〜美人の作り方〜 Vol.9 糸による顔のリフトアップ治療(Weekly LALALA 741号掲載)

サウザンドオークスにクリニックがオープン

Vol.9


糸による顔のリフトアップ治療


相川佳之 医師
相川メディカルマネジメント株式会社
代表取締役
805-723-8008
425 Haaland Dr. #102 Thousand Oaks
CA 91361
http://s-b-c-beverlyhills.com/

■糸による顔のリフトアップ
   治療のメリット

 加齢とともに顔のお肉がたるんでしまうものです。マッサージや化粧品だけでは、たるみを改善するのは難しく、老けた印象のままでいることに悩んでいる人も多いでしょう。顔のたるみは、メスを使って皮膚を切開しリフトアップする方法がありますが、顔にメスを入れるのは抵抗がある、という人も少なくありません。そこでおすすめなのが、糸によるリフトアップ治療です。糸によるリフトアップ治療は特殊な糸を使用し、たるんだ部分を引き上げたり、糸を埋め込み引き締めたりする施術です。こめかみ付近から頬やほうれい線に向かって糸を挿入していくので、顔に穴が開くなどの傷跡が残りません。周囲に気づかれずに施術ができます。切る施術ではないので、腫れや内出血の心配も、ダウンタイムもほとんどなく、施術後、化粧をすることも可能です。

■糸による顔のリフトアップ
 治療の注意点

 糸によるリフトアップはメスを使わないことで、精神的負担も少ないなどのメリットも多いですが、皮膚を切開して縫い合わせる方法と比べると、大きな効果が出にくい、効果が持続しないというデメリットがあります。どのくらいのリフトアップを期待するのかを、医師にきちんと伝え、結果を認識したうえで行うようにしましょう。  ただし、現在では持続時間も長く、効果も期待できる糸などを使用しているクリニックも増えています。糸には溶ける糸と溶けない糸もあります。溶ける糸は自然と体内に吸収されて消えていきます。再度施術を受けることも可能です。体内に糸を入れて置くことに抵抗がある人などは、溶ける糸を使った施術がおすすめです。施術の際にはどういった種類の糸を使うのか、などについても確認するといいでしょう。


●こんな人におすすめ●
▶若返り手術の中では比較的ライトな手術なので人気です。お顔全体のたるみやもたつきが気になる方や、皮膚を切ってリフトアップする治療が怖い方におすすめ。

※米国では施術名、施術方が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


Weekly LALALA ホームに戻る