桜咲く音頭プロジェクト  ―盆踊りで世界をつなごう―(Weekly LALALA 777号掲載)

土生みさお(Misao Habu)
津軽三味線
5歳より津軽三味線、民謡を習い始める。7歳より津軽三味線を五錦流家元 五錦竜二氏に師事、8歳より唄を錦美会 佐藤美恵子氏に師事。その後「津軽三味線」をメインに活動を展開。1991年NHK邦楽オーディションに合格。1994年雑誌「みんよう春秋」Vol.96 の表紙の人となる。 1995年NHK邦楽技能者育成会40期卒業。「阪神淡路大震災のチャリティーショー」の主催や、数々の公演会出演など、精力的に演奏活動を行う。1997年にはインド独立50周年記念式典に『日印文化交流大使』として、ニューデリーやカルカッタ、ムンバイなど、インド国内各地で公演。
2010年、第4回 津軽三味線日本一決定戦津軽三味線全国協議会・日本一の部・準優勝
2012年、全国津軽三味線コンクール大阪大会大賞の部・優勝
2013年、第16回 津軽三味線コンクール全国大会・独奏(一般の部) 優勝
第7回 津軽三味線日本一決定戦津軽三味線全国協議会・日本一の部で女性初日本一を受賞
2013年、津軽三味線Dois『HAZUKI』を高橋孝(二代目藤田淳一)と結成、2014年・2015年にワシントンD.C.の『桜まつり』に連続出演


■オフィシャルウェブサイト
http://habumisao.wix.com/home
■ブログ
http://ameblo.jp/habumisao/
■ツイッター
https://twitter.com/habumisao


 津軽三味線日本一決定戦津軽三味線全国協議会・日本一の部で女性初日本一を受賞という偉大な功績を持ち、日本国内外での演奏活動を行うなどグローバルに活躍する三味線奏者、土生みさおさん。正統派津軽三味線演奏家として津軽民謡・ソロ演奏のみならず、他楽器とのコラボレーションやCD製作に至るなど、伝統音楽・伝統芸能を超えて三味線の魅力を伝えている。
 そんな土生さんが12月半ばに渡米、ロサンゼルスで12月21日、ソロライブを開催した。オーディエンスがワインやアペタイザーを楽しみながら、華やかで迫力のある三味線の音色を堪能した同イベントでは、まず『十三の砂山』『津軽じょんがら節旧節』を演奏。トークも交え、さらに『津軽三下り』『桜咲く音頭』を弾き語りで演奏。『ドンパン節』では、参加者全員も一緒に身振りを付けて楽しむなど、10曲近いプログラムは、クラシックからコンテンポラリーな曲調のものまで幅広く披露。また、フリートークタイムには、音楽をしている現地の大学生から「和楽器の音符はあるのか?」など様々な質問が飛んでくるなど、三味線談義に花を咲かせた。
 今回の渡米では、三味線でハリウッドでのストリートライブにも挑むなどエネルギッシュな演奏活動を続ける土生さんは、日本各地で『桜咲く音頭』を皆で踊る『桜咲く音頭プロジェクト〜盆踊りで世界をつなごう〜』を実施。「この曲は、世界中にいる日本や日本文化が好きな人たちと、日本人が、踊りを踊ってつながることを願って制作されました。学校や地域のイベント、お祭りなど、様々なところで踊り、写真や動画をハッシュタグ#sakurasakuondoをつけてUPしてください。世界中で満開の桜が花開きますように」。そんな思いを胸にさらにこのプロジェクトを広めていきたいと話す。


Weekly LALALA ホームに戻る