コンプレックスを自信に(Weekly LALALA 792号掲載)

ロサンゼルスで暮らす人々-vol.792

コンプレックスを自信に
藤井 美穂   Miho Fuji

ロサンゼルスで暮らす人々  プラスサイズモデル/女優/コメディアン

コンプレックスを自信に
ハリウッド俳優を目指して2014年に渡米した藤井美穂さん。プラスサイズモデルとしての活動が自己肯定に結びついたと話す。 公式インスタグラムはwww.instagram.com/mihoimi/

 〝自由の国〟といわれるアメリカで、自分らしさを発見した藤井美穂さん。プラスサイズモデル、女優、そしてコメディアンという肩書を持つ。インスタグラムでは6万5000人のフォロワーがいるインフルエンサーだ。
 日本人にとっては聞き慣れない〝プラスサイズモデル〟という言葉だが、欧米では世間的認知度は高い。米国の一般女性の平均であるLLサイズ以上のモデルを指す。「日本では外見のことをすごく言う。『あの子、自分のことかわいいと思ってるよね』が悪口になるって怖い。ここでは、生まれ持った変えられないことについては言わないという暗黙のルールがある」と藤井さんは語る。
 子供のころから目立つのが好きで、小学校の学芸会では選ばれずに泣いたこともあるという。13歳でずっとやりたかった劇団に入り、役者活動を開始。しかし、中高一貫校へ行きはじめるといじめにより不登校になった。高校は別の学校へ進学。そこで「特技が欲しくて」入ったなぎなた部で競技に打ち込み、インターハイ、国体にも出場した。練習がキツくて「今よりずっと細かった」という当時だが、体型のことで辛い思いをすることはしばしばあった。スキニージーンズを履いていたら友人に笑われた。それでも傷ついた反応はできず、面白い反応をしてしまう。そうすると「イジってもいい」と思われてしまう。そんなことの繰り返しで、何度も傷ついた。
 渡米を決意したのは、舞台を学んだ短大でのこと。国際的に活躍する演出家に出会い、「世界に出ろ」と言われ大きな影響を受けた。卒業後、女優を目指して渡米。語学学校で1年間英語を学んだ後、ロサンゼルスの演劇学校に入った。言葉の壁はまだまだ厚いと感じながらも、英語で即興演劇や漫談にもトライしていた。そんなある日、友人のすすめでプラスサイズモデルについてのYouTubeチャンネルに出演。これが藤井さんの人生を変えた。ソーシャルメディアのフォロワーが増え、スポンサーがついた。日本のプラスサイズ雑誌にも出た。「やってから面白いなと思い始めて、自分自身がすごく変わった。自信をもっていいんだと気づいた」という。
 「私なんて」と自分で可能性を消してしまっていた日本を飛び出し、可能性が広がった。「あれもやっていいんだ、これもやっていいんだ、と思えるようになった」と話し、日本ではコンプレックスでしかなかった外見をほめられ「人は自分のいいところを見てくれている」と気づいた。「それを、日本で昔の私のような思いをしている子たちに伝えたい。自己肯定感を高められるようにしてあげたい」。共感者であり、伝道者。それが藤井さんだ。

「アメリカにではプラスサイズモデルとしては小さい方で、中途半端」と言うが、堂々とポージングを取る姿は美しい
「今よりずっと細かった」高校生当時だが、体型についての人からの言葉で傷つくことが何度もあった。外見のことを言われる日本で、過去の自分と同じような思いをしている女の子たちに「自信を持っていいんだよ」と伝えたい。今はそんな思いでカメラの前に立つ


Weekly LALALA ホームに戻る