〜美人の作り方〜 Vol. 27 くま(Weekly LALALA 759号掲載)

サウザンドオークスにクリニックがオープン

Vol.27


く ま (目の下の切らないたるみ取り)


〜美人の作り方〜  Vol. 15 脱  毛

相川佳之 医師
相川メディカルマネジメント株式会社
代表取締役
805-723-8008
425 Haaland Dr. #102 Thousand Oaks
CA 91361
http://s-b-c-beverlyhills.com/

■老け顔を解消

 目の下にくまがあると、疲れて見えたり、実際の年齢よりも老けて見られたりしてしまいがちです。睡眠不足や疲労、血行不良などくまができる原因はさまざまです。また加齢とともに目の下がたるんでくると、くまのように見えてしまいます。
 くまの原因はさまざまです。血行不良や色素沈着など、原因によって青くま、茶くま、黒くまなどと種類が分かれています。それぞれ原因が異なるため、治療法も異なります。血行不良が原因でできるくまは、マッサージなどで解消することができますが、目の下のたるみによるくまは、マッサージだけでは解消できません。
 さらに、目の下のたるみによるくまは、コンシーラーなどで隠すことはできません。そのままでは疲れた顔を元気に見せることもできません。解消するには、目の下のたるみ取りで、くまを解消することができます。

■切らずに目の下のたるみを取る

 たるみを取る施術というと、メスを入れて切るのでは?と思う人も多いでしょう。そうではなく、切らずにたるみを取ることができるのです。下まつ毛の裏側からアプローチをして、目の下のたるみの原因となっている脂肪を取り除くことで、皮膚表面には傷跡を残すことなく、目元をすっきりさせることができます。
 その他、自分の脂肪やコラーゲンを注射器で採取し、その脂肪を若返りの総合成長因子とともに気になる部分に注入する方法があります。そうすることで、肌にハリが出て、たるみが解消されるのです。自分の脂肪を使うことで、安全性も高く、異物反応などのリスクも軽減されます。
 また、ヒアルロン酸を注入したり、PRP血小板療法といってコラーゲン生成を促し肌の弾力を取り戻したりする方法などがあります。

■切らない施術のメリット

切らずに目の下のたるみを取る方法は、傷跡が残らない、効果が持続する、施術時間が短い、安全性が高い、といった点がメリットです。若々しい目元を安全に、周りに気づかれることなく解消できます。


●こんな人におすすめ●
▶若々しい目元を取り戻したい、傷跡を残したくない、短時間の施術や術後のダウンタイムが短い施術を望む人におすすめ。

※米国では施術名、施術方が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


Weekly LALALA ホームに戻る

シェア