Vol.61 ステープルセンターでボクシング観戦(Weekly LALALA 749号掲載)

亀田和毅コラム-Vol.61

亀田和毅コラム

亀田和毅コラム
EL MEXICANITO 夢へ一歩一歩

Vol.61  ステープルセンターでボクシング観戦

今回ロサンゼルスに来た大きな目的のひとつは、ボクシングの試合観戦でした。観戦をした会場は、LA に住む読者の皆さんもよくご存じ、LAダウンタウンにあるステープルセンター。
俺が観た今回の試合のメインは、俺より一階級上であるフェザー級の世界タイトルマッチだった。メキシコをはじめアメリカでもトップクラスの選手として人気度の高いこの選手だからこそ、フェザー級の試合で1万6千人もの会場を満席にできる。
そんな世界的ビッグマッチの会場には、多数の著名人の姿もあった。世界的に有名な総合格闘技のリングアナウンサーであるジミー・レノン・ジュニアにも会えて、一緒に写真を撮った。彼は日本でもK-1のリングアナウンサーをやっていた経歴もあるから、格闘技やボクシングファンの人なら知ってると思う。
その会場では、俺のことを子どもから大人まで「メヒカニート!」とか「トモキ!」って声をかけてくれた人もたくさんいて、ほんまに嬉しかった。
俺の目標は、今回のフェザー級の試合で勝利したような、強くて人気のある選手と戦って勝つこと。一つひとつの試合で勝利をして、世界でアピールしていきたい。
色々な意味で刺激をもらえた試合だった。これからもっと頑張っていこう!

亀田和毅コラム-Vol.61  ステープルセンターでボクシング観戦

亀田 和毅(かめだ ともき)
戦績 36戦34勝(20KO)2敗 ニックネーム:エル・メヒカニート(メキシコの少年)
1991年生まれ、大阪府出身
タイプ:多彩な角度と圧倒的なスピードで繰り出される左ジャブ、パンチ力を秘める左ボディーと右ストレートを得意とする右ボクサーファイター。
日本人初のWBO世界チャンピオン
第20代WBO世界バンタム級チャンピオン


Weekly LALALA ホームに戻る

シェア