春のカラーはピンクでなくグリーン(Weekly LALALA 734号掲載)

ラグジュアリーやシンプル、エキサイティングや癒し、デイライフやナイトライフ・・・。様々な顔を持つラスベガスの今をお伝えします。

春のカラーはピンクでなくグリーン

今年もこの時期がやってきました。世界各国が緑一色になり祝うアイルランドの祝日セント・パトリックデー。今年は3/16~3/18の3日間祝います。
緑が多いアイルランドのシンボルカラー・グリーンの物や、クローバーに似たシャムロックを身につけて街に繰り出しましょう。
ストリップ沿いにあるWalgreensやCVSでもグッズを取り扱っています。
街行く人はもちろん、アイリッシュパブやバーが「緑」を身につけた人で溢れます。この期間しか販売しない「緑色のビール」や「緑色のワイン」も飲んでお祝いしてみませんか?
Mandalay Bayホテル内のRí Rá Irish Pub、New York-New Yorkホテル内のNine Fine Irishmen、JW Marriottホテル内のJ.C.’s Irish Pub、 Town Square内のMcFadden’s Restaurant & Saloon、LINQ PromenadeのO’Sheas Casino & Barがお勧めです。
アイルランドの民話に出てくる小さなおじさんの妖精(ラプリカン)は幸運を運ぶと言われていますが、酔ったら見えるかもしれませんね!?


シェア