■ レガシーホール待望のオープン!(Weekly LALALA 726号掲載)

テキサスNOW
■ レガシーホール待望のオープン!

さらなる進化を続けるプレイノにまたカフェやレストラン、バーなど合わせて30の店が入ったレガシーホールがいよいよ待望のオープン。予定されていた昨年10月から約2か月遅れでのオープンです。大きく期待されていたこともあり、クオリティの高さに注目が集まります。広さは55000スクエアフィートで、ディナーだけでなく、ブレックファーストから営業する店もあり、幅広い層に受けるでしょうし、ナイトライフを楽しめる人気の場所になりそうです。
フードのジャンルも焼き鳥からバーガーまで幅広く、プレイノらしくアジアからメキシコ、ヨーロッパ、インドと多国籍の料理のほか、バーも8つほどあるので、お酒もかなり楽しめます。もちろんデザート系も充実しており、ワッフル、ドーナツをはじめ様々なスイーツが並ぶようです。
目指すはアップスケールなフードコートというイメージです。お酒も食事もできて、雰囲気のいい音楽が流れるスタイリッシュなスポット。
私がかつて住んでいたカリフォルニアのアナハイムにも同じコンセプトのエリアがありました。プレイノは今や、洗練された都市として徐々に成長を高めていっています。プレイノはトヨタ本社の移転を皮切りにすでに成熟した感さえあります。
週末はかなり混み合うことは間違いなく、パーキングを見つけるのは大変そうです。また新たな楽しみの増えたプレイノからますます目が離せません。

篠原健治
趣味は、ブログ、古代史の研究です。
www.kenjirealestate.com

 


 

シェア