〜美人の作り方〜 Vol. 25 二の腕の脂肪吸引(脂肪吸引)(Weekly LALALA 757号掲載)

サウザンドオークスにクリニックがオープン

Vol.25


二の腕の脂肪吸引(脂肪吸引)


〜美人の作り方〜  Vol. 15 脱  毛

相川佳之 医師
相川メディカルマネジメント株式会社
代表取締役
805-723-8008
425 Haaland Dr. #102 Thousand Oaks
CA 91361
http://s-b-c-beverlyhills.com/

トレーニングでは痩せにくい二の腕

 夏の季節などノースリーブや半そでを切るとき、鏡に映った二の腕の太さに愕然とした、という経験がある人も少なくないでしょう。二の腕は意識しないと太さに気づきにくく、太くなってしまってからでは、引き締めトレーニングなどをしても、なかなか細くはならないものです。
 二の腕を細くしたいという場合、脂肪吸引という方法があります。脂肪吸引をすれば、ほっそりとした二の腕が手に入ります。
 二の腕の外側の筋肉は、日常生活でほとんど使われないため、脂肪がつきやすいのです。筋肉が減るとリンパや血行が悪くなり、老廃物も溜まりやすくなります。そのまま放置するとセルライトなどができ、ストレッチやトレーニングでは細くならないのです。脂肪吸引なら気になる二の腕だけを細くすることが可能です。

脂肪吸引のリスク

 脂肪吸引の事故、という話を聞いたこともあるでしょう。脂肪吸引は医師の技術が必要とされる施術です。吸引する適切な量やデザインなどによっては、失敗をするケースもあります。内出血や傷跡が残る、といったリスクも否めません。
 しかし、適切な施術をすることで、脂肪吸引は部分痩せができるメリットの多い施術です。二の腕など部分痩せをするなら、脂肪吸引は適切な方法と言えるでしょう。

脂肪吸引の流れ

 脂肪吸引は、まず、超音波や高周波の熱を使用して、皮下脂肪を柔らかくします。その後、カニューレと呼ばれる細い管で、脂肪吸引する部分の脂肪を直接吸引します。脂肪吸引は脂肪そのものを取ってしまうため、リバウンドしにくいのがメリットの一つです。カニューレは2~4ミリほどの細い管なので、傷跡も目立ちません。
 カウンセリングでは、どの部分をどのように脂肪を減らすかをしっかり相談して決めることが失敗を避けるために大切です。


●こんな人におすすめ●
▶頑張って運動してもなかなか痩せない、ダイエットをしてもいまいち効果を感じられない、若い頃のスタイルに戻りたいなどのお悩みを持つ方におすすめ。

※米国では施術名、施術方が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


Weekly LALALA ホームに戻る