ワイルドライフに会いに行こう!(Weekly LALALA 712号掲載)

ようこそ★テキサス★
シティライフや観光地としても見どころが満載!巨大なテキサスには、楽しいことがたくさん広がっています。注目の話題や気になるイベントなど、楽しい話題をお届けします♪

ワイルドライフに会いに行こう!

日本ではシティガールというには程遠い田舎町で育ったので、子どもの頃から都会には生息していない昆虫や動物を見かけるのは日常茶飯事。少し山に入れば、それこそイノシシやキジなどに遭遇することもありました。そんなプチワイルドライフに親しんで育った私ですが、テキサス暮らしに慣れた今でもリスやアライグマ、オポッサムなど日本では見かけない小動物に遭遇するたびに感動してしまいます。
特にテキサスは、全米でも屈指の野鳥の宝庫で、中でもメキシコ湾沿いは、南からの渡り鳥の休憩地。様々な種類の野鳥たちが集まってくるため、国立野生保護区もいくつかあります。3月中旬まで鳥の観察でおすすめしたいのが、メキシコ湾沿いにあるアランサス国立野生生物保護区(Aransas National Wildlife Refuge)です。こちらは、1940年代に絶滅寸前の状態から救われたアメリカシロヅルの姿を見ることができます。

貴重なツルといえば、北海道などに生息するタンチョウヅルを思い浮かべる人も多いはず。 頭に赤い冠を着けて、羽ばたく姿が優雅ですよね。 希少種であり国際保護鳥の一つであるアメリカシロヅルは、夏にウッド・バッファロー国立公園で繁殖し、冬になるとアランサス保護区へ南下し越冬します。その姿はタンチョウヅルと同じく赤い冠を着け、優美な姿で野鳥ファンから人気を博しています。

そのほかにも本当にたくさんの種類の野鳥の姿を見ることができるテキサス。さっそく双眼鏡や野鳥マップ、防寒着、山深い場所を歩くためのトレッキングシューズ、水辺でもOKな長靴など、マストアイテムをそろえて、いざバードウォッチングへ出かけましょう!

The Claude F. Lard Visitor Center
ビジターセンターもあります。ここでは、バードウォッチングのほか、フィッシングやトレイル、キャンプなど様々なアクティビティができますので、ビジターセンターでマップをゲットしてみてはいかがでしょう。
開館時間:10/15~4/14までは、毎日午前9時~午後4時

アランサス国立野生生物保護区
www.fws.gov/refuge/Aransas/

【記事提供:すみれ】
テキサス在住の大学生です。趣味は、スポーツ観戦とローカルのイベントに参加すること、そしてグルメ散策。まだまだ知らないテキサスの魅力を探すべく、驚きと発見のテキサスライフを満喫しています。

シェア