アーシンググッズを使って体の中を健康に保つ(Weekly LALALA 717号掲載)

●木川知恵D.C. 山形県出身。体育大学卒業後、鍼灸学校に進む。2004年渡米。Southern California University of Health Science卒業後、カイロプラクティック医院勤務を経て独立

アーシンググッズを使って体の中を健康に保つ

身体の中から放電させる「アーシング」で 体内電気の乱れを正常に整える
 サンタアナ市とガーデナ市にオフィスを構えられている木川先生に、空気が乾燥し始めるこの時期のヘルスケアについてアドバイスを伺ってみた。  「空気が乾燥し、気温が変わることで免疫が下がり、痒みを感じる患者さんが増える時期ですが、私はアーシングと呼ばれる方法をアドバイスしています。毎日簡単にアーシングを行うことで、健康的な体を手に入れられますよ」  ところで、この“アーシング”、簡単に言えばパソコンや携帯電話等によって体内に帯電する静電気や電磁波を身体の外へ放電し、正常な電気量にすることである。  帯電した状態だと、免疫機能に影響を与える他、それにより皮膚に症状が現れやすく、筋肉や脳にも影響を及ぼすのだそう。最近では、靴を脱いで素足でビーチに行って歩く方法などが巷で紹介されているが、この場合、ビーチまで足を運ぶ必要がありハードルが高すぎてなかなか実行できない。

アーシンググッズで毎日かんたんに自宅ケア
 そこで、気軽に自宅でアーシングできるグッズがある。それは「アーシングバンド」と呼ばれる、アーシング線のついたストラップバンド。これさえあれば、自宅でも簡単にアーシングが可能だ。先生のお勧めは、寝ている間にバンドをつけてアーシング。この効果として、ぐっすりと寝られ、翌朝には不要な電気を身体の中から放電した状態で、すっきりとした朝を迎えられるそう。アーシングバンドは当クリニックでも取り扱いあり。 ぜひ、この秋から試してみては。

●NAETアレルギー除去療法では、お母さんにお子さんの手を握ってもらい「Skin to Skin」と呼ばれる代理筋力テストを行うことが可能。治療の際も、お母さんの脊髄神経に専用の機械で刺激を与えていくとお子さんにその刺激が伝わり治療されていく。
●アーシングのためのアーシングバンドを紹介してくださる、木川先生。

ららら読者のための、期間限定 無料カウンセリング開催! 

食べものやダニなどにアレルギーがあるかどうか分からないが、先生に一度相談したい、という方に朗報。 期間限定で「らららを見た」と言うと無料で初回カウンセリングが受けられる。(2017年12月31日まで実施)

Kigawa Chiropractic, Inc.
Santa Ana Office(火、水、金、土 : 8am-7pm)
2414 S. Fairview St. #203
Santa Ana CA 92704
Gardena Office(日1pm-6pm、月8am-6pm)
1251 W. Redondo Beach Blvd. #202
Gardena CA 90247
木曜休診
(310) 715-2770 / (714) 271-9495 Cell
info@kigawachiro.com
www.kigawachiro.com

シェア