「実行すること大事」(Weekly LALALA 795号掲載)

ロサンゼルスで暮らす人々-vol.795

「実行すること大事」
浜垣 威  / Takeshi Hamagaki

ロサンゼルスで暮らす人々 ダンススタジオオーナー/ インストラクター

「実行すること大事」
1964年から米国で活躍するダンサー、浜垣威さん。80歳を超えた今も、自分のスタジオで現役で教えている。「体が資本なのでいつも動けるようにしておかないと。踊りを通して週に3~4日トレーニングしている。この歳で止まったらもうそこで止まってしまう」

 ブロードウェイの舞台に立ち、NYC、ラスベガス、マイアミ、プエルトリコなど世界で活躍したダンサー、浜垣威さんは、80歳を超えた今も現役で教える。週に3回、大人のプロダンサーを相手に、スタジオシティのハマダンスセンターにてアドバンスクラスを開いている。「ダンスは頭も肉体も使う。自分の踊りを通してけじめ、礼儀、根本的な社会性を養うことができるし、いつまでも若くいられる。武道でも頭と体両方を鍛えないといけない。踊りも同じ。それが未だに続けられる理由」と元気の秘けつを明かす。
 高校卒業後は事務の仕事をしていた浜垣さんだが、兄に「運動神経がいいからダンスをやってみたらどうか」と言われ、夜間学校に通いながらバレエを習い始めた。19歳のときに日劇に入りダンスと出会い、5年間在籍。1年後にオーディションに受かり、大きなステージに立った。「ダンサーとしては遅い」と笑う。1964年夏、NYCへ渡り“ジャズダンスの王様”と呼ばれるルイジについた。さまざまなスタイルのダンスを学び、「7年間いろいろな苦労をしながら、皿洗いからいろいろなことをやって。だんだん仕事が入ってきてビザも取れて」、活動が徐々に軌道に乗り始めた。ブロードウェイのショーやラジオシティ、テレビが出てきたころから『ナイトクラブ』というレビューショーにも出演。活気のある業界の中で「勉強しかない日々」を送っていた。「ジャズダンスは西洋の踊りだから、日本人の顔は必要とされない。その中で打ち勝つには、うまくなるしかなかった」と振り返る。
 ルイジのスタイルを継承しながらも、独自のダンスを発展させていった浜垣さん。1971年にLAへ移住し、数多くのテレビ番組や映画、ナイトクラブのショーに出ながら師であるルイジの下で踊りを教えていた。1991年にはスタジオをオープン。
「50歳でスタジオを持つと決めていて、51歳で始めた。手の届く目標を持つことは大事」と説く。地に足をつけ、実生活と夢と理想をしっかり自分で育てなければ人真似になってしまう。人は育ててはくれず、人のまねでは商売にならないと考える。
 「僕はとにかく踊りが好きで、踊りには正直に生きてきた。自分なりの哲学がないと人生がおろそかになる。毎日を大切にいいことをしていればいい結果は出る」。人生において、実行するということを大切にしてきた。「若者には夢を持ちなさい、実行しなさいと言いたい。見ているだけじゃなくて、とにかく足を突っ込む。勝負すること。自分に正直に、何になりたいのか決めること」。
それを体現してきた浜垣さんのことばには重みがあり、説得力がある。

“ジャズダンスの王様”と呼ばれるルイジに踊りを習い、さまざまなスタイルのダンスを学んだが「西洋の踊りであるジャズダンスでは日本人の顔は必要とされない。その中で打ち勝つにはうまくなるしかなかった」と振り返る
「どう生きるか。どう生き延びるのか。どう進むか。どう発想するか。それを考え、ダンスを通して健全なる精神と生活を貫き通してきた」。そう自身の哲学について語る


Weekly LALALA ホームに戻る