〜美人の作り方〜 Vol. 30 美しいバストとは(豊胸全般)(Weekly LALALA 762号掲載)

サウザンドオークスにクリニックがオープン

Vol.30


美しいバストとは(豊胸全般)


〜美人の作り方〜  Vol. 15 脱  毛

相川佳之 医師
相川メディカルマネジメント株式会社
代表取締役
805-723-8008
425 Haaland Dr. #102 Thousand Oaks
CA 91361
http://s-b-c-beverlyhills.com/

■バストの形にこだわる

 豊胸手術はバストサイズを大きくするだけではありません。バストの悩みは人それぞれです。サイズだけではなく、形が悪い、左右の形が違う、下垂してしまった、などといった悩みを持っている人も少なくありません。豊胸手術は、バストサイズをアップさせるほか、理想のバストの形を形成したり、ハリのあるバストにしたり、左右のバストサイズを合わせたりすることができるのです。

■美しいバストを作る脂肪注入法

 美しいバストの目安としては、高さがあり、ハリや弾力があり、きれいな半球型をしている、といったバストです。美しいバストを手に入れたいと思うなら、美しいバストデザインが大事です。加齢によって下垂してしまった場合には、デコルテに注入しボリュームアップすることでバストアップが可能です。また、脂肪注入の量を調整し、前に突き出た美しい形のバストができます。脂肪注入のバランスを調整することで、キレイなバストラインを作ることも可能です。
 また、脂肪注入豊胸では、皮下への量を増やすことでバストの立体感を出し、谷間を作ることができます。

■触ったときに柔らかく弾力があることも大事

 豊胸手術で気になるのが、触ったときの感触です。見た目の自然さも美しいバストとして大切ですが、触ったときにやわらかく、自然な感触でありたいものです。
 最も自然で感触がいいのは、脂肪注入による豊胸です。自分の脂肪を使うのでリスクも少ないです。また、ヒアルロン酸注入も、ハリを持たせることができ、感触も動きも普通のバストとほとんど変わりません。持続期間が1~2年と短いのがデメリットと言えますが、授乳などでしぼんでしまったバストにハリを戻すことが可能です。


●こんな人におすすめ●
▶バストのサイズアップをしたい、理想の形のバストを手に入れたい、自然で感触のいいバストを手に入れたいという人などにおすすめ。

※米国では施術名、施術方が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


Weekly LALALA ホームに戻る

シェア