夏休みに行ってみよう!『スタートレック』 特別展示 ~7/7、ペイリー映像センター(Weekly LALALA 799号掲載)

夏休みに行ってみよう!  『スタートレック』 特別展示  ~7/7、ペイリー映像センター
■ビバリーヒルズのペイリー映像センターでは7月7日まで『スタートレック:ディスカバリー』の特別展示を開催中。
詳細はhttps://www.paleycenter.org/2019-star-trek-discovery-exhibit-la/

長い夏休みの時期です!ぶらりと気軽に行ってみたいところ、今週はビバリーヒルズのペイリー映像センター(The Payley Center For Media)を紹介します。
 ここはウィリアム・S・ペイリーがニューヨークに1975年、ロサンゼルスに1996年に創設した「テレビ・ラジオ博物館」です。ビバリー・ドライブに面したロサンゼルスのビルは著名な建築家リチャード・マイヤーが手がけ、開館当初はニューヨークの施設が所有するコレクションの複製が展示されていました。150席の小さなシアターも館内にあり、最近では新作TVシリーズのパイロット版の試写会が行われたり、キャストやスタッフによるパネル・ディスカッションが開催されるほか、定期的に特別展示も開かれています。
 現在はアメリカの人気TVドラマシリーズ『スタートレック』の最新作『スタートレック:ディスカバリー』の衣装や小道具の特別展示を見ることができます。SFアクション超大作として高い視聴率を記録しているこの作品は2017年に放映開始。前作『スタートレック:エンタープライズ』が2005年に終了してから、実に12年ぶりに再スタートしたシリーズ6作目になります。アメリカではCBS All Accessでネット配信されており、日本でもNetflixで視聴可能です。
 展示されているのは各キャラクターが着用するユニフォーム一式やマスク、武器などの小道具に加え、さまざまなシーンの写真パネル、宇宙船の模型など。さらにVRヘッドセットを装着すると、360°のセット写真を見たりゲームで遊ぶことができます。展示場は1F、2Fの2フロア。さっと見れば15分ほど、じっくり見れば30分ほど過ごすことができます。無料なのでふと時間が空いた時に立ち寄るのにオススメです。

■ドラマの中で使用されている小道具、キャラクターのマスク、衣装、セットの一部も見ることができ、ファンにはたまらない空間となっている
■ドラマの登場人物が着用する衣装。どれもスタイリッシュで、街なかを着て歩けそう
■館内には150席のシアターもあり、試写会が開催される
■展示室は1Fと2Fの2フロアに分かれている。平日の日中は人が少なく、一つ一つの展示品をじっくりと見て回ることができる


Info:
The Payley Center For Media
http://www.paleycenter.org/
465 North Beverly Drive, Beverly Hills, CA 90210 開館日:水~日 12:00pm~5:00pm
休館日:月、火、ニュー・イヤーズ・デイ、インディペンデンス・デイ、サンクスギビング、クリスマス
Star Trek: Discovery Exhibition


Weekly LALALA ホームに戻る