目指すは「世界王者が就職先」

ロサンゼルスで暮らす人々-vol.744

目指すは「世界王者が就職先」
富岡 樹|Izuki Tomioka

ロサンゼルスで暮らす人々   プロボクサー

プロボクサーとしてデビュー後3連勝を経て、昨年8月に日本ユース初代ライト級王者の座を獲得。2度の防衛後に王座を返上した。世界へのステップを確実に上っている。 公式ブログはameblo.jp/money-ju/、Twitterは@____izuki

 日本ボクシング界が今アツい。これまでの歴史上で浮き沈みはあったものの、昨年は9人が世界のベルトを奪取し、井上尚弥や村田諒太といった大スターも誕生。そして、ここLAにはその仲間入りを目指して厳しい練習に励む若き日本人ファイターがいる。
 富岡樹さん、21歳。日本ライト級ユース初代王者(2度の防衛後ことし3月に返上)、日本Sフェザー2位、東洋太平洋13位のホープだ。日本を拠点に練習していたが、「本場で学びたい」とLAを訪れるようになった。汗を流すのはハリウッドにあるワイルドカード・ボクシング・クラブ。数々のチャンピオンを生み出してきた名門ジムである。
 2つ上の従兄弟の影響を受け、11歳でボクシングを始めた。高校卒業間際には大学ボクシング部からの誘いもあったが「始めたときからプロになろうと思っていた」ため進学はせず。「プロ入り前に一度本場を体験したい」と、初めて訪米した先がLAだった。トレーナーと契約し、右も左も、ことばもわからない地で40日間ジムへ通った。帰国後、19歳でプロ入りすると3連勝。昨年8月には日本ユース王座(日本プロボクシング協会による要請で新設された24歳以下のA級ライセンス保持者で争うタイトル)決定戦に勝利し、初代ライト級王者に輝いた。
 そのタイトル戦を控えていた昨年6月に再訪米した。以来、リベリア出身の元五輪代表サミー・スチュワート氏に師事。「足を使って距離を取ってパンチをもらわない、自分のやりたいボクシングとサミーのボクシングが合うんです」。先月、3度目の渡米を果たし、現在もジムでトレーニングを積みながら心身ともに鍛える日々を送る。「最初は空港から出るのにも何時間もかかったりして。たった1人でことばのわからないところに来たというのは、生活の上でもボクシングの面でも活きています。試合直前も、最後の一番の自信になるのは1人で米国に行って、世界レベルの強い選手とスパーリングをやってきたという部分ですね」。
 人々が開放的でフレンドリーなLAが気に入っている。人目を気にせず過ごせる自由さも快適だ。「プロ入り前に初めて来て、プロになるからには世界チャンピオンになりたくて、そのためには本場のアメリカの空気を感じたいというのがあって。その本場の空気を感じられたのがLAでした」。
 ボクシングを始めたときから、一番の目標は世界タイトル。「23歳までに」とする理由を「大学卒業して就職するぐらいの年には、と思って。就職先は世界チャンピオンと言えるようにしたい」と説明する。「いつかこっちで活躍できるような選手になるので、LAの皆さんにも応援していただきたいです」と話す笑顔の奥に、強い意思と自信がうかがえた。次戦は7月29日、大阪で東洋太平洋王座戦に挑む。

ハリウッドにある数々のチャンピオンを生み出してきた名門ジム、ワイルドカード・ボクシング・クラブで汗を流す。
LAではトレーナーのサミー・スチュワート氏(左)に師事。ミット打ちや世界ランカーらとのスパーリングで経験を積んでいる。


Weekly LALALA ホームに戻る

シェア