社により異なりますので、状況を数点お伝えいただけましたら、弊社で加入可能なプランをお探しいたします。ESTAなどの観光ビザでは入れません。

Insurance110ミツワトーランス店の有鹿さんは「日本の保険と比べてアメリカの保険は断然お得」と説明する。