■ よりスムーズな不動産購入(Weekly LALALA 751号掲載)

テキサスNOW
■ よりスムーズな不動産購入

■ よりスムーズな不動産購入仮想通貨についてはすでに馴染みのある方も多いかと思います。その仮想通貨はすでに不動産の支払い方法として利用されているのです。
先日発表されたダラスモーニングニュースによると、若い層の人たちは、最近のダラスの値段の高騰が心配というのが45%、賃貸の高騰が心配という人が41%、ローンができるかどうかが心配という方が34%という数字を発表しています。ダラスで20万ドル以下で購入できる物件が非常に難しくなってきた現状において、この1年で変化が著しくなっています。現状家を購入するのに、2つのアルバイトをしなくていけない人が36%、また401kなどの積立を解約して購入した人が13%となかなか頭金を用意するのが厳しいという声が聞こえています。その中で、数字としてあげられたのが10%の人は仮想通貨を解約しているというものです。これからの流れとして、保険や仮想通貨などの不動産以外の資産をうまく活用して、資産を増やしていくことが、よりスムーズに不動産を購入できるステップになってきそうです。賃貸の値段が高騰していく現状において、いかに早く購入までにいけるかは非常に重要な計画になります。ローンをして購入するのが安いか、賃貸をしてこのまま値段が上がっていくのが早いかよく先をみて計画しながら進められていくことが求められています。

篠原健治(しのはら けんじ)
カリフォルニア州、テキサス州の2州のライセンスを持つ不動産エージェント、現在コードウェルバンカー(カリフォルニア州)とプレイノプロパティマネージメント(テキサス州)に在籍、不動産投資、管理などを得意として現在は、日本に営業拠点をおいてテキサスとの往復をしながらお客様に幅広いサポートを提供している。
連絡先: kenshinohara1@gmail.com
ブログ: http://shinohara1.wp.xdomain.jp/

 


シェア