歯を削らない! 最新根管治療 「ジェントル・ウェイブ」(Weekly LALALA 739号掲載)

●ルイス・ヤン院長(中央) プロフィール UCアーバイン校卒業後、クレイトン大学歯学部に進む。5歳から7年間にわたり日本で過ごした経験を持つ日英バイリンガル歯科医。

歯を削らない! 最新根管治療 「ジェントル・ウェイブ」

優れた洗浄・殺菌力で歯にやさしい 根幹治療
 根管治療とは、歯の根の部分の治療で、虫歯などが原因で細菌に感染した神経(歯髄)を治療し、歯を温存させる方法。「根管治療のカギとなるのは、感染した組織の洗浄と殺菌です。ただし歯の神経は、木の根のようにとても細かく複雑なため、洗浄・殺菌が難しいことが問題点でした」と話すのは、ルイス・ヤン歯科のヤン院長だ。洗浄・殺菌するために、歯を削ったり穴を開けたりするため、将来的に歯にひびが入る可能性が高く、非常に高度な技術が必要とされていたのだが、この洗浄・殺菌を徹底して行うのが最新根管治療法「ジェントル・ウェイブ」だ。
 ヤン院長によると「ジェントル・ウェイブ」は、独自の音波エネルギーが、従来の治療では届かなかったミクロの隙間にまで入り、根管の感染組織を完全に取り除くことができるという。治療時間もこれまでより格段に速く、1~2時間程度。また多くの場合、一度の来院で終了し、再感染のリスクも低く、追加治療もほぼなし。「効果的に洗浄・殺菌をするので治癒も早く、患者さんの負担はかなり軽減されますね」
 最新機器を使用するとあって追加料金を課す医院が多いが、同院ではこれまでと同じ根管治療料金で治療してくれるというから嬉しい。「ジェントル・ウェイブ」に関する詳細は、日本語でのぞみさんまで。

●最新根管治療法「ジェントル・ウェイブ」は徹底した洗浄・殺菌力が特徴。「根管内に細菌が少しでも残っていると、再感染し、歯の痛みや歯肉が腫れる原因になります」と話すヤン院長。
●「ジェントル・ウェイブ」治療で使用する機器。
●歯の神経に色をつけたイメージ画像。複雑に入り組んだ神経の経路が一目でわかる。
●治療内容:虫歯、根管治療、歯周病レーザー治療、審美、ホワイトニング、歯列矯正、クラウン、顎関節症、歯茎治療(ピンホールサージカル・テクニック)など。
●診療時間:月:9am-3pm
     火・水・木:9am-6pm
     金・土(隔週):9am-3pm
     日・祝:休診

ルイス・ヤン歯科
1108 Sartori Ave., #100
Torrance, CA 90501
(310) 539-9307

シェア