■ ダラスの3月(Weekly LALALA 734号掲載)

テキサスNOW
 ■ ダラスの3月

ダラスのヘイルシーズンがスタートしました。ヘイルとは、いわゆる雹(ひょう)のことです。2017年の3月はダラスで約10年ぶりというゴルフボールサイズの雹が降りました。まず兆候としては寒い時期から暖かくなる季節にやってきます、雨や嵐となり、やがて雹へと変化していきます、私は当時マッキーニーに住んでいましたが、2007年に作られた街でいままで経験したこともないとご近所さんは口々にお話をしていました。また3月になりましたので今年もやってくるのか?この時期はひやひやします。車もボコボコにされてしまったので、まず気をつけなくてはいけないのは、必ず車をガレージに入れることです。そして家に関しては保険がきちんとカバーされているかダブルチェックをお勧めします。特に重要なのはディダクタブルという項目です。一言で説明しますと、自分が支払い義務がある部分です。 ディダクタブルは%で決める場合と、固定で決めるパターンがあるようです。私の場合は1%に設定しました。これは保険をかける家の保険額の%になります。もし家の保健額が20万ドルなら、1%は2000ドルとなります。 屋根の総交換は非常に高いので早めの対応をおすすめします。特に家の契約中の方はさらなる注意が必要です。もしエスクロー中にヘイルが発生したら、 完了前にセラーさんの保険を使ってファイルしないといけないのでくれぐれもお気をつけください。

篠原健治(しのはら けんじ)
カリフォルニア州、テキサス州の2州のライセンスを持つ不動産エージェント、現在コードウェルバンカー(カリフォルニア州)とプレイノプロパティマネージメント(テキサス州)に在籍、不動産投資、管理などを得意として現在は、日本に営業拠点をおいてテキサスとの往復をしながらお客様に幅広いサポートを提供している。
連絡先: kenshinohara1@gmail.com
ブログ: http://shinohara1.wp.xdomain.jp/

 


 

シェア