〜美人の作り方〜 Vol. 39 リフトアップ治療の種類(リフトアップ治療全般)(Weekly LALALA 771号掲載)

サウザンドオークスにクリニックがオープン

Vol.39


リフトアップ治療の種類(リフトアップ治療全般)


〜美人の作り方〜  Vol. 15 脱  毛

相川佳之 医師
相川メディカルマネジメント株式会社
代表取締役
805-723-8008
425 Haaland Dr. #102 Thousand Oaks
CA 91361
http://s-b-c-beverlyhills.com/

■頬やフェイスラインは加齢とともにたるむ

 若い頃は肌にハリや弾力がありますが、加齢とともに頬がたるみ、二重アゴになり、フェイスラインもぼやけてきます。ハリが出る化粧品を使ったり、マッサージをしたりしても、たるんだ肌はなかなか引き締まることはありません。
 そこでおすすめなのがリフトアップ治療です。レーザーや切るなどの方法でリフトアップすることができます。シャープなフェイスラインを手に入れることで、若々しさを取り戻せます。

■リフトアップの様々な種類

 リフトアップの施術の一つが、糸によるリフトアップです。糸をこめかみのあたりから頬やほうれい線に向かって挿入する方法です。切る必要がなく、傷跡も残りません。切るリフトアップと比べるとダウンタイムが短く、リフトアップが期待できます。糸の刺激で、コラーゲンやエラスチンが増え、肌のハリをアップさせるメリットもあります。
 レーザーによるリフトアップも切開せずにすむ方法です。超音波で加熱し、コラーゲンを縮ませます。そのコラーゲンを治そうとする際に新陳代謝が起こり、新しいコラーゲンが生成され、肌に弾力とハリが生まれます。1回で小顔効果を実感できる、持続性が高い、ダウンタイムがないといったメリットがあります。使用する機器によっては、照射する熱の深さを調整することができ、小じわが改善されるメリットもあります。
 また、美容針によるリフトアップもあります。10cm程度の美容針をリフトアップしたい部位に挿入し、針を抜き取る際に溶ける糸を肌の中に残してくる方法です。残った糸の働きでコラーゲンの生成がアップします。効果も持続しやすく、術後腫れにくいという点もメリットです。肌のハリだけではなく、うるおい効果も期待できます。


●こんな人におすすめ●
若い時のピンと張った高さのある頬や、キュっと引き締まったフェイスラインを取り戻したい、
小顔効果を望む方。顔に立体感を出したいという人。

※米国では施術名、施術方が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


Weekly LALALA ホームに戻る