ルーツへの思い ビジネスに反映(Weekly LALALA 777号掲載)

ロサンゼルスで暮らす人々-vol.777

ルーツへの思い ビジネスに反映
ジョー・ジツカワ / Joe Jitsukawa

ロサンゼルスで暮らす人々  起業家

ルーツへの思い ビジネスに反映
「いつもお手本であろうと努力している」という日系二世のジョー・ジツカワさん。現在はフードビジネスを主に手がける。その根底にあるのは日本への愛と食べ物への情熱だ。公式YouTubeチャンネルはwww.youtube.com/user/theuncochin/

 日系二世のジョー・ジツカワさんが現在手がけるビジネス、その土台となった企画、いずれもアジア系アメリカ人というバックグラウンドが大きな役割を果たしていると言える。
 初めて試みたビジネスはeBayでのショップ。カレッジに通っていたある日、学校に残ったり普通に就職してもさまざまな経験を得る機会が限られてしまうと思い、友人とビジネスを開始しようと決めた。そしてeBayでおもちゃなどを売り始め、6カ月後には月8000ドルを稼ぎ出すように。しかし共同経営していた友人が辞めたことで、ジツカワさんもカレッジへ戻った。転機となったのは、カレッジを卒業した11年前。「たまたま、楽しむためだけ」に友人たちと始めたYouTubeでのスケッチコメディ動画の作成・投稿だった。
 「アジア系アメリカ人に対する認識を変えたかったから」と撮り始めたこれらの動画では、他の人種がアジア人を笑うのではなく、自分たちでアジアの風習やステレオタイプについてのインサイドジョークを取り上げて笑いにすることで、文化の違いなどを伝えようとした。また、もともと内輪で楽しむことを目的に始めたことだったため、役者など人を雇ったことはない。スタッフ全員が友人という環境で、コメディのほか、ジツカワさんたち友人同士や本当のカップル、夫婦がさまざまなことについて素で語り合ったり、ゲームをするようすをアップ。始まりは偶然だったが、これは今流行りのリアリティ番組そのものの形態だ。このようにスタートしたJust Kidding Films(JKF)は、「真の友情やリアルストーリーを見るのが好きで、フェイクに飽きているオンライン世代」に広く受け入れられた。現在では登録者数16万を超える人気YouTubeチャンネルとなり、いつの間にかオンラインビジネスとして大成功を収めた。
 これによって得た資金を元手に始めた複数のフードビジネスはいずれも日本またはハワイアンジャパニーズに関連し、中でもsip matchaは「アメリカを正しい抹茶について教育したい」と始めたもの。アメリカで生まれ育ったジツカワさんだが「僕はアメリカ人だけど日本がほめられるとうれしいし気分がいい」と話し、日本に対する愛情は深い。近ごろ、「アジア人だっていうことはクールだ」と子どもに言われて驚いたことがあるという。「まだ差別も感じるアメリカ社会だけど、祖母の時代に比べればずっと良くなっていると思う。この国では人種によっては『お手本であれ』というプレッシャーを感じることなく生きているけれど、僕らアジア人にはそれがあり、責任感もある。だから、そのためにいつもお手本であろうと努力している」。

メインビジネスの一つ『sip matcha』は「アメリカを正しい抹茶について教育したい」という信念の元で開始した
アジア系アメリカ人に対する認識を変えたくて始めた『Just Kidding Films』は人気YouTubeチャンネルとなり、ショートフィルムなどの制作会社へと発展


Weekly LALALA ホームに戻る