ミニビッシュ 初フルマラソン “完投”(Weekly LALALA 727号掲載)

■ミニビッシュ​​ (Minivish)
コメディアン/俳優

活動内容:ハリウッドを拠点にコメディアン/俳優として活動。メジャーリーガーであるダルビッシュ有投手のモノマネ芸人として知られるほか、スタンダップコメディやシチュエイションコメディなどにも出演するなど幅広く活動。

 

 


ミニビッシュ 初フルマラソン “完投”


ミニビッシュ
コメディアン/俳優


 メジャーリーガーであるダルビッシュ有投手のモノマネ芸人として知られるロサンゼルス在住ミニビッシュさん。ダルビッシュ投手が2017シーズンはロサンゼルス・ドジャースで活躍。さらに同チームが29年ぶりにリーグ優勝を果たしたこともあり、自身もファンとして芸人として応援に大いに熱狂した年だった。
 そんなミニビッシュさんが昨年暮れに初めて挑戦したのがJALホノルルマラソン。「初の完走ならぬ、初の“完投”を果たすことができました。ゴールタイムは6時間9分。決して速いとはいえないタイムでしたが、ハワイの太陽と虹、大地と海、神秘に満ちた大自然に見守られて最高のレースでした」
 ハリウッドを拠点にコメディアンとして活動を続ける芸人魂を初のフルマラソンに投じた。「ゴールの瞬間、嬉しさとほっとした安心感で大粒の涙が溢れだしました。ホノルルマラソンを何度も走っている先輩方から、30km地点からはキツい、未知の世界だとお話を聞いていましたが、実際は10kmほどで強烈なしんどさが襲ってきました」
 ランニングウェアではなく野球のユニフォーム姿で走り、沿道からたくさんの応援や笑いのツッコミをもらいながらどうにか芸人のノリで走り切り、さらにジョークに磨きがかかったと話す。
 そんなミニビッシュさんに今年の目標を聞いた。「2018年、ミニビッシュ全米お笑い登板ツアー決行!全米で一番すべってる芸人、ミニビッシュの知名度をアメリカ中に広げていきます!」

野球のユニフォーム姿で初のJALホノルルマラソンに出場したコメディアン/俳優のミニビッシュさん。
完走ならぬ“完投”。完走メダルを手に満面の笑みをみせる。
絶頂のキツさは、沿道からのツッコミと応援で乗り越えられた。ジョークに磨きもかかり、芸人として一皮むけたと話す。