〜美人の作り方〜 Vol. 12 脂肪注入豊胸(Weekly LALALA 744号掲載)

サウザンドオークスにクリニックがオープン

Vol.12


脂肪注入豊胸

施術メニューによる
380000円~1420000円
※上記価格は日本参考価格です


相川佳之 医師
相川メディカルマネジメント株式会社
代表取締役
805-723-8008
425 Haaland Dr. #102 Thousand Oaks
CA 91361
http://s-b-c-beverlyhills.com/

■脂肪注入豊胸のメリット

 豊胸手術の方法はさまざまですが、その中に脂肪注入豊胸があります。これは、自分の体の脂肪を使用する方法です。太ももやお腹にある脂肪を胸に注入するのです。自分の脂肪を使うことで、不自然な硬さも感じにくく、レントゲンなどに映ることもありません。自然な感触なのもメリットです。
 手術方法は注射で行うので、メスを使いません。傷跡もほとんど目立たないのもメリットです。過去には注入後、しこりができるなどといった副作用がありましたが、現在では脂肪を加工する技術も発達し安全性も高くなっています。

■脂肪注入豊胸の注意点

 現在では安全な方法で行われることの多い脂肪注入豊胸ですが、リスクもあります。注入した脂肪が壊死してしまうと、しこりができてしまうことがあるのです。原因は大量の脂肪をまとめて注入すると、壊死しやすくなります。リスクを回避するには、少量の脂肪を、乳腺の周り、下、筋層内など複数の箇所から注入することが必要です。

■豊胸手術の主な種類

 豊胸手術には脂肪注入法のほかに、ヒアルロン酸注入法やバッグ挿入法があります。ヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸をバストに注入する方法です。もともと体内にあるヒアルロン酸は注入してもアレルギーなどの心配がありません。メスを使うこともなく、体へのダメージも少ないのですが、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくので、定期的な施術が必要になります。
 バッグ挿入法は、ワキや乳房などの一部を切開し、シリコン製のバッグを挿入する方法です。バストアップ効果も高く、長期間バストアップした状態が続くのがメリットです。ただし、バッグの種類や大きさが適切でないと胸が硬くなる、変形するなどの失敗があるので注意が必要です。

※ヒアルロン酸注入法は、日本での施術となります。米国での施術はしていません。


●こんな人におすすめ●
▶バストアップしたい方で、触ってもバレない自然な仕上がりを希望する方。異物を入れるのが嫌な方におすすめの豊胸術。バストアップと同時に部分痩せも可能です。

※米国では施術名、施術方が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


Weekly LALALA ホームに戻る