〜美人の作り方〜 Vol. 31 二重の痛み・腫れ (埋没法・切開法)(Weekly LALALA 763号掲載)

サウザンドオークスにクリニックがオープン

Vol.31


二重の痛み・腫れ(埋没法・切開法)


〜美人の作り方〜  Vol. 15 脱  毛

相川佳之 医師
相川メディカルマネジメント株式会社
代表取締役
805-723-8008
425 Haaland Dr. #102 Thousand Oaks
CA 91361
http://s-b-c-beverlyhills.com/

■理想の二重になる

 二重といってもデザインや幅の広さなどによっては印象が異なります。あなたの理想の二重はどのような二重でしょうか?ナチュラルな二重、くっきりとした二重、パッチリとした二重など様々な種類があります。二重に憧れている人は少なくないでしょう。施術によって理想の二重を手に入れることが可能です。しかし、目の手術となると不安なものです。痛みや腫れなどはどのくらいあるのか知っておきたいものです。

■切らない二重術

 二重の手術の一つが、埋没法と言われる切らない手術です。メスを使わず、専用の針と糸を使い二重にします。皮膚をまぶたの内側から留める方法で、傷も見えませんし抜糸の必要もありません。埋没法をする際も麻酔をしますので、術中の痛みはありません。入院する必要もなく、術後に腫れる心配もないのがメリットです。

■切る二重術

 切開法はメスを入れて切開し、場合によっては瞼が腫れぼったく見える原因である脂肪を取り除く施術もあります。切開法は深い二重のラインを作ることができ、効果は半永久的です。二重のラインをしっかりと長持ちさせることができます。
 術中は麻酔をするので痛みがありません。麻酔をする際の痛みはありますが、痛みはその時だけです。埋没法に比べると術後の腫れが生じます。埋没法では2~3日程度の腫れがあることが多く、切開法では1週間ほど続くことが多いです。術後に患部を冷やすなどの処置をすることで、腫れを抑えることが可能です。ただし、あまり冷やしすぎると血行が悪くなり、傷の治りに影響するので注意が必要です。
 痛みや腫れは個人差もあります。麻酔の痛みが大きい場合は、医師に相談するといいでしょう。


●こんな人におすすめ●
▶自分にぴったりの二重術を探している人、理想の二重を手に入れたい人、痛みや腫れが気になる人におすすめ。

※米国では施術名、施術方が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


Weekly LALALA ホームに戻る