世界と戦える日本作る(Weekly LALALA 776号掲載)

ロサンゼルスで暮らす人々-vol.776

世界と戦える日本作る
☆Taku Takahashi (m-flo, blockfm)

ロサンゼルスで暮らす人々  アーティスト、 DJ、音楽プロデューサー

世界の音楽シーンで活躍する☆Takuさん。「エンタメでも世界と戦える日本を作りたい」と話す

 今年でデビュー20周年を迎えた音楽ユニットm-floの☆TakuTakahashiさん。数多くの国内外アーティストのプロデュースやRemix、アニメやドラマ、映画の音楽プロデューサー、積極的なDJ活動のほか、ダンスミュージック専門のインターネットラジオ局&ポップカルチャーメディア『block. fm』を立ち上げて最先端の音楽情報などを発信するなど、世界の音楽シーンで活躍中だ。
 横浜生まれ横浜育ちだが、小学校からインターナショナルスクールに通った。「グローバルな感覚はインターナショナルスクールへ通ったのが大きく、m-floのグルーヴにも影響している」と話す。高校卒業後はロサンゼルスの大学へ。在学中に、後にm-floのメンバーとなるVERBALさんとデモテープを作っていたことがデビューにつながった。とにかくテレビっ子だった子ども時代は「テクノロジーの進化をモロに体験した世代なので、ファミコンからアニメ、そして音楽まで、いろいろな体験ができたのが今の仕事に活きている」と振り返る。趣味で好きだったという音楽でも、「いろいろとご縁に恵まれていて、いろいろと教えてくれる先輩たちや音楽の才能のある友人がたくさんいた。m-floのVERBALは小学校から、LISAは中学校からの仲」と、現在の活動へつながる流れは当時からあった。
 日本人クリエイターや日本で生まれるものが世界で受け入れられる可能性、日本のコンテンツはどうすればよりグローバルにできるか。そんなことを考えるきっかけとなったのが、米国でDJをした体験だった。現地の米国人がほとんどの会場で「僕のセットでめちゃくちゃ盛り上がってくれた」。ファンから「ずっと待っていたんだぞ!」と言われ、「こうやって待ってくれる人たちがいるんだから、日本のアーティストはもっと積極的に米国でライブをやるべきでは」と思った。同時に、日本のポップカルチャー情報がきちんと英語で伝えられてないことにも気づき「せっかくすばらしい作品がいっぱいあるので、それをより効果的に世界に発信したい」という思いから、新たなプロジェクト『OTAQUEST』を始めた。このプロジェクトが形となったのは今年7月、全米最大のアニメコンベンションLA『AnimeExpo』でのこと。m-floにとっても初の米国公演となったこのイベントには日本のアーティスト8組が出演し、大成功を収めた。
 ロサンゼルスは☆Takuさんにとって「スタート地点、発信地点」。20年m-floをやっているが、もう一度デビューするような気持ちでここでの活動に臨んでいるのだという。そして『OTAQUEST』を通じて全米に日本のカルチャーを発信していき、「エンタメでも世界と戦える日本」を作るのが今後の夢であり、目標でもある。

「日本にはせっかくすばらしい作品がいっぱいある。より効果的に世界に発信したい」と日本のポップカルチャーを英語圏に伝えていくメディア『OTAQUEST』を開始した
デビュー20周年を迎えたm-floとしては今年7月に開催されたロサンゼルス『Anime Expo』で初の米国公演を行った


Weekly LALALA ホームに戻る