プリウス専門店エコドライブ レンタカーとは違う 特別なリースプラン(Weekly LALALA 772号掲載)

プリウス専門店エコドライブ レンタカーとは違う 特別なリースプラン
日系プリウス専門店エコドライブでは、レンタカーのフレキシブルさとオートリースの経済性を合わせもつ業界で唯一のリースプラン、中古プリウスリース『エコ乗りプラン』を提供
エコドライブ代表
鈴木さん
ひと昔前は、カリフォルニアといえば青い空、ビーチ沿いを走らせるならオープンカーやクラシックカーというイメージがあった。しかし、近年はガソリン代高騰からくるエコカーブームも手伝ってハイブリッドカーが選択肢の上位にあがるようになっている。中でもダントツの人気を誇るのは、やはりトヨタのプリウス。日系プリウス専門店エコドライブでは、販売や買い取り以外にも中古車リースのサービスを提供している。しかし、車を借りるならレンタカーでもいいのでは?と考える人も多いだろう。そこで、オーナーの鈴木さん(写真)にリースとレンタカーの違いを聞いてみた。

 リースとレンタカーは、「自動車を賃借」するという意味では基本的に同じ。しかし、特定の顧客に専用で長期間賃借するリースに対し、レンタカーは不特定多数の顧客に一時的に賃借するため、大きな違いが出てくる。
 レンタカーのメリットは、気軽に借りたり返却が出来るというフレキシブルな点。デメリットは月単位の利用だとかなり高額になること。そして、一般的なオートリースのメリットは何といっても価格。中長期の利用ならレンタカーよりも断然お得だ。しかし、契約終了までのリース料を払わなければ途中解約できず、契約満期からの延長もできない。また、ソーシャルセキュリティナンバーやクレジットヒストリー、米国内で利用できる免許証がないと利用できないなど、フレキシブルさには欠ける点がデメリットといえる。
 「LAエリアやオレンジカウンティエリアには毎年、多くの短中期滞在者(2年以内)がいらっしゃいます。その多くが車の利用で本当に困っているのが実際のところ。2年以内の利用ではリースができず、レンタカーはかなり高額。それなら買おうと思っても、米国の車は高くなかなか手が出せません。そこで当社が何とかしたいとアイデアを練りに練って開始した新しいサービスが、レンタカーのフレキシブルさとオートリースの経済性を合わせもつ業界で唯一のリースプラン、中古プリウスリース『エコ乗りプラン』です」(鈴木さん)。同店の『エコ乗りプラン』の主な特徴は以下のとおり。

短期3カ月から利用可能
違約金なしで途中返却可能
ソーシャルセキュリティ、クレジットヒストリー、米国免許不問
収入証明不問(学生可)
メンテナンス・修理費用・自動車税すべて込み ※保険料は含まれず
車種はすべて最高燃費を誇るトヨタプリウスだからガソリン代をかなり節約できる
リース満期で購入できるオプションあり

 「常に消費者目線に立って、この世になかった新しいサービスの開発に挑戦すること」をモットーとするエコドライブ。リースか購入か、レンタカーか――迷っているなら、まずは一度同店を訪れてアドバイスを受けてみよう。

Eco Drive Auto Sales & Leasing
営業時間:9am~6pm(日曜・祝日定休)

 

contact@ecodriveautosales.com
トーランス店
1327 W. 228th St. #A&B Torrance CA 90501
310-974-1816

www.ecodriveautosales.com
コスタメサ店
3006 EnterPrise St #A Costa Mesa CA 92626
714-592-1150

Weekly LALALA ホームに戻る