包丁の切れ味ひとつで、 お料理がおいしくなるって本当!?(Weekly LALALA 717号掲載)

包丁の切れ味ひとつで、
お料理がおいしくなるって本当!?


ヒタチヤUSA

料理は道具から―。

 上質な道具を使いケアすることで、いつもよりも少し丁寧に暮らしているような気になる。「包丁の切れ味が料理の腕前や出来を左右する」と昔から言われるが、包丁は毎日使うものだから、使う人の心までも変える力があるようだ。
 包丁は手入れをしながら永く使い、自分の手になじむ道具に育て上げる感覚で使う。本来、日本人はそういった文化の中で暮らしてきた。そこには道具との信頼関係が生まれ、かけがえのない〝自分だけの道具〟に変わる。その時には気分はすっかり料理人である。

包丁研ぎも大事な道具ケアのひとつ。

 ヒタチヤUSAの社長であり、研ぎ師でもある廣田社長が日本中から取り寄せる包丁。これらの包丁は一流のホテルや料亭で使用されているものとまったく同じものだ。廣田社長によると「切れ味の良い包丁で切った魚や野菜は煮崩れしないので、煮物が美しく仕上がるんです。切れ味が悪いと、繊維を壊してしまうので、煮崩れしてしまう」のだそう。
 ヒタチヤUSAには、一流の包丁はもちろん、アメリカでは手に入りにくい職人の手による道具にめぐり合える。秋の舌鼓には、まずは包丁から、である。また、最近、ガーデナ市や北トーランス市にお住まいの方々から「ぜひ近くで包丁研ぎをお願いしたい」というお声が多く、ニジヤ本店にて包丁研ぎ出張サービスを開始されたそう。この秋は、料理をつくる前に、ぜひ道具ケアもおすすめしたい。

職人が仕上げる包丁研ぎ出張サービスのお知らせ
ニジヤ本店の店頭にて包丁研ぎを受付中。職人により厳選された日本の砥石を使い、一本一本丁寧に仕上げる。
■毎月 第1・2水曜 午前9時~4時まで実施。 ■料金:1本16ドル~
■開催場所:ニジヤ本店(2121W.182nd St. Torrance CA 90504)
包丁の受け取りは、当日または翌日に、ニジヤ本店サービスカウンターで
受け取り可能。

ショッピングサイトOPEN! 一流の包丁やキッチングッズが買えるショッピングサイトがオープンしました!
www.hitachiyausa.com

ヒタチヤUSAの社長で研ぎ師の廣田正純さん

包丁のお手入れに関する素朴な質問

Q.自宅で自分で包丁を研ぐのと、研ぎ師にお願いした包丁研ぎとの違いは何ですか?
自宅で包丁を研いだ場合、包丁の刃が長持ちしませんが、研ぎ師が研いだ包丁は、刃先がシャープで食物がきれいにすっきりと切れます。また、食材の繊維が活かされるので、お皿に盛ってみた時の美しさや、舌触り、そして味が一層美味しくなります。

Q.包丁が欠けてしまいましたが、研いだら直りますか?
はい、直ります。アメリカのまな板は固いので、刃もちが良くありません。やわらかい檜などのまな板をご利用になることをお勧めいたします。

Q.どの頻度で包丁研ぎをしたらよいのでしょうか?
目安として、タマネギを切った時に涙がでるようになったら研ぎ時です。ぜひ一度、お気軽にプロの包丁研ぎサービスをご利用ください。

職人が研いだ刃の断面 細かいギザギザの断面で光の放ちが違う
自宅で研いだ刃の断面 粗いギザギザした鈍い刃

HITACHIYA USA (ヒタチヤUSA
2509 W. Pacific Coast Hwy
Torrance CA 90505
310-534-3136
www.hitachiyausa.com
営業時間: 11am~7pm(月・水・木・金)
11am~6pm(火・土)
11am~5pm(日)
毎日営業

シェア