早大生ボクサー岩田翔吉 米国でプロデビュー

    高校総体優勝の実績を持つ早大生ボクサーの岩田翔吉(帝拳プロモーション)が米国でプロデビュー戦を白星で飾った。12月8日にカリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターでジョエル・バミューズ(米国)と対戦。3回終了間際にダウンを奪うと4回2分44秒にレフェリーストップでTKO勝ちを収めた。試合後は「フィニッシュまでちょっと時間がかかってしまったが自分の得意なパンチは当てられた。アメリカへのあこがれは昔からあった」と憧れの地でのデビュー戦を振り返っていた。

    帝拳プロモーション
    http://www.teiken.com/

    シェア