感謝招福(Weekly LALALA 725号掲載)

ららら隊がゆく|感謝招福

新年にちなんで、天台宗の僧侶でもあり広島大学名誉教授でもある町田宗鳳先生に、縁起の良い四字熟語を選んでいただき、その解説を実際の生活にまつわるお話で伺ってみました。

富士山が見えるありがとう寺からの風景

アメリカは、あらゆる意味で分断化社会といえます。勝者と敗者の区別も鮮明です。そんな中で人間同士の連帯感を復活させるには、感謝の心しかありません。意識的に感謝するのではなく、無意識の深いところから感謝の念が沸き上がってこなくてはなりません。そうすれば、ごく自然に幸運が訪れます。「ありがとう」の言葉を念仏のように繰り返し、否定的感情で荒廃した無意識を耕していってみてください。

今年こそは「ありがとうパワー」で成功しよう!

人間が成功するためには、才能・努力・運の三要素が過不足なく揃うことが条件です。でも、その三つともなくても、成功する最後の手段があります。それは「ありがとうパワー」を使うことです。ともかく寝ても覚めても「ありがとう」を唱えてみましょう。そうすると、どんな些細なことにも感謝できるようになります。つまり、感謝の心が成功のみならず、幸せの感覚まで引き寄せてくれるのです。私自身は「ありがとうパワー」だけで、富士山を真正面に仰ぐ御殿場高原に無宗派寺院「ありがとう寺」を実現しました。今まで何千回も「ありがとう」を無心で唱える「ありがとう禅」を国内外各地で開催してきましたが、今も仲間たちが毎月ロサンゼルス各地で実践していますので、皆さんもそのパワーを実感してみてください。

詳細: www.facebook.com/arigatozen/

町田 宗鳳(まちだ そうほう)
広島大学名誉教授。ハーバード大学神学部で神学修士号および、ペンシルバニア大学 東洋学部で博士号を得る。専門は、比較宗教学・比較文明学。日本・アメリカ・ヨーロッパ・ 台湾などで「ありがとう禅」を開催。静岡県御殿場市に無宗派寺院「ありがとう寺」を建立。
シェア