日本でグリーン・カードを紛失したら(その1)(Weekly LALALA 737号掲載)

日本でグリーン・カードを紛失したら | 一度も失いたくない財布

日本でグリーン・カードを紛失したら
●日本におけるグリーンカード再発行の連絡先は、
東京都港区赤坂1-10-5 米国大使館ビザ課 
Tel.:050-5533-2737(日本)、703-520-2233(米)
Email:support-japan@ustraveldocs.com
著者: 柳田由紀子 1963年東京生れ。早大卒後、新潮社入社。98年スタンフォード大他に学ぶ。01年渡米、LA在住。著書に、『二世兵士激戦の記録』(新潮新書)、『アメリカン・スーパー・ダイエット』(文藝春秋)、訳書に『ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ』(集英社Int’l)他。趣味=大相撲、温泉、料理、都はるみ。ブログ=www.yukikoyanagida.com

日本でグリーン・カードを
紛失したら(その1)

 連載「〜したい」シリーズ。今回は番外編の「〜したくない」です(苦笑)。

財布がない‥‥

 キツネにつままれるとはあのことだった。何度、カバンを調べても財布がない‥‥。先月某日の昼下がり。東京の実家にいた私は、宿酔いのブハブハな頭を抱えて記憶を辿った。
 そう、前夜、私はバーを3軒ハシゴしたのだった。3軒目の途中から記憶はぶっ飛び、次の瞬間が今である。
 財布がない‥‥ようやく事態を把握したブハブハ頭からさっと血の気が引く。なんとなれば、財布にはグリーンカードが入っていたのだ。このままではアメリカに再入国できない。どーする、私?

再発行申請料575ドル!

 ブハブハな私は、3軒のバーと最寄りの交番をブハブハと訪ねた。が、財布は見つからなかった。それでも、3軒とも「お代はいただきましたよ」と言う。
すると、3軒目の後に財布を落としたのだろうか?
 私は、交番で「遺失届」を提出。その後の2日間、何度も警察に問い合わせたが、やはり財布は出てこなかった。アメリカ帰国は3週間後だ。もはや、グリーンカード再発行の手続きを開始すべき時である。
 まずは、米国大使館・領事館のHPを検索。大変わかりづらいHPだが、それによると——。
①米国外でグリーンカードは再発行しない。
②その代わり、「ボーディングフォイル(Boarding Foil)」を発行。
③ボーディングフォイルなんて聞き慣れない言葉だけど、直訳すれば「搭乗箔」。つまりは、米国入国用の〝とりあえずの許可証〟である。
④搭乗箔を入手し米国に再入国したら、改めてグリーンカードの再発行を申請する。
 ふぅ、道のりは長い。

●在日米国大使館・領事館HPのグリーンカード紛失に関するページ。とてもわかりづらい‥‥(欄外参)。
●警察の「遺失届」受理証。グリーンカード再発行のためには、日本の警察による英文の証明書が必要

面接ヘの道

 では、どうすれば搭乗箔をゲットできるのか?
①USCIS(米国市民権・移民業務局)のオンラインから、「1ー131A」フォームを申請。
②申請料は575ドル(目の前真っ暗‥‥)。
③大使館・領事館のHPから面接予約を申請。
④後日、先方からEメールされる予約日に、東京の米大使館か大阪の米総領事館、または那覇の米総領事館を訪ね面接を受ける。
⑤面接時の必要書類は、
*入力済みの1ー131Aフォーム。
*申請料の領収書。
*有効なパスポート。
*米国出国日明記の航空券。
*米国永住者の証明。
*最近12カ月以内の米国居留の証明。
*警察によるグリーンカード紛失の英文証明書。
*パスポート用カラー写真。
 以上の全8種。
⑥面接を経て許可が出た段階で、再度上記に赴き搭乗箔を入手。

必要書類に質問があった私は、ビザ課に電話した。すると——(4月6日発行号につづく)。
日本でグリーン・カードを紛失したら(その2)は、LALALA 最新号(Vol.738号)でご覧下さい。

●在日米国大使館・領事館HPの「ビザサービス/グリーンカードの紛失または盗難(ボーディングフォイル)」ページは、https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/immigrant-visas-ja/green-card-ja/boarding-foil-ja/


Weekly LALALA ホームに戻る