岡田博喜選手が勝利 判定で米国デビュー飾る

    9月14日にカリフォルニア州フレズノで行われたプロボクシング元日本スーパーライト級王者でWBO同級3位の岡田博喜選手(角海老宝石ジム)が、白星で米国デビューを飾った。クリスチャン・ラファエル・コリア(アルゼンチン)とのノンタイトル10回戦に臨み、10ラウンドには相手の右ストレートでダウンを喫したものの、3人のジャッジ全員が95-94の1ポイント差という2-1での僅差の判定勝利となった。初の海外での試合を制した岡田選手は、これでデビューから19連勝(13KO)。

    角海老宝石ジム
    https://www.kadoebi.com/
    https://ameblo.jp/kadoebi/

    シェア