岡田博喜、TKO負け 米国第2戦を飾れず

    Photo Credit: Mikey Williams / Top Rank

    プロボクシングWBOアジア・パシフィック・Sライト級王者岡田博喜(角海老宝石)は2月10日(日)、カリフォルニア州フレズノのセーブマート・センターで元WBO世界ライト級王者レイ・ベルトラン(メキシコ)との米国第2戦に臨み、9回2分9秒TKO負けを喫した。岡田は2014年3月に日本Sライト級王者となり6度防衛。2017年12月にWBOアジア・Sライト級王者となり昨年8月、米プロモート大手トップランク社と契約。同9月に判定勝ちで米国デビューしていた。戦績は20戦19勝(13KO)1敗となった。

    角海老宝石ボクシングジム
    https://www.kadoebi.com/

    シェア