■ウォルマートのテキサスでの変化(Weekly LALALA 781号掲載)

テキサスNOW
■ウォルマートのテキサスでの変化

ウォルマートのテキサスでの変化テキサスでも見かける頻度が増しているのがスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」です。増えている理由は、同チェーンが277ミリオンドルの投資をテキサスで行っているからです。店舗の形態は二つあり、一つは家電や洋服など幅広い商品を販売する形の店舗で、もう一つ最近増えているのは食材を専門とした小型のスーパーマーケット。さらにオンラインで注文してピックアップするピックアップタワーシステムも導入するなどインターネットにも力を入れています。またモバイルアプリを用いて自分で直接商品をスキャンし、レジに並ばずお店を出られるシステムも導入決定。ウォルマートといえば提携レストランで有名なのがマクドナルドですが、ダラスモーニングニュースの発表によると、ウォルマートと独占契約したレストランが登場するようです。お店の名前はヒッコリーバード。同店オーナーは、カリフォルニアピザキッチンの元副社長とのことで、お店の雰囲気やテイストも似ていますね。現在はBedford店のみで、今後フォートワース店へと徐々に拡大。メニューは主にチキン、ケサディアなどです。またおしゃれなカフェもテストでスタートし、こちらはターゲットがスターバックスと提携しているので対抗している感じがします。ウォルマートはこれまでの雰囲気を徐々に変えていく方針のようです。新しいスタイルはテキサスからスタート。変化を見られるのが楽しみです。

篠原健治(しのはら けんじ)
アメリカ、テキサス州を拠点に、戸建、アパート物件、管理、修理など米国不動産に関わる事業を展開中。米国トヨタ本社移転により住宅価格が上昇中の20万ドル後半から35万ドルの投資物件の購入、管理を得意としている。
ホームページ:www.shinohararealty.com
連絡先:kenshinohara1@gmail.com または kenji@shinohararealty.com
電話:214-551-8806
ブログ: http://shinohara1.wp.xdomain.jp/

 



Weekly LALALA ホームに戻る