時代のニーズに合った 仕事設計の提案(Weekly LALALA 760号掲載)

ON/OFFのエッセンス 充たされLIFE

■宗石 弘一 (むねいし こういち)
Kintone Corporation Sales Account Executive

会社DATA: Kintone Corporation
ソフトウェア開発を行う日本の企業、サイボウズ株式会社の商品「Kintone」の販売を行う米国法人。業務課題の整理からビジネスに必要な業務システムの企画・導入運用を一貫してサポートする。 www.kintone.com/jp/

 


時代のニーズに合った 仕事設計の提案


宗石 弘一 さん
Kintone Corporation Sales Account Executive


時代のニーズに合った 仕事設計の提案
ロサンゼルスを拠点に、自社商品を通して、オンとオフタイムのバランスの取れたワークスタイルとライフスタイルを提供していきたいと話す宗石弘一さん。

 企業の業務をより円滑にするためのソフトウェア開発を行うサイボウズ株式会社が提供するクラウドサービス「Kintone」の営業に従事する宗石弘一さん。「Kintoneの魅力は、『使いやすさ』と『作りやすさ』ですね。データベースとコミュニケーション機能、ワークフローが付いているのが特徴で、業務の円滑化を図るのと、プログラミング能力が無くても自分でカスタマイズしてシステムを作り上げていけるところが商品の強みです」
 同社がゴールとするのは、仕事の効率性を高める「仕事設計」を提供することにより、ライフスタイル全般の充実化を実現できる商品開発。「業務を円滑にして仕事を効率的に行い業績を上げながら、しっかりと自分時間を確保する、時代のニーズに合ったワークスタイルを提供していきます」
 自身も時間や場所に縛られることのないスマートなワークスタイルを構築している。「オフィスの入っているコワーキングスペースについてもシンプル、ナチュラルを意識したインテリアで、無駄なく、かつ遊び心のある空間が気に入っています」
 そんな宗石さんのオフタイムはというと「仲間と楽しむフットサル。平日の夜にサッカー好きの2、30代の人たちと集まってやっています。ずっとサッカーひと筋で、大学時代はサッカー選手でもありました。サッカーは自分にとって、いろんな国の人たちとの出会いをもたらしてくれた共通言語。このロサンゼルスでも、たくさんの人を繋げてくれる大切なコミュニケーションツールとなっています」。

LAオフィスは、ナチュラル&スタイリッシュな空間で仕事ができる。
日系アメリカ人のフットサル仲間と。(左が宗石さん)


Weekly LALALA ホームに戻る